ピザ生地の保存方法は?冷凍・冷蔵で長持ち?日持ち期間や解凍のコツなど紹介!

ピザ生地の正しい保存方法を知っていますか?自宅で作ったピザ生地は、保存可能です。今回は、ピザ生地を〈冷蔵・冷凍〉で保存する方法や日持ち期間のほか、解凍方法も紹介します。ピザ生地の腐った時の見分け方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ピザ生地を保存するポイントは?
  2. ①保存しても早めに使い切る
  3. ②空気に触れさせないようにする
  4. ③冷凍はできる限り短時間で済ます
  5. ピザ生地を冷蔵保存する方法・日持ち期間は?
  6. 冷蔵での保存方法
  7. 保存期間
  8. ピザ生地を冷凍保存する方法・日持ち期間は?
  9. 冷凍での保存方法
  10. 保存期間
  11. 冷凍のピザ生地の解凍方法
  12. 焼いた後のピザ生地は冷凍保存できる?
  13. ピザ生地が腐った時の見分け方は?
  14. 腐ったピザ生地の特徴
  15. ピザ生地の美味しいレシピ
  16. ①マルゲリータ
  17. ②クリスピーピザ
  18. ③カルツォーネ
  19. ピザ生地を正しく保存して日持ちさせよう

ピザ生地を保存するポイントは?

最近は、ピザ生地作りにも対応するホームベーカリーが増えた影響もあり、自宅でピザ生地を手作りする人が増えています。ホームベーカリーでは生地を少量だけ作ることが難しく、使い切れない場合は保存する必要がありますが、保存する上でのポイントはあるのでしょうか。

①保存しても早めに使い切る

ピザ生地は、ホームベーカリーを利用して作った場合でも他の方法で作った場合でも、乾燥しやすい性質を持っています。そのため、冷蔵や冷凍で保存はできるものの、風味を損ねてしまわないためにも早めに使いきるのがおすすめです。

②空気に触れさせないようにする

ピザ生地は時間の経過と共に乾燥によって硬くなっていきます。乾燥を避けるためにも、ホームベーカリーで作ったピザ生地は、できるだけ空気に触れさせないことを意識しながら保存することが大事なポイントです。

③冷凍はできる限り短時間で済ます

手作りしたピザ生地は、風味を落とさないためにも、できるだけ短時間で冷凍するようにしましょう。ピザ生地に限らず、食材は急速冷凍することで品質劣化を防ぎ、解凍した時に風味を落とさずに済みます。

ピザ生地を冷蔵保存する方法・日持ち期間は?

ホームベーカリーなどで作ったピザ生地は、冷蔵保存することが可能です。ここでは、ピザ生地を冷蔵保存する方法と日持ちする期間について詳しく説明します。

冷蔵での保存方法

ピザ生地を冷蔵保存する方法は、以下の通りです。

①ピザ生地を1枚分ずつに分けて、丸くする
②清潔なふきんを水で濡らして、固く絞る
③①を②で包み、密閉容器またはジッパー付きの保存袋に入れる
④③を冷蔵庫にしまう


ピザ生地を作る際に天然酵母を使った場合には4~8℃、市販されているドライイーストを使用した際には2℃が、冷蔵保存に適した温度といわれています。そのため、温度が高めの野菜室ではなく、冷蔵庫に入れる方が適温を保って保存できるでしょう。

保存期間

ピザ生地を冷蔵した場合の保存期間は最長でも3日で、夏場はそれより短くなります。ピザ生地を翌日に食べる場合は冷蔵保存でかまいませんが、3日以上保存する可能性がある場合は冷凍保存がおすすめです。

ピザ生地を冷凍保存する方法・日持ち期間は?

手作りしたピザ生地は冷凍保存も可能で、冷凍することで、冷蔵保存した場合よりも日持ち期間をさらに延ばすことができます。ここでは、ピザ生地を冷凍保存する方法と保存期間について説明します。

冷凍での保存方法

関連する記事

×