しいたけは洗う?洗わない?必要性がある場合とは?味落ちしにくい洗い方も紹介!

しいたけは洗う・洗わないどっちが正しいのでしょうか?今回は、しいたけを洗わない理由・洗い方やゴミの取り方について紹介します。しいたけを洗わない方が良い場合や、しいたけ以外のきのこは洗うべきか否かも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. しいたけは洗う?洗わない?
  2. しいたけは洗わないで調理してOK
  3. しいたけを洗うデメリット
  4. しいたけは洗わないで良いが生で食べられるわけではない
  5. しいたけに汚れ・虫が付着している場合は?洗わない?
  6. しいたけについているゴミ・虫のみ払い落とす
  7. 払い落としても取れない場合は流水を部分的に当てる
  8. 「虫出し」といった塩水で洗う方法もある
  9. しいたけを洗わない方が良い場合とは?
  10. すぐに調理せずに常温・冷蔵庫で保存する場合は洗わない
  11. しいたけ以外のきのこも洗わない方が良い?
  12. なめこなど洗った方が良いきのこもある
  13. しいたけを食べる時は洗わないでOK

しいたけは洗う?洗わない?

焼いたり煮たりと、様々な料理に活躍するしいたけですが、料理をする前に洗う方が良いのでしょうか。ここからは、しいたけを洗うデメリットや生で食べられるのかどうかについても説明するので、しいたけを調理する際の参考にして下さい。

しいたけは洗わないで調理してOK

しいたけは、以下の理由から洗わないで調理することができます。

・栽培する時に農薬や土を使っていない
・衛生的な環境で栽培されている
・加熱調理を前提としている


しいたけの栽培方法には原木栽培と菌床栽培の2種類がありますが、どちらも農薬や土を使用しない栽培方法のため、特段洗う必要はないと言われています。また、基本的にしいたけは衛生的な環境で栽培されているため、洗わずに使用することができます。

ほか、しいたけは加熱調理を前提としている食材で、雑菌などが付着していても加熱によって殺菌されることも洗わずに調理できる理由となっているようです。

しいたけを洗うデメリット

しいたけを洗うデメリットは下記のような点があげられます。

・栄養が落ちる
・劣化が進みやすくなる
・味落ちする


しいたけは菌糸と呼ばれる水を吸いやすい構造を持っており、洗うことで風味や香りが落ちて劣化したり、賞味期限が短くなったりするため洗わないで調理した方が良いとされています。

また、しいたけにはレンチナンと呼ばれる免疫力を上げる効果がある成分やエリタデニンと呼ばれるコレステロールを減らす成分を中心に、良質な栄養素が多く含まれています。それらの栄養素の多くは水溶性なので洗うと流れ落ちてしまい、さらに旨味や風味も一緒に流出してしまうため、しいたけは極力洗わないようにしましょう。

しいたけは洗わないで良いが生で食べられるわけではない

洗わないで食べられるしいたけですが、生で食べて良いという訳ではありません。生でしいたけを食べた人の中には、しいたけ皮膚炎と呼ばれる蕁麻疹のような症状が出たケースもあると言われています。また、生のしいたけには様々な菌が存在することもあり、これらの雑菌が原因となり食中毒を起こす危険もあるので必ず加熱調理してから食べるようにして下さい。

しいたけに汚れ・虫が付着している場合は?洗わない?

しいたけは洗う必要がないことが分かりましたが、万が一しいたけに汚れや虫が付着していた場合はどうすれば良いのでしょうか。対処法をいくつか紹介するので、状況に応じて試してみて下さい。

しいたけについているゴミ・虫のみ払い落とす

原木栽培されているしいたけには、虫やゴミのほか、栽培の際に使用するおがくずなどが付着することがあります。これらを見つけた場合は、かさの部分を軽く叩いてゴミを落としてみましょう。

それでも取れない場合は、かたく絞ったふきんでゴミや虫を払い落としてみて下さい。水で洗うと旨味や栄養が逃げてしまいますが、このような汚れの取り方であれば旨味を逃さずにおいしくしいたけを味わうことが出来ます。

払い落としても取れない場合は流水を部分的に当てる

しいたけを叩いたり、かたく絞ったふきんで拭いても汚れが落ちない場合は、部分的に流水を当てても良いでしょう。ただし、先述したように水で洗うことで栄養や風味が損なわれるので極力使う水の量は少なくし、流水を当てた後は水分を拭き取るようにしましょう。

「虫出し」といった塩水で洗う方法もある

しいたけの栽培には農薬や土を使っていませんが、時おり虫がついている場合があります。この虫が気になる場合には、塩水でしいたけを洗う「虫出し」を実施してみましょう。虫出しは水1リットルに対し塩大さじ1~2を混ぜた塩水でしいたけを洗う方法で、特にしいたけの軸の付け根やかさの裏には汚れがたまりやすいので、その部分を重点的に洗うと汚れが落ちやすくなります。

塩水で洗うと隠れていた虫も出てくる上に、しいたけの細胞が締まるため、通常の水で洗うよりも栄養素が流れ出しづらくなります。なお、虫出しをし終えた生のしいたけはすぐに調理するようにしましょう。

(*しいたけの虫出しについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

しいたけについた虫の取り方は?ひだ・裏側でも確実に除去できる方法を紹介!

しいたけを洗わない方が良い場合とは?

しいたけに汚れや虫がついている場合は洗っても良いことが分かりましたが、しいたけは洗わない方が良い場合もあるのでしょうか。ここでは、しいたけを洗わない方が良い状況について紹介します。

すぐに調理せずに常温・冷蔵庫で保存する場合は洗わない

しいたけをすぐに調理せずに、常温や冷蔵庫で保存しておく場合は洗わないようにしましょう。洗うと風味や栄養素が落ちるだけでは無く、劣化が早くなり腐りやすくなってしまいます。

しいたけの最適な保存温度は0~2度と言われているため、極力常温保存は避けて冷蔵庫で保存するのがおすすめですです。冷蔵保存する場合は、パックからしいたけを出し、キッチンペーパーなどで水を拭き取った後にビニール袋に入れて置くと良いでしょう。

(*しいたけの保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

しいたけの白い粉はカビ?見分け方は?正しい保存方法や腐って食べられない状況など紹介!

しいたけ以外のきのこも洗わない方が良い?

しいたけは洗うと鮮度や栄養が落ちてしまうことが分かりましたが、しいたけ以外のきのこも洗わない方が良いのでしょうか。洗った方が良いきのことその理由について紹介します。

なめこなど洗った方が良いきのこもある

しいたけは洗わない方が良いですが、洗う方が良いきのこもあります。

・なめこ
・マッシュルーム
・生キクラゲ
・ハナビラタケ


なめこはぬめりの中に雑菌が混じり込んでいたり、ぬめりの部分の酸味が落ちて美味しくなる場合があるため、軽く洗ってから食べた方が良いとされています。そのほかにもマッシュルームを生食する場合にも、洗ってから食べることが推奨されています。なお、生キクラゲやハナビラタケは洗っても劣化することがあまり無いため、軽く洗ってから調理しましょう。

しいたけを食べる時は洗わないでOK

しいたけは生食は出来ませんが、食べるときには洗わない方が品質も落ちず、美味しく食べられる事が分かりました。汚れが気になりどうしても洗いたい場合は、かたく絞ったふきんで拭くか、虫出しをした上ですぐに食べましょう。煮ても焼いてもおいしいしいたけは、洗わずに栄養素や風味を残しながら堪能しましょう。

関連する記事