バターの賞味期限切れはいつまで食べられる?開封後は短い?保存の日持ちするコツも紹介!

バターの賞味期限の目安を知っていますか?今回は、バターの賞味期限を〈開封後・未開封・手作り〉別に比較して、期限切れでもいつまで食べられるのかなど紹介します。バターの日持ちする〈冷凍・冷蔵〉での保存方法や、賞味期限切れ・腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バターの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  2. 賞味期限の定義
  3. バターは腐ることが少なく長期間食べられる
  4. バターの賞味期限はどれくらい?
  5. ①開封後のバターの賞味期限
  6. ②未開封のバターの賞味期限
  7. ③手作りバターの賞味期限は3日程度
  8. バターの賞味期限が切れて腐るとどうなる?
  9. ①賞味期限が切れて劣化してる状態
  10. ②腐っており食べられない状態
  11. バターの日持ちする保存方法は?
  12. ①バターを冷蔵庫で保存する方法
  13. ②バターを冷凍保存する方法
  14. 冷凍バターの解凍方法
  15. バターを使う際の注意
  16. ①乾いた新しいナイフを使う
  17. ②他の調味料やパンくずを避ける
  18. ③バターの銀紙はそのまま使用する
  19. バターの賞味期限に注意しよう

比較的賞味期限が長いバターですが、もし下記のような状態が見られた場合は劣化が進んでいる可能性があります。

・表面が乾燥してきている
・表面だけでなく、中まで黄色くなっている
・何度も使った揚げ油のようなにおいがする


色で判断するのが分かりやすいですが、一つでも当てはまる場合は気をつけた方が良いです。バターの表面が黄色くなっていくのは、乳脂肪に含まれる色素が色濃く出ているためで、品質に大きな影響はありません。しかし、中まで黄色くなっているのはバターが酸化し始めており、劣化が進行しています。

また、劣化による油分のにおいが強くなるだけでなく、周囲の食材からにおいが移って風味を落とすこともあるので、注意してください。

②腐っており食べられない状態

以下のような状態は、バターが腐って食べられなくなっています。

・カビが生えている
・白っぽい汁が出ている
・異臭がする


バターからすっぱいにおいが出始める、冷蔵保存していても一部が溶けて液状になっているなどの場合、腐っている可能性が高く、食べるのは非常に危険です。また、表面が白っぽくなっている、カビが生えているなどの場合も、表面だけ削っても中まで腐っているので食べられません。

バターは腐りにくく長期保存ができるといっても、少しでも違和感を感じたら食べないほうが良いでしょう。

バターの日持ちする保存方法は?

バターは乳製品の中で高価な食材です。おいしいバターを購入したら、できるだけおいしさを長持ちさせたいところでしょう。ここではバターを日持ちさせるための上手な保存方法についてご紹介します。

①バターを冷蔵庫で保存する方法

バターの品質表示を見てみると、「10度以下の要冷蔵」と記載されています。冷蔵保存する際のポイントは以下の通りです。

・きれいにラップで包む
・強いにおいの食材と一緒に保存しない


バターは不飽和脂肪酸を多く含む食材で空気に触れると酸化しやすく、芳醇な香りを保つのが難しいです。酸化を防ぐためには、ラップに包んで空気に触れないようにします。また、バターは周りのにおいを吸収する性質もあるため、密閉容器に入れて保存するとより風味を保つことができます。もし、専用のバターケースがあればそれらを使用するのもよいでしょう。

②バターを冷凍保存する方法

冷蔵保存はバターの風味を保てる期間が短いため、おいしく長期保存したいのであれば、下記のように冷凍保存することがおすすめです。

・小分けにする
・買ったバターを銀紙がついたまま保存する


小分けにする冷凍方法は、バターを使う頻度が多い方におすすめです。小分けにしたのち、1個ずつラップに包んで密閉保存しましょう。ただし、小分けにする際に使うナイフに水分が付着していたら、バターが劣化しやすくなるので注意が必要です。

塊のまま保存する場合、銀紙がついたままラップを包み、密閉することをおすすめします。冷凍することで好気条件下のカビや菌の生育が衰え、バターを長期間保存することができます。また、密閉保存する際はフリーザーバックなどを使うことで、庫内での酸化防止につながるので試してみてください。

冷凍バターの解凍方法

上記のような冷凍の長期保存のバターは、小分け冷凍した場合と塊で冷凍した場合で解凍する方法が異なります。

・小分けの場合、冷蔵庫で自然解凍、もしくは凍ったまま使用する
・塊の場合、冷蔵庫で解凍する


バターを解凍するときは、どの形においても冷蔵庫で一晩自然解凍してください。常温での自然解凍もできますが、バターは18℃以上で柔らかくなり、28℃を超えると溶けるため、冷蔵庫での解凍がおすすめです。また、一度解凍したバターを再冷凍すると、品質や風味が劣化するので、冷凍と解凍の繰り返しは避けましょう。

もし解凍後のバターをカットする時にまだ固い場合は、包丁を温めた濡れふきんで包むなどして温めると切りやすくなります。その際も、包丁についた水分は十分に拭き取っておきましょう。

(*バターの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。)

バターの保存方法・期間は?常温はNG?冷蔵・冷凍で長持ちのコツや容器のおすすめも紹介!

バターを使う際の注意

最後に、バターを使う際の注意点をいくつか紹介します。

①乾いた新しいナイフを使う

水分がバターの表面に付着すると、酸化により品質が劣化し、カビの発生に繋がります。菌やカビは高温多湿の場所で生育されるため、洗い立てのバターナイフはよく乾燥させる必要があります。バターナイフを使うときは、ナイフについた水分を十分にふき取って使用しましょう。

②他の調味料やパンくずを避ける

関連する記事