オクラは冷凍できる?保存方法や日持ち期間は?解凍法や活用レシピのおすすめを紹介!

オクラは冷凍保存できるか知っていますか?今回は、オクラの<冷蔵・冷凍>での保存方法・ポイントや、保存期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。オクラの賞味期限切れの見分け方や、冷凍オクラの活用レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. オクラの保存方法は?冷凍できる?
  2. オクラを長期間保存する場合は冷凍がおすすめ
  3. オクラは冷蔵でも保存できる
  4. オクラを冷凍保存する際のポイントは?
  5. ①下処理をしてガクを取り除いてから冷凍保存する
  6. ②小分けして冷凍保存する
  7. ③空気に触れないようにする
  8. ④急速冷凍する
  9. 生のオクラの冷凍での保存方法・期間は?
  10. 生のオクラを冷凍保存する方法
  11. 生のオクラの冷凍での賞味期限・保存期間
  12. 茹でたオクラの冷凍での保存方法・期間は?
  13. 茹でてからオクラを冷凍保存する方法
  14. 茹でたオクラの冷凍での賞味期限・保存期間
  15. 冷凍オクラの解凍方法は?
  16. ①冷蔵で自然解凍する
  17. ②冷凍オクラをそのまま加熱調理して解凍する
  18. 生のオクラの冷蔵での保存方法・期間は?
  19. ①ポリ袋を使って生のオクラを冷蔵保存する方法
  20. ②瓶を使って生のオクラを冷蔵保存する方法
  21. オクラの冷蔵での賞味期限・保存期間
  22. 茹でたオクラは冷蔵保存に向いていない
  23. オクラの賞味期限切れの見分け方は?
  24. オクラの賞味期限切れの特徴
  25. 冷凍オクラの活用レシピ・使い方のおすすめ
  26. ①冷凍オクラのおひたし
  27. ②冷凍オクラの酢の物
  28. ③冷凍オクラのナムル
  29. ④納豆とオクラのネバネバ素麺
  30. ⑤冷凍オクラの味噌汁
  31. ⑥冷凍オクラのスープ
  32. ⑦冷凍オクラのパスタ
  33. オクラは冷凍保存がおすすめ

オクラの保存方法は?冷凍できる?

夏が旬のオクラは栄養価が高く様々な料理に使われますが、保存方法にはどのようなものがあるのでしょうか?冷凍保存が可能なのかどうかも併せて解説します。

オクラを長期間保存する場合は冷凍がおすすめ

オクラは乾燥に弱く傷みやすい食材で、しばらく冷蔵庫に入れておくと低温障害を起こして黒く変色してしまうため、冷蔵庫での保存にはあまり向いていません。長期間保存するのであれば冷凍保存がおすすめで、生の状態でも茹でてからでも冷凍することができます。詳しい方法は後述するので、参考にしてみてください。

オクラは冷蔵でも保存できる

前述した通りオクラは基本的には冷蔵保存には不向きな食材ですが、4.5日程度の短期間であれば冷蔵庫で保存することも可能です。オクラは寒さに弱く傷みやすいので、冷蔵庫で保存するにはいくつかポイントがあります。オクラの詳しい冷蔵保存の方法についても後述するので参考にしてください。

オクラを冷凍保存する際のポイントは?

オクラを長期間保存するには、冷凍庫での保存が適していることは分かりましたが、ここではどんなポイントに気を付ければ良いのかを見てみましょう。

①下処理をしてガクを取り除いてから冷凍保存する

オクラは以下の手順で下処理してから冷凍保存します。

【方法・手順】
①オクラをまな板の上に置き塩ひとつまみをまぶして、手のひらを使って転がす
②ヘタの先を切り落として、ガクの部分の皮をむく
③2~3本ずつラップでくるんで、ジッパーバッグなどの保存袋へ入れる


オクラは保存方法に関わらず、下処理をしっかりすることが美味しく食べるポイントです。塩をまぶして転がし板ずりをすることで、オクラについている産毛を取ることができて口当たりが良くなり色鮮やかに仕上がります。ヘタを大きくカットしてしまうと下茹での際に中に水分が入って食感が悪くため、先端だけを切り落とすように気を付けて下さい。

なお、ガクの部分はとても固いので、予めむいておくと食べやすくなります。

②小分けして冷凍保存する

オクラを冷凍保存するときは、小分けにしてから保存しましょう。一度で使う分ずつ小分けにしておくことで、使用時は必要な分だけ取り出せば良いので、調理の際にもとても便利です。なお、一度解凍したオクラを再冷凍することは、食感や風味が落ちてしまうためおすすめしません。

また、再冷凍は雑菌も増えやすくなるため、食中毒防止の観点からも行わない方が無難です。一度解凍してしまった分は、出来る限り一度で使い切るようにしましょう。

③空気に触れないようにする

オクラを冷凍保存する際の大事なポイントの一つは、空気に触れないように冷凍することです。保存袋などに空気が入っていると冷凍速度が遅くなって後述する急速冷凍ができなくなるだけでなく、保存中に酸化して鮮度が落ちてしまいます。

ラップで包む際もしっかりと密着させるようにし、保存袋にオクラを入れた後は、しっかり空気を抜き密閉してから冷凍庫に入れるようにしましょう。

④急速冷凍する

オクラを冷凍保存する場合は、急速冷凍することがポイントです。食品は凍る過程で中の水分が氷の結晶になって膨張し、それによって細胞が破壊されることで食感や風味が劣化してしまいます。この劣化の原因である氷の結晶が最も大きくなる-5℃~-1℃の間の温度のことを、最大氷結晶生成温度帯といいます。

この温度帯にとどまる時間を出来る限り短くして急速冷凍することが、食材の劣化を防ぎ美味しく冷凍保存する上では大切です。急速冷凍するためにも、冷蔵庫の急速冷凍機能を活用するか、熱伝導率の高い金属トレイなどに保存袋に入れたオクラを乗せて平らにして冷凍しましょう。

生のオクラの冷凍での保存方法・期間は?

オクラは生のままでも茹でてからでも冷凍保存が可能です。ここからは、オクラを生の状態で冷凍保存する場合の保存方法と、保存期間を解説します。

生のオクラを冷凍保存する方法

生のオクラを冷凍保存する際の方法と手順です。

【方法・手順】
①オクラに塩をまぶし板ずりして産毛を取る
②オクラのヘタの先とガクを取り除く
③使う分ずつ小分けにしてラップに包む
④保存袋に平らに入れて密閉し冷凍庫へ入れる


先述したように、オクラは必ず下処理をしてから冷凍保存します。金属トレイを使って急速冷凍したい場合は、オクラの入った保存袋をトレイに乗せて冷凍庫に入れ、完全に凍った後にトレイを取り出しましょう。

生のオクラの冷凍での賞味期限・保存期間

正しい方法で冷凍した生のオクラは、約1ヵ月保存が可能になります。生のオクラの下処理を済ませてから冷凍しておけば、炒め物や煮物のような加熱調理にそのまま使うことができてとても便利です。

茹でたオクラの冷凍での保存方法・期間は?

オクラは生だけではなく、茹でてから冷凍保存することも可能です。どのような方法で保存するのか、保存期間も併せて紹介します。

茹でてからオクラを冷凍保存する方法

オクラを茹でてから冷凍保存する方法と手順です。

【方法・手順】
①オクラに塩をまぶし板ずりをして産毛を取る
②オクラのヘタの先とガクを取り除く
③沸騰したお湯にオクラを入れて10秒~15秒くぐらせる
④ザルにあげて粗熱を取る
⑤保存袋に平らに入れて密閉し冷凍庫へ入れる


オクラは茹で過ぎるとすぐに柔らかくなり、食感が悪くなって美味しくないので茹で時間には注意しましょう。茹で加減が難しいようであれば、電子レンジで40秒温めても下茹でした場合と同じ状態になります。なお、茹で上がった後に水にさらすと水っぽい仕上がりになり美味しくないので、さらさずに冷凍することがコツです。

また、茹でたオクラはスライスしてから冷凍することも可能です。その場合は、粗熱が取れたオクラを好みのサイズにカットし、少量ずつ小分けにしてラップに包んで冷凍保存してください。

茹でたオクラの冷凍での賞味期限・保存期間

茹でたオクラは生のオクラと同じく、3週間から1ヵ月程度が保存期間の目安です。ただし、長期保存が可能とは言え、出来るだけ早いうちに食べる方が鮮度も高く美味しい状態で食べられるでしょう。

冷凍オクラの解凍方法は?

長期保存のために冷凍保存したオクラは、どのようにして解凍すれば良いのでしょうか。解凍方法をポイントも挙げながら解説します。

①冷蔵で自然解凍する

冷凍保存したオクラは、以下の手順で冷蔵庫で自然解凍することができます。

【方法・手順】
①冷凍庫から必要な分のオクラを取り出す
②冷蔵庫に移し解凍する


冷蔵での自然解凍は、数時間程度で解凍可能です。解凍しすぎると水分が出てカットしにくいので、カットする場合は少し凍った状態で冷蔵庫から取り出した方が良いでしょう。常温での自然解凍も可能ですが、夏場は解凍中に傷んでしまう場合があるので、なるべく冷蔵での自然解凍をおすすめします。

②冷凍オクラをそのまま加熱調理して解凍する

冷凍オクラをそのまま加熱調理で解凍する方法と手順です。

【方法・手順】
①冷凍庫から必要な分のオクラを取り出す
②調理の最後にフライパンや鍋などへ冷凍のまま入れる


炒め物や煮物・汁物など、加熱調理に冷凍オクラを使う時は、解凍せずに冷凍のまま使うと良いでしょう。冷凍オクラをそのまま使っても、食感や風味を保ったまま美味しく食べることができます。なお、加熱調理に使うことが分かっている場合は、冷凍する前に予めカットしておくと調理の手間も省けて便利です。

生のオクラの冷蔵での保存方法・期間は?

オクラは温かい場所を好む野菜なので、寒さに弱く冷蔵保存には不向きです。前述した通り数日であれば冷蔵保存することも可能ですが、その場合は正しい方法を理解しておくことが大切です。ここでは、生のオクラを冷蔵保存する際の方法や、保存期間を紹介します。

①ポリ袋を使って生のオクラを冷蔵保存する方法

生のオクラをポリ袋を使って冷蔵保存する場合の方法と手順です。

【方法・手順】
①オクラが冷気に触れないように新聞紙やキッチンペーパーで包む
②ポリ袋に入れて軽く口を閉め冷蔵庫の野菜室へ入れる


オクラは温度が低いと低温障害を起こしてしまいやすいため、冷蔵庫で保存する場合は温度が高めの野菜室での保存が適しています。ポリ袋は湿度の維持に役立ちますが、口をしっかり閉めてしまうとオクラから出る水分で蒸れて傷みやすくなってしまいます。ポリ袋に入れて冷蔵保存する際は、密閉してしまわないように気を付けて下さい。

②瓶を使って生のオクラを冷蔵保存する方法

生のオクラを瓶を使って冷蔵保存する場合の方法と手順です。

【方法・手順】
①オクラが縦に入るサイズの瓶を用意する
②瓶の底から5ミリくらいの水を入れる
③オクラのヘタを下にして水に浸ける
④瓶の蓋を閉じて冷蔵庫の野菜室へ入れる


瓶が無ければグラスなどでも代用ができます。また、瓶の蓋が無い場合はラップを活用して口を閉じておきましょう。なお、水は傷みやすいので毎日換えるようにしてください。

オクラの冷蔵での賞味期限・保存期間

生のオクラを上記の方法で冷蔵保存した場合、4~5日は保存することが可能です。鮮度が良く状態が良いオクラであれば、1週間程日持ちすることもあります。ただし、保存期間が長くなると鮮度が落ちて味や食感も徐々に悪くなっていくので、すぐに使わない場合は早めに冷凍保存しましょう。

茹でたオクラは冷蔵保存に向いていない

生のオクラは冷蔵で数日程度であれば保存ができますが、一度茹でてしまったオクラは水分を多く含み傷みやすいため、冷蔵保存には不向きです。1~2日以内にすぐに食べるようにするか、冷凍保存するようにしましょう。

オクラの賞味期限切れの見分け方は?

日持ちはあまりしないオクラですが、賞味期限が切れてしまうとどのような特徴がで出るのでしょうか。見分け方の特徴を見てみましょう。

オクラの賞味期限切れの特徴

オクラの賞味期限が切れたオクラの特徴としては、以下のようなものがあります。

【特徴】
・全体がしなびている
・表面が黒く変色している
・中が茶色い
・種が黒くなっている
・表面が白く膜を張っている
・カビが生えている
・切る前から柔らかく粘りが出ている
・腐った臭いがする


上記のような特徴が出ているオクラは、傷んでしまっている可能性が高いので食べないようにして下さい。新鮮なオクラは張りがあってみずみずしく、色鮮やかです。旬の食材は出来るだけ新鮮なうちに美味しく食べるようにしましょう。

(*オクラの賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

オクラの賞味期限は?腐るとどうなる?冷凍・冷蔵庫で日持ちする保存法も解説!

冷凍オクラの活用レシピ・使い方のおすすめ

冷凍保存したオクラの活用レシピです。こちらのレシピを参考にして、冷凍オクラを美味しく食べて下さいね。

①冷凍オクラのおひたし

出典:https://oceans-nadia.com/user/43558/recipe/166951

茹でて冷凍保存したオクラだと柔らかく、生で冷凍保存したオクラだと歯ごたえを楽しめるレシピです。カットせずに1本丸ごとそのまま調理でき、火も使わないレシピなので忙しい日の食事作りにも便利でしょう。

冷凍オクラの凍ったまま中華風おひたし by 冷凍王子❄︎西川剛史 | 【Nadia | ナディア】レシピサイト - おいしいあの人のレシピ

②冷凍オクラの酢の物

出典:https://cookpad.com/recipe/2309173

きゅうりで作ることが多い酢の物をオクラに置き換えたレシピです。夏バテ気味の暑い夏にもさっぱり食べられ、色々な薬味を加えてアレンジしてみても美味しいでしょう。

☆簡単10分☆冷凍オクラ&わかめの酢の物 by Lilly_Ange 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

③冷凍オクラのナムル

出典:https://oishi-kenko.com/recipes/16454

カットして冷凍しておいたオクラを、調味料と合わせるだけで簡単にできるナムルです。オクラは栄養価も高く胃の粘膜を保護する働きもあるので、お酒のおつまみとしてもおすすめです。

冷凍オクラのナムル by おいしい健康 - 管理栄養士監修のレシピ検索・献立作成:おいしい健康 - 糖尿病

④納豆とオクラのネバネバ素麺

出典:https://cookpad.com/recipe/6387948

オクラに納豆となめこといった粘り気のある食材を合わせた、暑い夏にぴったりの素麺のレシピです。カットして冷凍したオクラを、解凍せずにそのまま入れても冷たくて美味しく仕上がります。

暑い夏に!納豆とオクラのネバネバ素麺 by TOKYOmii+ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

⑤冷凍オクラの味噌汁

出典:https://cookpad.com/recipe/6066919

味噌汁などの汁物は、予めカットしておいた冷凍オクラを解凍せずそのまま使用できるのでとても便利です。オクラの粘りが味噌汁にとろみをつけて、独特の食感を楽しめるでしょう。

即完成:オクラの味噌汁〜(o˘◡˘o)♡ by もぐもぐ人 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

⑥冷凍オクラのスープ

出典:https://cookpad.com/recipe/1193794

味噌汁と同じく、カットして冷凍したオクラをそのまま入れるだけで完成するスープのレシピです。オクラはスープに入れてから煮込みすぎると食感が変わってしまい美味しくないので、仕上がる直前に入れるようにしてください。

冷凍オクラと卵のスープ by のび猫 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

⑦冷凍オクラのパスタ

出典:https://cookpad.com/recipe/2154241

オクラと納豆の粘りが特徴的なパスタのレシピです。オクラの粘りに含まれている水溶性食物繊維は、糖質を吸収しにくくする働きがあるので、パスタなど糖質の高い食材と合わせて摂ると良いでしょう。

何故に店にない!激うまオクラ納豆豆腐スパ by トース党 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

オクラは冷凍保存がおすすめ

夏が旬のオクラは値段も比較的安く、様々な料理に活用できる便利な食材ですが、冷蔵保存では日持ちしないので冷凍保存するのがおすすめです。オクラがたくさん手に入った時は、今回の記事を参考に冷凍保存を活用して美味しく食べて下さいね。

関連する記事