なまこの種類には食用と毒持ちがいる?赤・青・黒で味や値段など違いを比較!

なまこにどんな種類があるか知っていますか?今回は、〈黒なまこ・青なまこ・赤なまこ〉など食用の種類別に〈見た目・味・値段〉など特徴を紹介します。毒を持ったなまこの種類や、なまこの捌き方・栄養・レシピなども紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. なまこの種類は多い?食用は何種類?
  2. 食用のなまこは「マナマコ」1種類のみ
  3. 「マナマコ」は3種類に分類されて流通している
  4. 青・赤・黒なまこの違いとは?
  5. ①見た目
  6. ②味・食感
  7. ③値段
  8. なまこには毒を持つ種類もいる?
  9. なまこの毒を持つ種類の例
  10. なまこの捌き方・下処理は?
  11. なまこの栄養価・効能は?
  12. ①ビタミンB1
  13. ②カルシウム
  14. ③マグネシウム
  15. なまこを使ったレシピのおすすめ
  16. ①このわた
  17. ②やわらかナマコ酢
  18. なまこの種類は様々

なまこの種類は多い?食用は何種類?

海に近い地域で食べられることが多いなまこは、釣りをしている時に海辺で見かける機会もあるかもしれません。一見するとどれも同じように見えるなまこですが、種類の違いはあるのでしょうか?ここでは、食用に使うなまこや流通しているなまこの種類について解説します。

食用のなまこは「マナマコ」1種類のみ

なまこの種類は非常に多く、世界には約1500種類、日本だけでも180種類以上ものなまこが生息していると言われています。しかし、実際に国内で食用とされているなまこは、このうちの「マナマコ」たった1種類だけです。

マナマコの旬の時期は、地域によって若干差はあるものの、11月頃から3月頃とされています。なまこの値段は安ければ100gあたり200円程度ですが、漁獲量が少ない場合や旬ではない時期には500円程度まで高騰する場合があります。

「マナマコ」は3種類に分類されて流通している

日本国内で食用として流通している「マナマコ」は、流通の際には以下の3種類に分類されています。

・青なまこ
・赤なまこ
・黒なまこ


この3種類のなまこは、それぞれ生息している場所や地域が異なるほか、見た目などにも違いがあるのが特徴です。なお、日本で流通しているなまこの多くは赤なまこだと言われています。

青・赤・黒なまこの違いとは?

国内で食用の目的で流通している青なまこ・赤なまこ・黒なまこには、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、それぞれのなまこの見た目の違いや味・食感の違いなどについて解説します。

①見た目

青なまこ・赤なまこ・黒なまこは、それぞれ以下の写真のような見た目をしています。

yakitori_kizakiさんの投稿
71000014 182902519429720 3781633476328220172 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

上の写真のなまこは青なまこですが、その名前の通り青みがかった色合いをしています。体表には突起があるほか、小さな斑点が見られる場合もあるのが特徴です。

kimagure0923さんの投稿
94659393 3014417431987709 7769484914907885702 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

この写真に写っているのは赤なまこで、青なまこに比べると赤みがかった色をしているのが特徴です。特に腹の部分の方が赤い色合いが強いため、分かりづらい場合は腹の色を確認してみると良いでしょう。

ejkoa07さんの投稿
87418251 137053144476098 8249646269732932956 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

上の写真のようなはっきりとした黒色をしているのは、黒なまこです。赤なまこや青なまことは明らかに違う色合いなので、他の2種類とは簡単に見分けることができます。

②味・食感

青なまこ・赤なまこ・黒なまこには、見た目だけでなく味や食感にも違いがあります。なまこは、口にしたときに独特の磯の香りが広がるのが特徴ですが、黒なまこや青なまこは、赤なまこに比べてその香りが少ないため、味に関しては赤なまこが最も優れていると言われています。

なお、食感に関してはいずれも歯ごたえがありますが、特に赤なまこと黒なまこが硬いのが特徴です。ただし、なまこは切り方によっても硬さは変わるため、硬さの違いが種類の違いに起因するとは必ずしも言い切れないようです。

③値段

日本で流通しているなまこの多くは、赤なまこと青なまこです。この二つを比べると、赤なまこの方が味が優れていると言われていることもあり、赤なまこの方が値段は3割から5割程度高めです。

一方の黒なまこは生で食べられる機会は少ないですが、干した黒なまこは中華料理の高級食材として活用されており、アワビやフカヒレと並ぶ四大海味と称されています。取引価格も非常に高く、1kgあたり数万円で取引される場合もあります。

なまこには毒を持つ種類もいる?

なまこは国内だけでも100種類以上存在しているため、中には毒を持つなまこもいるのではないかと気になる場合もあるかもしれません。ここでは、なまこには毒を持つ種類がいるかどうかを解説します。

なまこの毒を持つ種類の例

食用として活用されている「マナマコ」以外のなまこには、以下のような毒をもつ種類もあるので、安易な食用は危険です。

・ニセクロナマコ

kj_3025さんの投稿
90179917 4224972604195003 8171915298640698216 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ニセクロナマコは、黒なまこによく似た見た目をしている毒を持つなまこです。黒なまこが沖縄などの南方の海に生息しているのに対し、ニセナマコは紀伊半島よりも南に位置する比較的暖かいところに生息するのが特徴です。

ニセクロナマコはホロチュリンと呼ばれる毒を、その肉の中に高濃度に含んでいるため、食べることはできません。なお、このホロチュリンは食用のなまこにも健康に害がない程度の少量含まれています。しかし、高濃度になると健康を害する恐れがあるので、黒なまこと間違えてニセクロナマコを食べないよう注意しましょう。

なまこの捌き方・下処理は?

なまこは、以下の手順で捌きます。

【手順】
1.表面を包丁で刺激する
2.ひっくり返して腹の部分を上に向け、縦に包丁を入れ切り開く
3.内臓(わた)を取り出し、軽く洗い流す
4.両端の硬い部分(くちばし・肛門)をそぎ落とす
5.たっぷりの塩をかけて2~3分程度揉みこみながら表面のぬめりをこそげ落とす
6.良く洗い流す
7.縦半分に切った後スライスする


なまこは捌く前に包丁でたたくことで、身が硬くなって下処理をしやすくなります。途中で取り出した内臓は、このわたと呼ばれる珍味として食べることができるので、必要に応じて保存しておきましょう。

腹の部分を開いて内臓やくちばし・肛門を取り除いた後は、たっぷりの塩を揉みこんで表面のぬめりを取り除きます。塩を揉みこむうちに、茶色いぬめりの成分が徐々に剥がれ落ちてくるので、揉みこんだ後はしっかり洗い流して綺麗にしておきます。ただし、長時間塩で揉み続けると身も塩で溶けてしまうので、揉みこむ時間は2~3分程度に留めることが大切です。

なまこの栄養価・効能は?

なまこは、その見た目からはあまり栄養が無いように見えるかもしれませんが、実は様々な栄養を含む栄養満点の食材です。ここでは、なまこに含まれるいくつかの栄養素の種類や効能を紹介します。

①ビタミンB1

なまこ100gあたりには、0.05mgのビタミンB1が含まれています。ビタミンB1には以下の効能があるのが特徴です。

・糖質からのエネルギー産生
・乳酸の代謝促進
・消化液の分泌促進
・皮膚や粘膜の健康維持
・脳神経系の正常な働きを維持


ビタミンB1は糖質の代謝を促進する効能を持つため、特にご飯や麺類などの炭水化物が好きな方は積極的に摂取したほうが良い栄養素です。また、筋肉や神経の疲労を回復させる効能も持つので、疲労感が取れない時などにも役立つでしょう。

ビタミンB1が不足すると、疲労感や肩こり・集中力や記憶力の低下・うつ症状などが起きるので不足しないように注意が必要です。

②カルシウム

なまこはカルシウムも豊富に含んでいます。カルシウムには以下のような効能があります。

・骨や歯をつくる働き
・血液凝固作用の促進
・骨粗しょう症の予防効果
・ストレスを和らげる効果


なまこには100gあたり72mgのカルシウムが含まれているのが特徴です。カルシウムは、体内で骨や歯の成分となっており、骨粗しょう症を予防する上では欠かせない栄養素です。ほかにも、ストレスを軽減させる効能も持つため、普段からストレスを感じがちな方は積極的に摂取すると良いでしょう。

③マグネシウム

なまこは100gあたり160㎎ものマグネシウムを含んでいます。マグネシウムの効能には以下のようなものがあります。

・丈夫な骨をつくる効果
・高血圧を予防する効果
・心疾患を予防する効果
・精神を安定させる効果
・生活習慣病の予防・改善効果


マグネシウムはカルシウムとの相乗作用によって、丈夫な骨を作る役割を持つ栄養素です。カルシウムとマグネシウムを両方含むなまこは、骨の健康維持にぴったりの食材と言えるでしょう。そのほかにも、高血圧や心疾患・生活習慣病の予防効果も持っているため、なまこを食べてマグネシウムを摂取することは健康の維持にも役立ちます。

(*なまこの栄養価について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

なまこの栄養価は高い?漢方の効能も?美容への効果やレシピのおすすめも紹介!

なまこを使ったレシピのおすすめ

なまこは、人によってはあまり馴染みが無い食材なので、食べ方が分からない場合もあるでしょう。なまこは、身・内臓ともに美味しく食べることができるので、レシピを覚えておくと重宝します。ここでは、なまこを使用したおすすめのレシピを紹介しましょう。

①このわた

出典: https://cookpad.com/recipe/5993883

なまこの内臓を塩漬けして作るこのわたは、ウニやカラスミと並ぶ日本三大珍味の一つです。このわたは自宅でも簡単に作ることができるので、なまこが丸ごと手に入った時は、このわた作りにも挑戦してみましょう。

愛知の魚100 高級品のコノワタの作り方 by 黒鯛チヌ子 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

②やわらかナマコ酢

出典: https://cookpad.com/recipe/6046703

なまこは歯ごたえがあるため、人によっては硬すぎると感じる場合もあるかもしれません。その場合には、茹でた後に大根おろしを組み合わせることで柔らかく仕上げることができます。

大革命?柔らかナマコ by スヌーp 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

なまこの種類は様々

なまこは、世界中に1000種類以上生息している、多様な種類を持つ生き物です。日本国内で食べられているなまこは「マナマコ」のみですが、それもさらに赤なまこ・青なまこ・黒なまこの3種類に分けることができます。それぞれのなまこで歯ごたえや味わいが異なるので、色々ななまこを食べ比べてみるのも良いでしょう。

関連する記事