ドトールの全サイズS/M/Lで容量・値段など比較|一番お得なのは?

ドトールのサイズ・容量の目安を知っていますか?最もコスパが良いのは何サイズなのでしょうか。今回は、ドトールの〈S・M・L〉の全3サイズの容量や値段を、〈ホットドリンク・アイスドリンク〉別に一覧で紹介します。ドトールのサイズ・値段の他社との比較や、ドトールの無料サイズアップやクーポンなどお得に飲める方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ドトールのサイズ・容量の目安は?コスパが良いのは何サイズ?
  2. ドトールのサイズ・値段を一覧で紹介!【ホットドリンク】
  3. ドトールのサイズ・値段を一覧で紹介!【アイスドリンク】
  4. ドトールのサイズ・値段を他社と比較
  5. ①スタバ
  6. ②タリーズ
  7. ③マクドナルド
  8. ドトールをお得に飲む方法は?クーポンや無料サイズアップはある?
  9. ①dポイントクラブ
  10. ②ドトールは定期的に無料サイズアップを行っている
  11. ③ID払いでの無料サイズアップは終了している
  12. ドトールのサイズ・容量を知っておこう

ドトールのサイズ・容量の目安は?コスパが良いのは何サイズ?

本格的な味わいのコーヒーが安く買えることで人気のドトールですが、サイズにはどのような種類があるのでしょうか。今回は、ドトールのサイズの種類と、それぞれの容量や値段について紹介します。また、スタバ・タリーズ・マクドナルドなどの店舗とドトールのコスパを比較して紹介するので、コーヒーをお得に飲みたい人は参考にしてください。

ドトールのサイズ・値段を一覧で紹介!【ホットドリンク】

サイズ 値段 参考
S(エス) 224円 150ml 小さめのカップ1杯分
M(エム) 275円 180ml コーヒーカップ1杯弱
L(エル) 326円 250ml 小さめの缶ジュース1本分

上記は、ドトールのドリンクの各サイズの容量と、ホットのブレンドコーヒーを購入した場合の値段を示したものです。ドトールのドリンクカップは比較的小ぶりで、Sサイズは一般的なコーヒーカップより一回り程度小さくなります。喫茶店などで提供される程度の量のコーヒーを飲みたい場合は、M~Lサイズを注文しましょう。

なお、公表されている各サイズの量はカップの容量であり、ドリンクそのものの量は10~20mlほど少ないので注意してください。

ドトールのサイズ・値段を一覧で紹介!【アイスドリンク】

サイズ 値段 参考
S(エス) 224円 150ml 小さめのカップ1杯分
M(エム) 275円 200ml コーヒーカップ1杯分
L(エル) 326円 270ml 小さめの缶ジュース1本強

上記は、アイスコーヒーを購入した場合の各サイズの値段と容量です。ドトールでは、Mサイズ以上のアイスドリンクはホットより量が多くなります。なお、アイスもホットと同様に、記載されているのはグラスの容量です。

ドトールのサイズ・値段を他社と比較

ドトールのドリンクは、ほかのコーヒーショップやファストフード店と比べてコスパは良いのでしょうか。ここでは、スタバ・タリーズ・マクドナルドとドトールのサイズや値段を比較して紹介します。

①スタバ

サイズ 値段 ドトールとの比較
ショート 350円 230ml(アイスは300ml) ドトールのLサイズの方がコスパが良い
トール 390円 350ml スタバの方がコスパが良い
グランデ 435円 470ml スタバの方がコスパが良い
ベンティ 480円 590ml スタバの方がコスパが良い

上記は、スタバでコーヒーを購入した場合の値段と、各サイズの容量を示したものです。スタバで最も容量の小さいショートサイズは、ドトールのMサイズとLサイズの中間に当たります。ドトールのLサイズはスタバのショートよりお得ですが、Mサイズはスタバよりコスパが悪くなります。

また、スタバのトールサイズ以上は、ドトールのどのサイズよりもコスパが良いことが分かりました。特にベンティは、ドトールのSサイズ4杯分に相当するので、お得に多くの量のコーヒーを飲みたい人に適しています。一方、少量のコーヒーを手軽に飲みたい人にはドトールがおすすめです。

②タリーズ

サイズ 値段 ドトールとの比較
ショート 345円 230ml ドトールのLサイズの方がコスパが良い
トール 400円 350ml タリーズの方がコスパが良い
グランデ 455円 470ml タリーズの方がコスパが良い

タリーズのドリンクのサイズはスタバと容量が同じですが、値段が少し異なります。ドトールと比較してみると、ショートサイズ以外はタリーズの方がコスパが良いことが分かりました。なお、スタバやタリーズのトールサイズはドトールのMサイズ約2杯分、グランデサイズはSサイズ約3杯分に相当します。

③マクドナルド

サイズ 値段 ドトールとの比較
Sサイズ 100円 175ml(アイスは255ml) マクドナルドの方がコスパが良い
Mサイズ 150円 300ml(アイスは435ml) マクドナルドの方がコスパが良い
Lサイズ 210円 495ml マクドナルドの方がコスパが良い

上記は、マクドナルドのプレミアムローストコーヒーの各サイズの値段と容量を示したものです。ドトールのみならず、スタバやタリーズと比較しても、マクドナルドのコーヒーが最もコスパが良いことが分かりました。なお、マクドナルドではLサイズの提供はアイスコーヒーのみです。

また、マクドナルドでもドリンク自体ではなくカップの容量を表示しているので、アイスコーヒーの場合は氷の分量が大半を占めることに注意しましょう。

ドトールをお得に飲む方法は?クーポンや無料サイズアップはある?

ドトールのドリンクをお得に飲むには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、ドトールで使えるクーポンの入手方法や、無料でサイズアップできる方法について紹介します。

①dポイントクラブ

NTTドコモが運営しているdポイントクラブでは、定期的に下記のようなドトールのクーポンを配信しています。

SサイズをMサイズに、MサイズをLサイズにサイズアップします。
Sサイズの設定がない商品は、MサイズをLサイズにサイズアップします。
Rサイズ店舗の場合、R⇒Lサイズのみとなります。

dポイントクラブでは、ドトールのドリンクの割引クーポンや無料サイズアップクーポンを入手することができます。ドコモユーザー以外でも、アカウント登録することでdポイントクラブを利用できます。なお、ドトールでの会計でdポイントを溜めることもできるので、ドトールを頻繁に利用する人におすすめです。

②ドトールは定期的に無料サイズアップを行っている

ドトールでは、以下のような無料サイズアップキャンペーンを定期的に行っています。

・ID払いでコーヒーを1サイズアップ
・ID払いでカフェラテを1サイズアップ
・d払いでドリンクを1サイズアップ
・dポイントクラブのクーポン提示でキャラメルナッツラテを1サイズアップ
・dポイントクラブのクーポン提示で沖縄黒糖抹茶ラテを1サイズアップ


ドトールでは、上記のように決済やクーポン提示の条件を満たすことでサイズアップが適用されるキャンペーンを行うことがよくあります。特に、IDやd払いと提携する場合が多いので、あらかじめ会員登録しておくとサイズアップの機会を逃しにくくなります。

③ID払いでの無料サイズアップは終了している

前述のID払いの無料サイズアップキャンペーンは、2022年2月9日をもって終了しています。このキャンペーンでは、コーヒーだけでなくカフェラテも対象になっていたため、好評を博したようです。今後もドトールとIDが協同してキャンペーンを行う可能性はあるので、新しい情報をこまめに確認することをおすすめします。

ドトールのサイズ・容量を知っておこう

ドトールのサイズはS・M・Lの3種類で、スタバやタリーズに比べて各サイズとも容量が少ないのが特徴です。ドリンクをたくさん飲みたい人にとってはコスパが悪いものの、少量を安く飲みたい人にはドトールがおすすめです。dポイントクラブで配信されるクーポンを利用すると、ドトールのドリンクをお得に飲むことができるので活用してみてください。

関連する記事

×