ローストビーフは日持ちする?賞味期限切れはいつまでOK?手作り・市販別に比較して紹介!

ローストビーフがいつまで日持ちするか知っていますか?今回は、ローストビーフの賞味期限を〈市販(真空パック未開封)・市販(開封後)・手作り〉別に比較して、賞味期限切れでも食べられる期間など紹介します。ローストビーフの日持ちする保存方法や、腐った場合の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ローストビーフの賞味期限は長い?短い?
  2. 手作りローストビーフの賞味期限はどのくらい?
  3. 手作りの場合は3〜4日程度
  4. 市販ローストビーフの賞味期限はどのくらい?
  5. ①惣菜や真空パック開封後の賞味期限
  6. ②真空パック未開封の賞味期限
  7. ローストビーフの賞味期限切れはいつまで食べられる?
  8. 賞味期限の定義
  9. 賞味期限切れでも腐っていなければ食べられる
  10. ローストビーフの日持ちする保存のポイントは?
  11. ①未使用の塊は真空パックに戻す
  12. ②小分けにして保存する
  13. ローストビーフを賞味期限内に使い切るレシピ
  14. ローストビーフ丼
  15. ローストビーフのサンドイッチ
  16. ローストビーフの賞味期限に注意しよう

ローストビーフの賞味期限は長い?短い?

ローストビーフはイギリスの伝統的な料理のひとつで、牛肉の塊をオーブンで焼き、薄くスライスしてグレイビーソースなどをかけて食べる料理です。ミディアムに焼き上げることが特徴の料理なので日持ちは長くなさそうですが、市販のものと手作りのもの、保存方法によってどれくらい変わるのか紹介していきましょう。

手作りローストビーフの賞味期限はどのくらい?

ローストビーフを作るには大きな牛肉の塊が必要ですが、食べ切れずに消費に困る人もいるでしょう。ここでは、手作りのローストビーフがどのくらい日持ちするのか紹介します。

手作りの場合は3〜4日程度

塊の状態のローストビーフの賞味期限は、作った日を含めて3日以内をお勧めします。ローストビーフは日数が経つにつれて水分が減り食感が悪くなってしまうので、スライスした場合はなるべくその日中に食べたほうがいいでしょう。

ただ、凍結寸前の温度で食品を冷却できるチルド室で保存した場合は、1週間ほど日持ちします。しかし、もし臭いや味が気になった場合は食べないようにしましょう。

市販ローストビーフの賞味期限はどのくらい?

市販ローストビーフは、惣菜のものと真空パックに入っているものとで賞味期限は大きく変わります。ここでは、保存状態によって賞味期限がどう変わるのか紹介します。

①惣菜や真空パック開封後の賞味期限

保存期間
冷蔵庫 1日
冷蔵庫(チルド室) 約4~5日
冷凍庫 約2週間

ローストビーフは、塊の状態とスライスの状態とで賞味期限が異なります。ローストビーフも含め、お肉が腐るのはたいてい表面からなので、空気にあたる部分が多いスライスのほうが賞味期限は短くなります。

スライスした場合は手作り、惣菜共に賞味期限は1日程度なので、なるべくその日中に食べましょう。チルド室だと4~5日、冷凍庫たど約2週間持ちます。ただし、長く冷凍保存するほど冷凍焼けを起こして味や風味は落ちていくので、できるだけ早めに食べることをお勧めします。

②真空パック未開封の賞味期限

真空パック未開封のローストビーフの賞味期限は冷蔵保存で約1週間、冷凍保存だと約1ヶ月持ちます。しかしあまりに長期間冷凍保存し続けると、品質が落ちる可能性もあるので気をつけましょう。

ローストビーフの賞味期限切れはいつまで食べられる?

賞味期限が切れてしまったローストビーフは、どれくらいの期間であれば食べられるのでしょうか。賞味期間の定義とあわせて説明します。

賞味期限の定義

関連する記事