毛ガニの旬の時期・季節はいつ?種類で違う?選び方・栄養価や茹で方も紹介!

毛ガニの旬の時期を知っていますか?今回は、毛ガニの産地別の旬の時期・季節や、主な産地・生産量などを紹介します。ほかにも、毛ガニの選び方や栄養価のほか、さばき方・茹で方やレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 毛ガニの旬の時期はいつ?産地で違う?
  2. 毛ガニの旬の時期・季節は産地で違う
  3. 毛ガニの主産地・漁獲量
  4. 毛ガニとはどんなカニ?
  5. 毛ガニの生態・特徴
  6. 毛ガニの種類
  7. 毛ガニの選び方や栄養価は?
  8. 毛ガニの選び方のポイント
  9. 毛ガニの栄養価
  10. 毛ガニのさばき方
  11. 毛ガニの茹で方
  12. 毛ガニの旬の食べ方・レシピのおすすめ
  13. ①冷凍毛ガニの美味しい食べ方
  14. ②毛ガニの炙り
  15. ③毛ガニの味噌汁
  16. 毛ガニを旬の時期に美味しく食べよう

毛ガニの旬の時期はいつ?産地で違う?

高級食材として知られる毛ガニですが、なるべく美味しく食べるには旬の時期を知っておくことが大切です。ここでは、毛ガニの旬について、全国各地の産地による違いも含めて解説します。

毛ガニの旬の時期・季節は産地で違う

北海道から島根県まで広い地域で漁獲される毛ガニの漁期は産地によって違い、旬の時期も異なります。

・岩手県:12月~3月
・日高:12月~4月
・十勝・釧路:1月~3月
・オホーツク:4月~5月
・白老町沖:7月~8月


毛が二の漁期はそれぞれの漁場で決まっていますが、産地によって時期が異なるため、毛ガニは1年中どこかの漁場では獲られています。旬は漁場によって異なり、春先が旬となるのはオホーツク、夏は白老町、秋は北海道東岸、冬は十勝や岩手です。

ただし、最近では冷凍技術の進歩によって、旬の時期に漁獲して冷凍保存した毛ガ二を旬の時期を過ぎても食べることができます。

毛ガニの主産地・漁獲量

水揚げ量が多い北海道における2013年の年間水揚げ量は以下です。

1位:枝幸町/240トン
2位:稚内市/204トン
3位:えりも町/185トン
4位:雄武町/172トン
5位:根室市/125トン

毛ガニの漁期は漁場によって異なり、水揚げ量の順位も月によって変わりますが、最も年間の水揚げ量が多いのがオホーツク海に面した枝幸町です。上位5位には入っていませんが、北海道では函館や釧路・紋別も毛ガニの主産地であり、北海道以外では三陸市でも漁が行われています。

毛ガニとはどんなカニ?

旬の時期になるとテレビでも紹介されることも多い毛ガニですが、どのようなカニなのかは意外と知られていません。ここでは、毛ガニの生態や種類などについて解説します。

毛ガニの生態・特徴

毛ガニはベーリング海から朝鮮半島までの海域に生息するクリガニ科のカニです。日本では北海道周辺の他、茨城県までの太平洋沿岸と島根県までの日本海側の水深200メートルくらいまでの海底に生息しています。その名の通り全身が細かな毛で覆われており、足が短く胴体が大きいのが特徴です。

水揚げされる季節は各産地によって異なり、身質によって若がにや堅がにといった種類に分けられます。

毛ガニの種類

食用の毛ガニはオスのみですが、毛ガニの種類は身の入り具合によって以下のように分かれています。

・堅がに:身入り率90%以上
・若がに:身入り率60~90%

毛ガニは脱皮を繰り返し、若がにから身入りが良い堅がにへと成長します。身入り率が50%程度の毛ガニは脱皮がにとして取り扱われ、加工品の原料などに使わるほか、スーパーなどで訳あり品として販売されることもあります。

堅がにが最も身入り率が良いのでおすすめですが、若がにと堅がにの流通割合は産地や季節によって異なるので、時期によっては堅がにが見つからない場合もあるでしょう。

毛ガニの選び方や栄養価は?

毛ガニは値段が高めの食材なので、購入する際には美味しい毛がにを選びたいものです。ここでは、美味しい毛ガニを選ぶ上でのポイントや、含まれる栄養価について解説します。

毛ガニの選び方のポイント

毛ガニを選ぶ際には、以下のような特徴を持つ毛ガニを選ぶのがおすすめです。

・持った時にずっしり重い
・甲羅の長さが10cm程度のもの
・殻が固い
・いけすに置かれているもの
・旬の季節に買う


良い毛ガニは身がしっかりとつまっているので、持った時に重さを感じるものを選ぶことが大切です。ほかにも、身が詰まった堅がにであれば殻が固いので、殻の固さを比べて買うのも良いでしょう。なお、殻が柔らかい若がには脱皮の直後で栄養を新しい殻を作るのに使ってしまい、身がつまっていないのでなるべく避けるのがおすすめです。

また、毛ガニは冷凍物も多いですが、旬の時期の冷凍されていない毛ガニは身が詰まっていて味が良いのが特徴です。旬のものが手に入る場合には、できるだけ冷凍ではないものを選ぶと良いでしょう。ほか、いけすに置かれているものの方が鮮度が良いので、いけすがある店舗で購入するとより美味しい毛ガニが手に入る可能性があります。

毛ガニの栄養価

毛ガニには以下の栄養素が含まれています。

・ビタミンB12
・銅
・アミノ酸


水溶性ビタミンの一種であるビタミンB12は、神経や血液細胞の正常な働きやDNAの合成をサポートするほか、貧血を予防する働きを持っています。毛ガニにはミネラルの一種である銅も含まれていますが、胴は骨を作ったり、貧血の防止をする大切な栄養素です。ほか、アミノ酸は身体の筋肉を作り上げたり、疲労回復などに役立っています。

(*カニの栄養価・効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カニの栄養素と効能は?タンパク質が豊富?成分を逃さない調理法・食べ方を紹介!

毛ガニのさばき方

毛ガニのさばき方は以下のとおりです。

①ふんどしを外す
②足とツメを包丁で切る
③足を左右に開く
④甲羅と中身をはがす
⑤ガニを外す
⑥胴体を2つに切る
⑦カニみそをかき出す
⑧足の付け根に包丁を入れる
⑨縦に切り分ける


生の毛ガニをさばく際は、予め茹でておきましょう。ふんどしを外して足とツメを切った毛ガニは足を左右に開いてさばきますが、その際は足の内側に包丁を縦に入れると簡単です。また、甲羅と身を剥がすときは上下に手で割って剥がし、ガニは引きちぎって外します。

この時に外したガニは食べられないので捨てましょう。なお、上記の手順でさばくことで、最終的に甲羅と胴体は8つに切り分けられます。

毛ガニの茹で方

毛ガニの茹で方は以下のとおりです。

①毛ガニを洗って汚れや夾雑物を取り除く
②足を縛る
③大き目の鍋に水を沸騰させ塩を入れる
④甲羅を下にして毛ガニを入れる
⑤再沸騰したら弱火で15~20分茹でる


毛ガニの汚れがひどい場合は、ブラシなどを使って洗うと便利です。茹でる時は塩水を作りますが、その際は水に対して3~4%程度の濃度になるように塩を入れてください。なお、茹でている途中に差し水をすると、お湯の温度が下がって毛ガニが黒ずむのでやめましょう。

毛ガニの旬の食べ方・レシピのおすすめ

毛ガニはシンプルに茹でて食べるのも美味しいですが、他にも様々なアレンジ方法があります。ここでは旬の毛ガニの美味しい食べ方やレシピなどを紹介します。

①冷凍毛ガニの美味しい食べ方

出典:https://cookpad.com/recipe/5431804

冷凍の毛ガニを温かく食べたい方におすすめの食べ方です。冷凍カニは加熱するとパサついてしまうので、加熱のし過ぎには注意しましょう。

冷凍毛ガニの美味しい食べ方 by おぐまくみこ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

②毛ガニの炙り

出典:https://cookpad.com/recipe/5040057

毛ガニは時間が経つと臭いが気になってしまうことがありますが、甲羅を炙ることで臭みを除き、香ばしい香りを楽しむことができます。途中からは、身を蟹味噌につけながら食べるのも良いでしょう。

炙り毛ガニ by goihnfoas 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

③毛ガニの味噌汁

出典:https://cookpad.com/recipe/2073117

毛ガニが少しだけ余ってしまった時には、こちらのレシピを参考に毛ガニを味噌汁にして食べるのも良いでしょう。煮込む際には、甲羅や殻を入れると良い出汁が出て、ご飯にもよく合う味わいに仕上がります。

残ったかにの味噌汁 by Justforfun 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが334万品

毛ガニを旬の時期に美味しく食べよう

今では年中食べることができる毛ガニですが、旬の季節の毛ガニはよりその美味しさを楽しむことができます。毛ガニは色々な食べ方で味わうことができるので、旬の時期には毛ガニの美味しさを堪能してみましょう。

関連する記事

×