ケンタッキーはチキンの部位を指定できる?注文の仕方とルールを紹介!

ケンタッキーで部位指定ができるか知っていますか?今回は、ケンタッキーのフライドチキンの部位別ランキングや部位指定する際の注文ルールを紹介します。好きな部位を食べられる食べ放題店についても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ケンタッキーで部位が選べるって本当?
  2. ケンタッキーの部位指定をリクエストすることはできる
  3. あくまでリクエストなので反映されない場合もある
  4. ケンタッキーフライドチキンの部位ランキング!
  5. 1位:サイ
  6. 2位:ドラム
  7. 3位:リブ
  8. 4位:ウィング
  9. 5位:キール
  10. ケンタッキーでチキンの部位指定をする際のルールは?
  11. ①部位による換算を把握する
  12. ②偏らせて注文しない
  13. ③特定の部位を除くことはできない
  14. ④混み合う時間帯は避ける
  15. ケンタッキーで部位を指定して注文する方法
  16. ケンタッキーで部位指定する際のコツ
  17. ①1、2本で注文してみる
  18. ②サイ以外の部位で指定する
  19. ③セットやパックで注文しない
  20. ケンタッキーの食べ放題店なら部位を好きなだけ食べられる!
  21. 食べ放題の料金・時間
  22. ケンタッキーの食べ放題店へ行った人の口コミ
  23. ケンタッキーの部位指定は常識の範囲内で

リブはあばらに当たる部位で、比較的あっさりとした部位です。骨が他の部位よりも多いので食べにくい印象がありますが、骨の周りの肉は旨味が多く、サイズも大きな部位なので食べ応えがあり人気も高いようです。皮もついていてジューシーに食べられるのもリブの人気の理由でしょう。

4位:ウィング

ウィングは鶏の手羽の部位で、少し尖っている部分や関節がある比較的小さめな部位です。手羽は動きが多く筋肉が発達した部分なので、他の部位に比べて肉質が引き締まっているのが特徴です。コラーゲンがたっぷりと含まれて脂が少なくヘルシーなので、女性に人気のある部位とされます。

しかし、ウィングは他の部位よりも比較的骨が多くサイズも大きくないので、食べる部分が少ないと感じる人もいるようです。

5位:キール

キールは鶏の胸肉に当たる部位で、楕円形のような形をしています。ウィングと同じようにキールもヘルシーで脂身が少ないのが特徴で、オリジナルチキンの中では最もあっさりしていると言えます。ささみ肉のような淡白な味わいがあるので、カロリーも他の部位よりも低いようです。骨が少ないのでほぼ全部食べられ、ドラムのように子供も食べやすいのも特徴です。

ケンタッキーでチキンの部位指定をする際のルールは?

5種類の部位があるオリジナルチキンの部位を指定して注文する際のルールは、どのようなものがあるのでしょうか。項目ごとに分けて解説していきます。

①部位による換算を把握する

フライドチキンの各部位は以下のように換算されます。

・ウィング:0.5
・リブ:1
・サイ:1.5
・ドラム:1
・キール:1


ウィングは他の部位と比べて小さめなので0.5本分と換算され、逆にサイは大きいので1.5本分と換算されるようです。前述した通り、ケンタッキーではどの利用者にも公平に商品が渡るように、このように数値で部位を分けています。

リブ、ドラム、キールはどれも1本なので、1本のみオリジナルチキンを注文する場合はこの3種類から好きなものをリクエストすると叶いやすいでしょう。

②偏らせて注文しない

特定の部位を偏らせて注文すると、他の利用客に均等にフライドチキンが提供できなくなるのでリクエストに応えにくくなります。また、希望の部位の本数指定も受け付けてはいないようです。他の利用客のことを配慮したリクエストであれば、応えてもらいやすくなるでしょう。

③特定の部位を除くことはできない

注文の偏りに加えて、ある特定の部位を除くこともケンタッキーは受け付けていません。こちらも他の項目と同じように、利用者の公平性を保つためです。多少の部位のリクエストは聞いてもらえることもありますが、明確な部位指定はリクエストが通りにくいと認識が必要です。

④混み合う時間帯は避ける

昼食や夕食の時間など、比較的利用客が混み合う時間は注文の量も増えます。そのような時に販売する部位を偏らせてしまうと、全ての利用客に公平にフライドチキンを提供できなくなるので、リクエストが叶わない場合が多いでしょう。店員も余裕を持って対応ができる、比較的空いている時間帯にリクエストするのがおすすめです。

ケンタッキーで部位を指定して注文する方法

関連する記事