ローストビーフは日持ちする?賞味期限切れはいつまでOK?手作り・市販別に比較して紹介!

ローストビーフがいつまで日持ちするか知っていますか?今回は、ローストビーフの賞味期限を〈市販(真空パック未開封)・市販(開封後)・手作り〉別に比較して、賞味期限切れでも食べられる期間など紹介します。ローストビーフの日持ちする保存方法や、腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ローストビーフの賞味期限は長い?短い?
  2. 手作りローストビーフの賞味期限はどのくらい?
  3. 手作りの場合は3〜4日程度
  4. 市販ローストビーフの賞味期限はどのくらい?
  5. ①惣菜や真空パック開封後の賞味期限
  6. ②真空パック未開封の賞味期限
  7. ローストビーフの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  8. 賞味期限の定義
  9. 賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる
  10. ローストビーフの日持ちする保存のポイントは?
  11. ①未使用の塊は真空パックに戻す
  12. ②小分けにして保存する
  13. ローストビーフを賞味期限内に使い切るレシピ
  14. ローストビーフ丼
  15. ローストビーフのサンドイッチ
  16. ローストビーフの賞味期限に注意しよう

ローストビーフの賞味期限は長い?短い?

ローストビーフはイギリスの伝統的な料理のひとつで、牛肉の塊をオーブンで焼き、薄くスライスしてグレイビーソースなどをかけて食べる料理です。ミディアムに焼き上げることが特徴の料理なので日持ちは長くなさそうですが、市販のものと手作りのもの、保存方法によってどれくらい変わるのか紹介していきましょう。

手作りローストビーフの賞味期限はどのくらい?

ローストビーフを作るには大きな牛肉の塊が必要ですが、食べ切れずに消費に困る人もいるでしょう。ここでは、手作りのローストビーフがどのくらい日持ちするのか紹介します。

手作りの場合は3〜4日程度

塊の状態のローストビーフの賞味期限は、作った日を含めて3日以内をお勧めします。ローストビーフは日数が経つにつれて水分が減り食感が悪くなってしまうので、スライスした場合はなるべくその日中に食べたほうがいいでしょう。

ただ、凍結寸前の温度で食品を冷却できるチルド室で保存した場合は、1週間ほど日持ちします。しかし、もし臭いや味が気になった場合は食べないようにしましょう。

市販ローストビーフの賞味期限はどのくらい?

市販ローストビーフは、惣菜のものと真空パックに入っているものとで賞味期限は大きく変わります。ここでは、保存状態によって賞味期限がどう変わるのか紹介します。

①惣菜や真空パック開封後の賞味期限

保存期間
冷蔵庫 1日
冷蔵庫(チルド室) 約4~5日
冷凍庫 約2週間

ローストビーフは、塊の状態とスライスの状態とで賞味期限が異なります。ローストビーフも含め、お肉が腐るのはたいてい表面からなので、空気にあたる部分が多いスライスのほうが賞味期限は短くなります。

スライスした場合は手作り、惣菜共に賞味期限は1日程度なので、なるべくその日中に食べましょう。チルド室だと4~5日、冷凍庫たど約2週間持ちます。ただし、長く冷凍保存するほど冷凍焼けを起こして味や風味は落ちていくので、できるだけ早めに食べることをお勧めします。

②真空パック未開封の賞味期限

真空パック未開封のローストビーフの賞味期限は冷蔵保存で約1週間、冷凍保存だと約1ヶ月持ちます。しかしあまりに長期間冷凍保存し続けると、品質が落ちる可能性もあるので気をつけましょう。

ローストビーフの賞味期限切れはいつまで食べられる?

賞味期限が切れてしまったローストビーフは、どれくらいの期間であれば食べられるのでしょうか。賞味期間の定義とあわせて説明します。

賞味期限の定義

賞味期限は理化学検査を経て設定された、食品の最大日持ち日数に安全係数(0.8〜1.0)を掛けて、本来の期限より短めに算出した期限のことです。多くの食品は賞味期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。色や臭い、味などをチェックして異常がなければ食べることが可能です。

賞味期限は比較的劣化の遅い食品に表示され、品質が変わらずにおいしく食べられる期限のことを指します。対して、消費期限は安全に食べられる期限のことを示します。ただ、どちらも未開封の状態で正しく保存されていることが前提なので、保存状態が悪い場合は、表示されている期限よりも短くなることもあるので注意しましょう。

賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる

賞味期限が過ぎてしまっても、次のような状態でなければ腐っていないと判断し、食べることが可能です。

・緑色に変色している
・触るとヌルっとしている
・糸を引きねばついている
・腐敗臭がする
・酸っぱい臭いがする


食品が腐り始める最初のサインは臭いの場合が多いので、見た目に変化がなくても必ず臭いを確認しましょう。また、口に入れた時に味が変わっている場合や不快感がした場合も腐っていたり雑菌が繁殖している可能性があるので、食べることをやめて速やかに廃棄しましょう。

ローストビーフの日持ちする保存のポイントは?

どのように保存すればローストビーフの日持ちを長くできるでしょうか。保存方法とそのポイントを紹介していきます。

①未使用の塊は真空パックに戻す

長期間保存するためには、まず酸化を防ぐことが重要です。未使用の塊は、真空パックに戻し空気を抜いて保存しましょう。最近では家庭用の真空パック機も販売されており、より新鮮な状態で長く保存できるようになるのでお勧めです。

真空パック機がない場合は、ローストビーフをラップで巻いてからフリーザーバッグに入れると良いでしょう。ラップはぴったりと空気が入らないように巻き、フリーザーバッグに入れたらしっかりと空気を抜いて密閉するのがポイントです。

②小分けにして保存する

ローストビーフがたくさんある場合は、一度に食べきれるサイズのブロックに切り分けて冷凍保存すると1ヶ月ほど日持ちするのでお勧めです。解凍と再冷凍を繰り返すと風味が落ちるので、その日に食べる量を解凍してください。解凍後、スライスした場合は丁寧にラップをして冷蔵庫かチルド室に保存し、できるだけ早めに食べましょう。

(*ローストビーフの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ローストビーフの保存方法・期間は?常温はNG?冷凍・冷蔵で日持ちするコツを紹介!

ローストビーフを賞味期限内に使い切るレシピ

ローストビーフは薄く切ってソースをかけて食べるのが一般的ですが、少しアレンジするだけで色々な食べ方ができます。ローストビーフを作りすぎてしまった方や、いつもと違う食べ方をしてみたい方は是非参考にしてみてください。

ローストビーフ丼

ローストビーフを贅沢に使った丼ぶりです。和風の味付けになっているので、いつもとは違う味が楽しめます。

余ったローストビーフで丼 by イケダマオ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが331万品

ローストビーフのサンドイッチ

少ない材料で簡単にできるレシピで、かなり贅沢な食べ応えのあるサンドイッチが堪能できます。

リメイク・ローストビーフサンドイッチ♡ by お気楽人生 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが330万品

ローストビーフの賞味期限に注意しよう

ローストビーフは日が経つにつれてどんどん味が落ちてしまう食品です。保存方法と賞味期限切れに気を付けながら、美味しくローストビーフを食べましょう。

関連する記事