ちくわは冷凍できる?保存方法や賞味期限は?解凍のコツや作り置きレシピのおすすめを紹介!

ちくわは冷凍で保存できるのでしょうか?今回は、ちくわを冷凍保存する方法や日持ち期間のほか、解凍のコツも紹介します。ちくわの賞味期限が切れた時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ちくわはそのまま冷凍保存できるの?
  2. ちくわは賞味期限が短く冷凍保存がおすすめ
  3. ちくわを冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  4. 冷凍での保存方法
  5. 保存期間
  6. 冷凍のちくわを解凍する方法は?
  7. ①凍ったまま調理する
  8. ②自然解凍する
  9. 冷凍ちくわが賞味期限切れた時の見分け方は?
  10. 賞味期限が切れたちくわの特徴
  11. ちくわの作り置きレシピ【お弁当のおかずOK】
  12. ①ちくわのカレー炒め
  13. ②ちくわの豚バラ巻き
  14. ③小松菜とちくわの玉子とじ
  15. ④ちくわの磯部炒め
  16. ⑤ピーマンとちくわのきんぴら
  17. ⑥ちくわと人参の塩きんぴら
  18. ⑦ちくわのツナチーズ詰め
  19. ⑧ちくわの磯辺揚げ
  20. ⑨ピーマンとちくわの味噌炒め
  21. ⑩枝豆ちくわ串
  22. ちくわを正しく保存して日持ちさせよう

ちくわはそのまま冷凍保存できるの?

ちくわは魚肉からできているのでヘルシーなうえ、安く買えるのでとても便利な食材ですが、冷凍保存をすることはできるのでしょうか?ここからは、ちくわが冷凍保存できるかどうかについて解説します。

ちくわは賞味期限が短く冷凍保存がおすすめ

ちくわは、未開封であれば冷蔵で1週間ほど保存できますが、一度開封してしまうと品質が落ちやすく2~3日で使い切らなければいけません。しかし、ちくわは冷凍しても味や食感をあまり損なうことなく使えるので、余ったちくわは冷凍保存するのがおすすめです。なお、未開封のちくわの場合にも袋のまま冷凍することができます。

ちくわを冷凍保存する方法・日持ち期間は?

ちくわを冷凍保存すると冷蔵保存よりも日持ちして便利ですが、実際にはどのような方法で冷凍すればよいのでしょうか。また、冷凍ではどれくらいの期間日持ちするのかも詳しく解説します。

冷凍での保存方法

ちくわを冷凍保存する際の手順は、以下の通りです。

【手順】
①ちくわを1本ずつラップで包む
②ラップで包んだちくわをフリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れる


ちくわは、保存中の酸化や乾燥・匂い移りを防ぐために1本ずつラップで包んでください。また、空気に触れる量を練るべく減らすためにも、フリーザーバッグを閉めるときは空気をしっかり抜きましょう。

なお、ちくわはあらかじめ使いたい大きさにカットしてから、一食分ずつラップで包んでフリーザーバッグに入れるのもおすすめです。あらかじめカットしておくことで調理の手間が省け、調理時間の短縮にも役立ちます。

保存期間

冷凍したちくわの保存期間は、3週間~1ヶ月ほどが目安です。冷蔵保存に比べて保存期間が非常に長くなるので、使い切れない時には早めに冷凍保存すると良いでしょう。ただし、冷凍保存中でも劣化や酸化は少しずつ進むので、料理する前には状態を確認してから使いましょう。また、解凍したちくわは傷みやすいので解凍後はすぐに使うようにしてください。

冷凍のちくわを解凍する方法は?

冷凍したちくわは、どのように解凍したらよいのでしょうか。ここでは、2つの解凍方法を紹介します。

①凍ったまま調理する

冷凍したちくわを炒め物や煮物などの加熱調理に使う場合は、凍ったまま調理することができます。特にカットしてから冷凍したちくわは、そのまま鍋やフライパンに入れて調理することができるので、非常に便利です。

なお、丸ごと冷凍したちくわをカットして使いたい場合は、冷凍庫から出して5~10分経てば半解凍状態になり切りやすくなります。固い状態のまま切ると手を怪我する場合があるので、少し解凍させてからカットするのがおすすめです。

②自然解凍する

冷凍したちくわは自然解凍をすることもできますが、その場合は冷蔵庫に数時間置いて自然解凍します。なお、常温で自然解凍すると温度にムラが生じやすく、雑菌などが増殖して傷む可能性が高くなるため止めましょう。

自然解凍したちくわは、味も食感もほぼ冷凍前の状態に戻るので、生で食べることもできます。ただし、自然解凍したちくわの再冷凍は、劣化や腐敗の可能性を高めるので止めてください。再冷凍しなくても済むように、解凍するときには使う分だけを解凍しましょう。

冷凍ちくわが賞味期限切れた時の見分け方は?

関連する記事