肉の消費期限切れは食べられる?1日・2日後は危険?種類や保存法別に紹介!

肉の消費期限の目安を知っていますか?〈牛・豚・鶏〉や〈塊・スライス・挽肉〉でも違うのでしょうか?今回は、肉の消費期限はいつまで食べられるのか〈1日~2日後・3日~4日後・1週間後〉など時間経過別に腐敗状態を比較して紹介します。肉の日持ちする保存方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 肉の消費期限切れはいつまで食べられる?
  2. 賞味期限・消費期限の定義
  3. 腐っていなければ食べられるが危険
  4. 肉の消費期限が切れた後の傷みやすさは?【種類別】
  5. 肉の種類別だと鶏肉が傷みやすい
  6. 肉の状態別だとひき肉が傷みやすい
  7. 肉が消費期限切れて腐りだすのはいつから?1日・2日後は?
  8. ①消費期限が切れて1日~2日後
  9. ②消費期限が切れて3日~4日後
  10. ③消費期限が切れて1週間後
  11. ④消費期限が切れて10日以上
  12. 肉の消費期限切れを食べる際の注意点
  13. 肉をよく加熱する
  14. 食中毒になったらすぐ病院へ
  15. 肉の日持ちする保存方法は?
  16. ①冷蔵保存する場合
  17. ②冷凍保存する場合
  18. 冷凍肉の解凍方法・使い方
  19. 肉の消費期限に注意しよう

消費期限切れから10日たった肉は腐敗がさらに進み、色、臭いがかなり変化しています。肉のねばねばは、肉のたんぱく質やアミノ酸を微生物が分解してできるネトというもので、粘り気が強いほど腐敗が進んでいます。このような肉は加熱して殺菌しても毒素は残っているので、食べるのは危険です。

(*豚肉が腐ったらどうなるかや、鶏肉が臭い場合は腐っているのかについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

豚肉が腐るとどうなる?原因や見分け方は?消費期限の目安なども紹介!
鶏肉が臭い原因は腐敗?食べても大丈夫?臭みの取り方や気にならないレシピも紹介!

肉の消費期限切れを食べる際の注意点

消費期限切れの肉を食べるときに注意しなければならないことはあるのでしょうか。

肉をよく加熱する

消費期限切れの肉は、殺菌のためにしっかり加熱しましょう。その際は、焼くよりも長時間煮込むと、中までしっかり火を通すことができて殺菌効果が高くなります。焼くときも時間をかけてしっかりと熱を通し、肉をつかんだ道具は腐敗菌などがついている可能性が高いので、焼いたもの取り出すときは別の道具を使って下さい。

食中毒になったらすぐ病院へ

肉をよく加熱していたとしても、食中毒になることもあります。消費期限切れの肉を食べた後に実際に起こった症状を紹介します。

・腹痛
・下痢 
・発熱

このような食中毒の症状がみられた場合はすぐに病院で診てもらいましょう。特に幼児や老人などは重症化しやすく危険です。また、食中毒を引き起こさないためには調理の前後にきちんと手を洗い、道具の衛生面にも注意し、しっかりと加熱することが大切です。

肉の日持ちする保存方法は?

肉は劣化しやすい食品ですが、まとめ買いしたときなどに日持ちさせるにはどのように保存したらよいのでしょうか。冷蔵と冷凍に分けて紹介します。

①冷蔵保存する場合

肉を冷蔵保存する場合、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。

①ドリップを拭く
②小分けしてラップに包む
③密閉袋に入れ、袋の空気を抜く
④温度変化が少ない場所に置く

肉の油脂は空気に触れると酸化してしまうので、袋にいれたら密閉状態にして保存する必要があります。また、肉からドリップとよばれる肉汁が出ている場合、ドリップに含まれる水分で腐りやすくなるためふき取り、温度変化が大きい扉の近くは避けてチルド室などの低温の場所に保存しましょう。

また、肉を塩、醤油、味噌、酒などで下味をつけると、調味料に含まれる塩やアルコールなどに殺菌効果があるため腐りにくくなり、肉の生臭さも取れるのでおすすめです。

関連する記事