キンメダイが旬の時期・季節はいつ?産地で違う?選び方や食べ方のおすすめも紹介!

キンメダイの旬の時期・季節はいつか知っていますか?今回は、<静岡・千葉・高知>など産地別のキンメダイの旬の時期や主な産地・生産量を紹介します。キンメダイの新鮮な選び方や栄養価のほか、食べ方・レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. キンメダイの旬の時期・季節はいつ?
  2. キンメダイの旬の時期は大きく2つ
  3. ①静岡県の旬の時期
  4. ②千葉県の旬の時期
  5. ③高知県の旬の時期
  6. キンメダイの主産地・漁獲量
  7. キンメダイとはどんな魚?
  8. キンメダイの生態
  9. キンメダイの味・見た目など特徴
  10. キンメダイの栄養価
  11. キンメダイの選び方のポイントは?
  12. ①目の透明度が高い
  13. ②皮と身の間に白い脂がある
  14. ③エラが赤色
  15. ④体色が鮮やか
  16. キンメダイのさばき方
  17. キンメダイの旬の食べ方・レシピのおすすめ
  18. ①刺身
  19. ②金目鯛の醤油こうじ漬け
  20. ③金目鯛のアクアパッツァ
  21. ④金目鯛しゃぶしゃぶ
  22. ⑤金目鯛の煮付け
  23. キンメダイを旬の時期に美味しく食べよう

キンメダイの旬の時期・季節はいつ?

キンメダイは、寿司店や和食店などで高級食材として利用されることが多い魚です。寿司や刺身はもちろんのこと、煮付けや塩焼きなど様々な調理法で楽しむことができますが、旬の時期や季節はいつなのでしょうか。ここではキンメダイの旬の時期や季節を詳しく解説します。

キンメダイの旬の時期は大きく2つ

キンメダイは年に2回、旬の時期があります。旬の時期はその産地によって若干ずれがあるものの、12月から2月までの冬の季節と、5月から6月までの産卵前の時期の2回だと言われています。いずれの時期も脂ののりが良くなるため、美味しく食べることができるでしょう。

次に産地による旬の違いについて説明していきます。

①静岡県の旬の時期

静岡県はキンメダイの名産地の一つですが、静岡県で獲れるキンメダイの旬の時期は12月から2月頃までです。静岡県の伊豆地方近海はキンメダイの餌が豊富にあり、冬の寒い時期に向けて餌を沢山食べたキンメダイは、たくさんの脂がのって非常に美味しいと言われています。

②千葉県の旬の時期

千葉県の銚子沖も、キンメダイの漁獲量が多い産地です。千葉県が産地のキンメダイの旬は、静岡県とは異なり産卵の時期を控えた5月から6月頃だと言われています。産卵の時期を迎えるキンメダイは産卵に向けてたくさんの餌を食べているため、甘みのある脂が多く味が良いのが特徴です。

③高知県の旬の時期

高知県を産地とするキンメダイも、千葉県で獲れるキンメダイ同様に、産卵前が旬の時期です。ただし、高知県のキンメダイの産卵シーズンは千葉県より遅いため、旬の時期も7月から9月までの初夏の季節と若干遅くなります。高知県で獲れる旬のキンメダイは、脂ののりが良く旨味が強い、肉厚でしっとりした食感が特徴だと言われています。

キンメダイの主産地・漁獲量

キンメダイの漁獲量の順位は以下の通りです。

・1位:静岡県
・2位:千葉県
・3位:東京都
・4位:高知県
・5位:神奈川県


キンメダイの漁獲量が最も多いのは静岡県で、中でも下田港はキンメダイの水揚げ量が日本一の漁港です。また、静岡県の伊豆大島近郊で一本釣りされたキンメダイは、「地金目(トロ金目)」と呼ばれる高級食材として取り扱われています。

ほかにも、千葉県では「銚子つりきんめ」、高知県では「土佐沖どれキンメダイ」などの様々な名称でブランド化されているのが特徴です。

キンメダイとはどんな魚?

キンメダイを使った料理を目にしたり食べたりすることはあっても、キンメダイの生態や栄養価などを知らない場合も多いかもしれません。ここでは、キンメダイの生態や味・栄養価などについて解説します。

キンメダイの生態

キンメダイは肉食で、小魚や甲殻類・ゴカイ類などを主食としています。キンメダイの未成魚は水深100-250m、成魚は沖合の200-800mの深海に生息しています。深海は非常に暗いですが、キンメダイの目は少ない光の量でも獲物を見つけられる構造になっているのが特徴です。

産卵期は地域によって差はあるものの、6月~9月の場合が多く、一度に30~50万粒の卵を産んでいます。

キンメダイの味・見た目など特徴

キンメダイは、全く癖が無い食べやすい味わいをしており、脂の部分の甘みが強いのが特徴です。非常に良い出汁が出るため、汁物や煮物などに使用するのがおすすめの食べ方です。また、キンメダイは小骨が少ないため食べやすく、味も良いので高級魚として取り扱われています。

見た目は鮮やかな赤色をしているのが特徴で、大きいものでは50cmほどの大きさにまで成長します。暗い環境でも獲物が見えるように目の奥にタペータムと呼ばれる反射層があるため、目が金色に見えるのも大きな特徴と言えるでしょう。この金色の瞳が「金目鯛」の名前の語源となっています。

キンメダイの栄養価

キンメダイには、以下のような栄養素が含まれているのが特徴です。

・DHA(ドコサヘキサエン酸)
・EPA(エイコサペンタエン酸)
・タンパク質


キンメダイに含まれるDHAやEPAはオメガ3脂肪酸の一種で、人間の体内では合成できないため、食べ物から適宜補給する必要があります。DHAやEPAには、中性脂肪を低下させる効果や血液をサラサラにする効果があり、生活習慣病の予防にも役立つでしょう。

ほか、キンメダイにはタンパク質も豊富に含まれているのが特徴です。タンパク質は身体の筋肉や骨・髪・内臓・血液などを構成する重要な栄養素で、毎日食べ物から補給する必要があります。タンパク質は肉類にも多く含まれますが、キンメダイは肉類に比べて脂質が少なく低カロリーなので、ダイエット中のタンパク源としてもおすすめです。

キンメダイの選び方のポイントは?

キンメダイは時折スーパーなどで販売されていることがありますが、物によっては鮮度や保存状態が悪い場合があるので注意が必要です。ここでは、美味しいキンメダイを手に入れるための、選び方のポイントをいくつか紹介しましょう。

①目の透明度が高い

新鮮なキンメダイは、目の透明度が高くきれいなのが特徴です。また、目が金色に輝いているように見える場合も、鮮度が高い場合が多いでしょう。逆に、鮮度が低い場合や保存状態が悪い場合は、目の透明度が下がって濁ったように見えたり目が落ちくぼんだりします。

②皮と身の間に白い脂がある

キンメダイを切り身で購入する場合には、皮と身の間に白い脂があるかどうかを確認するのがおすすめです。白い脂の層があるものは身に脂がのっているため、甘みが強くくちどけも良いでしょう。また、身の部分が薄桃色をしているものも、さしが入っている美味しいキンメダイです。

③エラが赤色

出典:https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fish/kinme3.htm

キンメダイを丸ごと購入する場合には、エラが赤色をしているかどうかも確認しましょう。保存中に鮮度が落ちたキンメダイは、エラの色が黒色に変化していきます。エラの中の様子はエラブタを開けないと見えない場合もあるので、お店の人に頼んで見せてもらうのもおすすめです。

④体色が鮮やか

鮮度の高いキンメダイは、体色が鮮やかな赤色をしているのが特徴です。鮮度が落ちてくると、段々と体表が白っぽい色合いに変化していくので、白みがかったキンメダイはなるべく選ばない方が無難です。また、鮮度が高いキンメダイは色が鮮やかなだけでなく、体表に艶があります。目の状態なども併せて見ながら、状態の良いキンメダイを選ぶようにしましょう。

キンメダイのさばき方

キンメダイは以下の手順でさばきます。

【手順】
1.鱗落としを使って全体の鱗を落とす
2.包丁を使って細かい部分の鱗を落とす
3.腹を上側にして手でエラを開きながら、エラ先を切る
4.かま下から包丁を入れて尻の部分まで切る
5.エラをつかんで、内臓も一緒に取り除く
6.血合いに包丁を入れる
7.鱗と腹の中の血合いを水で良く洗い流し、水気を取る
8.胸ビレと腹ビレが頭側につくように、斜めに包丁を入れて中骨を切る
9.裏側にも同様に包丁を入れ、頭を切り離す
10.尾を左側にして、腹から中骨に沿って包丁を入れる
11.尾の手前に切り込みを入れる
12.半回転させ、背から中骨に沿って包丁を入れる
13.半回転させて、腹から中骨にかけて関節を切り、片身をはがす
14.裏返して、反対側も10~13までの手順を行う
15.はがした身に逆さ包丁を入れ、包丁をすき上げて腹骨をすく
16.皮一枚になったら包丁を立てて切る


煮付けや汁物などに使う場合は、頭の部分も美味しく食べることができるので、半分に割っておきましょう。また、上記の手順でさばいた身は、刺身で食べる場合には薄く切り、煮つけなどにする場合は適当な大きさに切り分けます。

キンメダイの旬の食べ方・レシピのおすすめ

旬の時期にキンメダイが手に入った時は、美味しく食べることができる色々な食べ方やレシピを試してみるのがおすすめです。ここでは、キンメダイの旬の味わいを活かせるレシピや、保存がきくレシピなどを紹介しましょう。

①刺身

出典:https://cookpad.com/recipe/163860

キンメダイの刺身は、脂が甘さ旨味を強く感じる、旬の時期におすすめの食べ方です。キンメダイをさばく際に出る肝やあらは捨てずに保存しておき、あら汁として味わうのも良いでしょう。

金目鯛の刺身 by ただっち 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

②金目鯛の醤油こうじ漬け

出典:https://cookpad.com/recipe/5430678

購入したキンメダイをすぐに食べられない場合などには、醤油こうじや味噌などに漬けておくと、保存期間が長くなります。しっかりと味が染みたキンメダイは、ご飯にもよく合うでしょう。

金目鯛の醤油こうじ漬け焼き by 赤紫芋介 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

③金目鯛のアクアパッツァ

出典:https://cookpad.com/recipe/6248775

キンメダイは、アクアパッツァのような洋風の料理にもよく合います。アクアパッツァは手間がかかるイメージがありますが、このレシピは電子レンジで簡単に調理できる、料理が苦手な方にもおすすめのレシピです。

レンジで簡単!金目鯛のアクアパッツァ by 東京愛らんど 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

④金目鯛しゃぶしゃぶ

出典:https://cookpad.com/recipe/6269746

新鮮なキンメダイが手に入った時は、しゃぶしゃぶにして食べるのもおすすめです。皮付きのまましゃぶしゃぶにすることで、適度に脂が落ちてさっぱりとした味わいを楽しむことができます。

金目鯛のしゃぶしゃぶ by HACK 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

⑤金目鯛の煮付け

出典:https://cookpad.com/recipe/6117229

キンメダイは、紹興酒やオイスターソース・ごま油を使用した中華風の味付けでも楽しむことができます。オイスターソースの代わりにナンプラーやバルサミコ酢を使うと、一味違った仕上がりになるでしょう。

金目鯛の中華風蒸し by akkey-y 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

キンメダイを旬の時期に美味しく食べよう

旬の時期に獲れるキンメダイは、旨味が強く甘みがあり、非常に美味しいのが特徴です。新鮮なキンメダイや脂ののったキンメダイには見た目に特徴があるので、見た目を良く観察してから購入するようにしましょう。

関連する記事