バイ貝とは?食べ方は肝の毒に注意?旬・下処理の仕方〜レシピ・調理法まで紹介!

バイ貝の食べ方について知っていますか?今回は、バイ貝の下処理の仕方や、<毒・肝>に関する食べる際の注意点に加えて、調理法・レシピのおすすめも紹介します。バイ貝の旬の時期や、<黒バイ貝・白バイ貝>の種類なども紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バイ貝とは?
  2. バイ貝は巻貝の一種
  3. バイ貝の旬の時期
  4. バイ貝の種類は黒と白で分かれる
  5. バイ貝とつぶ貝の違いは殻の表面の凹凸
  6. バイ貝の下処理の仕方は?
  7. ①刺身の場合の下処理の仕方
  8. ②塩茹ででの下処理の仕方
  9. バイ貝の食べ方には要注意?毒がある?
  10. バイ貝の内臓・唾液腺には毒が含まれることがある
  11. バイ貝の肝はお刺身で食べれない
  12. バイ貝の美味しい食べ方は?
  13. ①お刺身にして食べる
  14. ②煮付けにして食べる
  15. ③蒸して食べる
  16. バイ貝の調理法・レシピのおすすめは?
  17. ①バイ貝の塩茹で
  18. ②バイ貝の煮付け
  19. ③バイ貝の酒蒸し
  20. ④バイ貝のにんにくバター醤油焼き
  21. ⑤バイ貝のチリソース
  22. ⑥バイ貝の湯引き刺し
  23. バイ貝を食べてみよう

バイ貝とは?

バイ貝と聞いても、耳なじみのない人も多いことでしょう。実は茹でるなどの下処理をしっかりすれば、刺身でも美味しいと評判です。ここではバイ貝とは何かについて、旬の時期や種類、つぶ貝との見分け方を交えて詳述します。

バイ貝は巻貝の一種

見た目がつぶ貝に似ているバイ貝は、巻貝に分類されます。日本では全国的に浅瀬に生息しており、刺身や煮付け、バター焼きなど様々な調理法で食べられています。貝と特有の甘みとコリコリした食感があり、磯の香りが強い肝も味が良く、貝が好きな人にはたまらない食材の一つです。

バイ貝の旬の時期

バイ貝は通年で流通していますが、旬は3~7月とされています。この時期のバイ貝は、煮付けや焼き物にすると美味しいようです。しかしバイ貝を美味しい刺身として食べたい場合は、秋から冬の時期がよいといわれています。

バイ貝の種類は黒と白で分かれる

バイ貝には黒と白の2種類があり、特徴や調理法が異なります。

・白バイ貝/一般的に流通している種類で、煮付けや刺身にして食べる
・黒バイ貝/料亭などに卸される高級品で、煮付けや酒蒸し、炊き込みご飯などに用いられる


中でも黒バイ貝は高級品であるものの、刺身で食べることはできません。バイ貝の刺身が食べたい時は、白バイ貝を選ぶようにしましょう。

バイ貝とつぶ貝の違いは殻の表面の凹凸

出典:https://twitter.com/yuka_hirano/status/1282603147936935936?s=20

バイ貝の見た目はつぶ貝によく似ており、地域によっては混在して販売されていることもあるそうです。しかし貝殻を比較すると、バイ貝の表面は丸くてなめらかとなっており、つぶ貝は縞状の凸凹が多くなっています。写真はバイ貝とつぶ貝が混在していますが、表面を見るとその違いは明らかです。

バイ貝の下処理の仕方は?

バイ貝を自宅で食べる時には、しっかり下処理する必要があります。また、調理法によって下処理の方法も異なるのです。ここでは、バイ貝の下処理方法を2つ紹介します。

①刺身の場合の下処理の仕方

バイ貝を刺身にする場合の下処理の仕方は、以下の通りです。

①包丁のみね部分などを利用して、バイ貝の殻を叩き割る
②バイ貝の身を取り出す
③身を水で洗って、殻の破片などを取り除く
④身と肝を切り離す
⑤身にある2つの突起に包丁で切れ目を入れる
⑥⑤から赤い管と唾液腺を取り出す
⑦⑥を塩でもみ洗いして、ぬめりをとる
⑧⑦を好みの厚さにスライスしたら出来上がり


バイ貝の唾液腺は身を半分にすると見えるようになり、白くて乱雑な形状なのですぐに見分けがつきます。簡単に手で取り除けるので、2つとも必ずとりましょう。

②塩茹ででの下処理の仕方

バイ貝を煮付けにしたい場合は、まず下処理として塩茹でする必要があります。バイ貝を塩茹でする下処理方法は、以下の通りです。

①たわしでバイ貝の殻表面の汚れを落とす
②鍋に海水程度の塩水をつくる
③②に①を入れて火にかける
④鍋にアルミホイルで蓋をして、10分ほど煮る
⑤10分経ったら煮汁を酢て、冷水で冷やす
⑥⑤から赤い管と唾液腺を取り出す

上記の手順で、下処理は終了となります。湯引きした刺身として、そのまま食べても美味しいので試してみましょう。

バイ貝の食べ方には要注意?毒がある?

バイ貝は様々な方法で美味しく調理できますが、食べ方には注意が必要です。その理由は、バイ貝が毒をもっており、中毒症状を引き起こしてしまう可能性が高いことで知られています。ここでは、バイ貝の食べ方の注意点を説明します。

バイ貝の内臓・唾液腺には毒が含まれることがある

バイ貝の内臓や唾液腺には、毒が含まれることがあります。そのため、唾液腺を食べたら唇がしびれる、視力が低下する、意識混濁になるなどの中毒症状が起こり、重症化するケースもあるようです。バイ貝の身の中に、乳白色や淡黄色の唾液腺が含まれていますので、下処理の際に必ず取り除きましょう。

バイ貝の肝はお刺身で食べれない

身は刺身で食べられますが、肝は上記の理由により生食はできません。必ず加熱調理する必要があるので、肝は煮付けたり、塩茹ででしっかり火を通してから食べましょう。

バイ貝の美味しい食べ方は?

バイ貝は調理法が多彩だと伝えましたが、どんなふうに食べると美味しいのかが気になる人もいることでしょう。ここでは、バイ貝の美味しい食べ方を3つ紹介します。

①お刺身にして食べる

新鮮なバイ貝はお刺身にするのがおすすめで、口に含むと貝特有の甘みが広がります。また、新鮮なバイ貝は身が引き締まっているので、コリコリした食感が楽しめます。

②煮付けにして食べる

バイ貝は煮付けにしても美味しいですが、その際は生姜を効かせて醤油と砂糖、みりんで煮るのが基本です。貝殻の中に直接調味料を入れて網焼きにすると、貝特有のぬめりも楽しめます。もちろん、ぬめりを取り除いてから、身だけを煮付けても美味しいです。

③蒸して食べる

バイ貝は日本酒や白ワインで蒸して食べても、美味しい食材です。バイ貝の甘みと磯の香りが、蒸すことでより引き出させるうえ、素材そのものの美味しさを実感できます。蒸した後に冷やすと、味が浸透してより美味になります。

バイ貝の調理法・レシピのおすすめは?

加熱調理が不可欠なバイ貝ですが、様々な調理方法で味わうことができます。ここでは、バイ貝を使ったおすすめのメニューを6つ紹介します。

①バイ貝の塩茹で

出典:https://cookpad.com/recipe/6254451

鍋にバイ貝と水、塩を加え、軽く茹でて食べるメニューです。バイ貝自体に塩味がついているので、好みで塩の量を加減した方が美味しく仕上がります。バイ貝そのものの味を楽しみたい人に、おすすめのレシピです。

つめばい貝の塩茹で by きょんこ@ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

②バイ貝の煮付け

出典:https://cookpad.com/recipe/6343952

圧力鍋を使って、短時間でバイ貝を柔らかく煮付けるメニューです。キレイに洗ったバイ貝と煮汁を圧力鍋に入れて、3分で仕上がります。このレシピでは市販のつゆに砂糖と水を加えるだけなので、味も決まりやすいようです。

「基本」ばい貝の煮付け(時短三分)圧力鍋 by 料理愛好家五郎左衛門 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

③バイ貝の酒蒸し

出典:https://cookpad.com/recipe/3765937

バイ貝は出汁がよく出るので、酒蒸しにしても美味しく食べられます。このレシピでは、日本酒を多めにして作っています。あさりの酒蒸しに飽きた時に、一味違うバイ貝で試してみると良いでしょう。

ばい貝酒蒸し by 蝶yuckey 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

④バイ貝のにんにくバター醤油焼き

出典:https://cookpad.com/recipe/6407373

塩茹でしたバイ貝の中身を取り出し、一口サイズに切ってからにんにくバター醤油で味付ける一品です。バーベキューなどで楽しむのもおすすめのレシピで、肝も一緒に焼くと味に深みが出るのでおすすめです。

BBQに!バイ貝のニンニクバター醤油焼き by mmammamm 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

⑤バイ貝のチリソース

出典:https://cookpad.com/recipe/6311657

バイ貝をアジアンテイストで食べたい時に、試してほしいメニューです。塩茹でする際にレモンの葉または生姜を加えておくのがポイントで、チリソースベースのタレに水きりしたバイ貝を加えて手早く炒めます。チリソースとバイ貝の相性は抜群です。

バイ貝チリソース味 by LyneVN☆JP 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

⑥バイ貝の湯引き刺し

出典:https://cookpad.com/recipe/6148217

バイ貝はキレイに洗ってから湯引きすることで、刺身でも食べられます。殻付きのまま塩茹でし、流水に浸けて冷ましてから身を外して食べやすい大きさに切り分けて下さい。山わさび醤油との相性がよく、茹で過ぎなければ食感も楽しめます。

白バイ貝(白梅貝)湯引き刺し by peacifist 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが340万品

バイ貝を食べてみよう

今回は、バイ貝の下処理の仕方や、毒・肝に関する食べる際の注意点に加えて、調理法・レシピのおすすめも紹介しました。毒は持っているものの家庭でも簡単に取り除けるので、その美味しさを楽しんでみてください。

関連する記事