もやしは洗う?洗わない?必要性の有無や洗い方のポイントを解説!

【管理栄養士監修】もやしは洗う派と洗わない派の人がいますが、あなたはどちらですか?洗う必要性はあるのでしょうか?洗わなくても問題はないのでしょうか?今回は、もやしを洗う必要性や洗うメリット・デメリットを紹介します。洗い方のポイントも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 秋山 嘉代
Ameba
1997年管理栄養士免許取得。 大手企業で15年間、バイオ・発酵生産の研究に従事。腸内細菌について知見を深めました。 2児の子育て中、主食としてのお米の大切さを改めて実感し、...
Ameba
1997年管理栄養士免許取得。 大手企業で15年間、バイオ・発酵生産の研究に従事。腸内細菌について知見を深めました。 2児の子育て中、主食としてのお米の大切さを改めて実感し、ごはんと味噌汁を基本とした日本型の食事・健康理論を学びました。一般社団法人日本健康食育協会認定 健康食育シニアマスター取得。 2019年よりSalon Warm Beautyで食サポートを担当しています。 しっかり食べる事は自分を大切にする事、セルフケアに繋がる事をお伝えしたいです。

目次

  1. もやしは洗う?洗わない?
  2. もやしを洗う必要性はある?
  3. 洗う必要性はない
  4. もやしを洗うメリット
  5. ①青臭さが取れる
  6. ②シャキシャキ感が増す
  7. ③雑菌を取り除ける
  8. もやしを洗うデメリット
  9. ①水溶性の栄養成分が流出する
  10. ②洗うのに手間がかかる
  11. ③水っぽくなりやすい
  12. もやしの洗い方・ポイントは?
  13. 長時間水に晒さない
  14. もやしの袋に水を入れてそのまま洗うと便利
  15. もやしは洗うのが無難

もやしは洗う?洗わない?

もやしは洗う派と洗わない派がいるようです。スーパーなどで販売されているもやしを見てみると、商品によって袋に「洗ってから使用してください」と表記されている物や、何も表記されていない物もあるので、結局どっちがいいのかわからなくなりますよね。洗わずに使うのは問題ないのでしょうか?

もやしを洗う必要性はある?

もやしは調理前に洗う必要は果たしてあるのでしょうか?そして洗う場合、洗わない場合それぞれどんな効果があるのでしょうか?

洗う必要性はない

もやし生産者協会のホームページを覗いてみると、そこには「出荷前に清浄な水で洗浄済みなので、調理前の水洗いは必要ない」といった内容の記載があります。よって、市販されているもやしは袋から出してそのまま使ってOKと言えるでしょう。

とはいえ、袋内の水滴に雑菌が繁殖している可能性もゼロではないでしょう。気になる場合や袋に水洗いを促す記載がある場合などは、サッと洗ってから使うのをおすすめします。(※1)

もやしを洗うメリット

もやしを洗う場合、いくつかのメリットが考えられます。もやしを洗わない場合に比べてどういった点が良いのか、それぞれ詳しく掘り下げてみましょう。

①青臭さが取れる

市販されているもやしがきれいな水で洗浄してるとはいえ、濡れた状態で袋詰めされているのでどうしても時間の経過と共にもやし独特の青臭さが強くなってしまいます。

パッケージされた後も袋の中でも呼吸しているので、それがもやし独特の匂いを生むようです。匂いは料理の仕上がりにも大きく影響するので、購入してから時間が経っている場合や調理法によっては洗うことで風味良く仕上げられるメリットがあります。

②シャキシャキ感が増す

もやしは洗うことによって風味と瑞々しさを増し、シャキシャキとした歯ごたえが生まれてとても心地よい食感になります。炒め物などの場合は洗ってから調理すると歯ごたえの良い仕上がりになります。調理する時は1分以内を目安に強火で手早く火を通せば水分はほとんど出ず、シャキっとした良い食感のもやし料理が楽しめます。

また、ひと手間加えるならば水洗い後のもやしにサラダ油などで表面をコーティング状態にしてから炒めることで、より水分が出にくくなりシャキッとした良い食感に仕上がります。

③雑菌を取り除ける

きれいな水で洗浄してあっても、保存状態によっては雑菌が繁殖してしまう可能性は否定できません。洗浄から時間が経てば経つほど、その可能性は大きくなります。

衛生面的にも、もやしは自分でも洗った方が食中毒などのリスクを減らすことができます。食べ物なので、衛生面は一番気をつけたいところです。もやしを食べる時は加熱処理をするのが基本なので、菌はほとんど死滅しますが、事前に洗うことでより雑菌のリスクを減らすことができるでしょう。

もやしを洗うデメリット

では反対にもやしを洗うことによるデメリットはなんでしょうか?洗った時にはどういったデメリットが考えられるのか、それぞれ掘り下げてみましょう。

①水溶性の栄養成分が流出する

もやしに限ったことではありませんが、野菜の多くは長時間水につけて置くと栄養成分が流れ出てしまいやすくなります。特にビタミンCなどの水溶性の栄養成分は流れやすいので、注意が必要となります。せっかくの栄養素を逃さないためにも、もやしを洗う場合はさっと洗うのがおすすめです。

ちなみに、もやしのひげを取ることでもビタミンCは流出しやすくなりますし、食物繊維の量も減ってしまいます。ひげを取った方が見栄えも食感も良くなりますが、栄養のことを考えるならばひげは取らずにそのまま使用した方が良いでしょう。

②洗うのに手間がかかる

さっと洗うだけとはいえ、工程が増えることには変わりありません。洗う手間もかかりますし、ザルやボウルなどの道具を使えばその分洗い物や片付けの手間も増えます。何かと忙しい日常では少しでも手間を減らしたいものです。洗わない派の多くは、この手間を省きたいからといった理由の人も多い様です。

③水っぽくなりやすい

もやしを洗った後は水切りを行う必要がありますが、水切りが不完全だと料理が水っぽく仕上がってしまいます。茹でる場合はそれほど水切りしなくても問題ないですが、炒め物の時はベシャっとしやすくなってしまうので、しっかりと水切りする必要があります。

もやしは手で絞ったり強く押すように水切りした場合も繊維が壊れて水っぽくなるので、ペーパータオルなどで優しくふわっと包むように水切りするのがおすすめです。

もやしの洗い方・ポイントは?

続いて、もやしを洗う時のポイントを見ていきましょう。もやしが持つ栄養素を逃がさない方法を紹介します。

長時間水に晒さない

もやしを洗う時は、水に晒すやり方でも良いですが、その場合はサッとくぐらす程度で十分です。もやしを水の中に長時間晒してしまうとビタミンCなどの水溶性の栄養素が水に溶け出して流出します。また、ベシャっとした仕上がりになりやすいですし、放置しすぎると黒っぽく変色してしまうこともあるのでデメリットが多いです。

もやしの袋に水を入れてそのまま洗うと便利

もやしの袋に直接水を入れて洗う方法もあります。袋の口をおさえて逆さまにすれば水切りができるので簡単ですし、ボウルやざるなどの洗い物も出ないので手間や時間の短縮にもなり、キャンプなど道具が限られるアウトドアでも使えるテクニックです。この場合も、長時間水に浸けてしまわない様に注意しましょう。

栄養成分が減ってしまったり見た目や食感が悪くなっては美味しさも半減します。もやしを洗う場合は繊維を壊さぬように優しく、水溶性の栄養素を逃さぬように手早く洗うのがポイントです。

秋山 嘉代

管理栄養士

もやしは傷みが早く、ビタミンCなどの栄養価もどんどん下がります。食べる分だけ購入して早めに食べ切るのがよいでしょう。保存するならサッと茹でたり、電子レンジで加熱をします。加熱後、ドレッシングで和える、ナムルにしてから保存しておくと味が染み込み美味しく頂けますよ。

もやしは洗うのが無難

もやしはパッケージされる前に一度洗浄されており、洗わなくても食べることができます。しかし、衛生面のことや食感の良い料理に仕上げたいと考えるならば、洗ってから使うのが無難なようです。洗う時は、栄養面や水っぽさの事を考慮して、サッと行う様にしましょう。また、洗った場合も洗わなかった場合も、もやしは加熱調理していただくのがおすすめです。

関連する記事