豆腐の賞味期限切れはいつまで大丈夫?3日・1週間はNG?保存で日持ちさせるコツも紹介!

豆腐の賞味期限の目安を知っていますか?今回は、豆腐の賞味期限を種類別に比較して、期限切れからいつまで食べられるのか〈1〜2日・3日〜5日・1週間〜10日〉など時間経過別に紹介します。豆腐の〈冷蔵・冷凍〉別に日持ちする保存方法や、使い切りレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豆腐の賞味期限・消費期限はどのくらい?
  2. ①水入りパックに入った豆腐の場合:3〜10日
  3. ②充填豆腐の場合:約2ヶ月
  4. 豆腐の賞味期限切れはいつまで食べられる?
  5. 賞味期限・消費期限の定義
  6. 豆腐が賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる
  7. 豆腐が賞味期限切れて腐りだすのはいつから?3日後は?
  8. ①賞味期限が切れて1日〜2日後
  9. ②賞味期限が切れて3日〜5日後
  10. ③賞味期限が切れて1週間〜10日後
  11. ④賞味期限が切れて2週間以上
  12. 豆腐の日持ちする保存方法は?
  13. ①冷蔵庫で保存する方法
  14. ②冷凍保存する方法
  15. 賞味期限が切れた豆腐の使い切りレシピは?
  16. ①豆腐の卵とじ
  17. ②豆腐のグラタン
  18. ③豆腐とカニカマのチヂミ風天ぷら
  19. 豆腐の賞味期限に注意しよう

豆腐の賞味期限・消費期限はどのくらい?

豆腐は毎日食べても飽きのこない味で、季節を通して食べられる安くて美味しい食材です。常備している人も多いかもしれませんが、豆腐は一体どのくらい日持ちするのでしょうか。ここでは豆腐の賞味期限の目安を紹介します。

①水入りパックに入った豆腐の場合:3〜10日

水入りパックに入った豆腐の賞味期限(消費期限)は4〜5日です。水入りパックに入った豆腐には非加熱の商品と、加熱した商品がありますが、非加熱の商品は水の中に微量の細菌が入っているため消費期限は3〜4日と若干短くなっています。また、パックごと加熱処理された商品は賞味期限が6〜10日と長く、パックの水が若干黄色くなっているのが特徴です。

②充填豆腐の場合:約2ヶ月

充填豆腐はパックに水が入っていない商品で、製造の過程でパックに直接豆乳と凝固剤を充填密封し、加熱して固めたものです。充填豆腐の賞味期限は未開封で約2ヶ月で、水入りパックの豆腐よりも日持ちがよいため、買い置きに便利です。

豆腐の賞味期限切れはいつまで食べられる?

賞味期限の切れた豆腐はいつまで食べられるか、豆腐は腐りやすいため不安に思う方も多いでしょう。賞味期限・消費期限の定義と共に紹介します。

賞味期限・消費期限の定義

賞味期限とは、未開封で定められた方法で保存した場合に、品質が保たれ美味しく食べることのできる期限です。よく似た言葉の消費期限は安全に食べることができる期限で、期限がおおむね5日以内のものに表示されます。

どちらの期限も、理化学試験や官能検査等の結果に基づき品質が保持される期間に対して安全係数(おおむね0.8)をかけて設定されます。そのため、賞味期限や消費期限が過ぎたからといってすぐに食べられなくなる訳ではありません。

豆腐が賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる

賞味期限・消費期限は少し短かく設定されているため、腐っていなければ食べられます。食べる際には外観や匂いをよく確認し、大丈夫な様であれば加熱調理して使いましょう。腐ったらどうなっていくかは、以下で詳しく紹介していきます。

豆腐が賞味期限切れて腐りだすのはいつから?3日後は?

豆腐の賞味期限が切れて腐りだすのはいつからなのでしょうか。日数ごとに詳しく紹介するので、参考にしてください。

①賞味期限が切れて1日〜2日後

賞味期限が切れて1日〜2日後の豆腐の状態は以下の通りです。

【匂い】
・特に変化なし

【香り】
・特に変化なし

【味】
・特に変化なし

水入りパックで加熱されたタイプや充填豆腐は、未開封で冷蔵保存していた場合なら、賞味期限が切れても1〜2日なら問題なく食べることができるでしょう。非加熱の水入りパックや豆腐屋で売られているタイプ、消費期限表示の場合は1日過ぎても要注意で、食べずに廃棄するのが無難です。

②賞味期限が切れて3日〜5日後

関連する記事