あぶらかれいとは?カレイと違いある?人気レシピ15選を調理法別に紹介!

あぶらかれいとはどんな魚か知っていますか?普通のカレイと違いあるのでしょうか?今回は、あぶらかれいの美味しい食べ方を〈焼き・煮物・フライ〉など調理法別に人気レシピ15選で紹介します。あぶらかれいを調理する際の注意点も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. あぶらかれいとは?普通のカレイと違いある?
  2. あぶらかれいは脂分を多く含むカレイ
  3. あぶらかれいの味わいは?まずい?
  4. あぶらかれいの美味しい食べ方は?調理法に注意?
  5. あぶらかれいに合う食べ方・調理法
  6. あぶらかれいを調理する際の注意点
  7. あぶらかれい【焼き調理】の人気レシピ!
  8. ①ムニエル
  9. ②バターソテー
  10. ③ホイル焼き
  11. ④洋風照り焼き
  12. ⑤塩焼き
  13. ➅カレーマヨチーズ焼き
  14. ⑦和風照り焼き
  15. あぶらかれい【煮物・煮付け】の人気レシピ!
  16. ①煮付け
  17. ②みぞれ煮
  18. ③エスニック風トマトクリーム煮
  19. ④あぶらかれいと根菜の煮物
  20. あぶらかれい【フライ・揚げ物】の人気レシピ!
  21. ①子供に人気のあぶらかれいの唐揚げ
  22. ②あんかけ
  23. ③あぶらかれいフライの梅ヨーグルトソースがけ
  24. ④フリッター
  25. あぶらかれいを美味しく調理しよう!

あぶらかれいとは?普通のカレイと違いある?

かれいの種類の中にあぶらかれいと呼ばれる種類がありますが、どのような魚でしょうか。ここではあぶらかれいの調理方法や、おすすめの料理を紹介します。まずはあぶらかれいの味わいや、特徴について見てみましょう。

あぶらかれいは脂分を多く含むカレイ

あぶらかれいは名前の通り脂分の多い魚であり、皮が薄く骨が柔らかいのが特徴です。たんぱく質を多く含み栄養価も高いため、ダイエット中や子供にもおすすめの魚と言えます。あまり聞き慣れないと思うかもしれませんが、寿司のえんがわはあぶらかれいのヒレの部分が使われています。

あぶらかれいの味わいは?まずい?

あぶらかれいは身が柔らかく白身魚ながら脂身が多いためコクを感じられる魚です。価格が安くさまざまな料理に適していますが、輸入であることがほとんどである分、臭みを感じることもあるようです。そのため洋風のしっかりした味付けがおすすめで、白ワインにも良く合います。

(*カレイの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

カレイの種類で美味しいのはどれ?値段・味や見分け方を比較!食べ方のおすすめも紹介!

あぶらかれいの美味しい食べ方は?調理法に注意?

あぶらかれいに向いている美味しい食べ方は、どのようなものがあるでしょうか。脂身の多い魚であることを踏まえて料理を考えると、初心者でも失敗しにくく、より美味しいあぶらかれいが食べられます。

あぶらかれいに合う食べ方・調理法

あぶらかれいを調理する場合は、以下の方法がおすすめです。

・フライ
・唐揚げ
・煮付け
・ムニエル


あぶらかれいは普通のかれいと調理方法はそれほど変わりませんが、皮が薄く骨が柔らかいといった特徴を生かしてフライやから揚げにすると、食べやすいのでおすすめです。煮付けでも美味しく食べられますが、次で説明する点を抑えて調理するようにしてください。

あぶらかれいを調理する際の注意点

あぶらかれいは普通のかれいに比べて脂身が多く、煮付けにすると脂身が溶けるため、調理するときは工夫が必要です。アルミホイルで落し蓋をしながらあぶらかれいを煮ると煮崩れしにくくなります。また、できるだけ短時間で煮付けるようにし、途中でひっくり返したりしないことも上手に作るポイントです。

味わいは少し変わってしまいますが、煮るときは一度焼くか揚げることでも、煮崩れしにくくなるので試してみてください。

あぶらかれい【焼き調理】の人気レシピ!

あぶらかれいを使用した、焼き調理のおすすめの人気レシピを紹介していきます。あぶらかれいは使用できる味付けの幅が広いため、あぶらかれいを食べたことがないなら、まずは手軽に作れる焼き調理で食べてみてください。

①ムニエル

関連する記事

×