ニョッキとは?食べ方やレシピのおすすめは?茹で方や時間の目安についても紹介!

ニョッキとはどんな食材か知っていますか?今回は、ニョッキの名前の意味や作り方に加えて、茹で方・ポイントを紹介します。ニョッキの食べ方・レシピや、市販商品のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。ニョッキを知り、おいしく味わいましょう。

目次

  1. ニョッキとは?
  2. ニョッキとは潰したじゃがいもなどで作られるパスタ
  3. 「ニョッキ」の名前の意味
  4. ニョッキの形
  5. ニョッキの作り方
  6. 材料
  7. 作り方・手順
  8. ニョッキの茹で方は?
  9. ニョッキの茹で時間
  10. お湯に対して1%の塩を入れる
  11. ニョッキの食べ方・ソースレシピのおすすめ
  12. ①きのこクリームソースのニョッキ
  13. ②トマトソースのニョッキ
  14. ③チーズソースのニョッキ
  15. ④ニョッキグラタン
  16. ⑤ニョッキのミネストローネ
  17. ニョッキの市販商品のおすすめ
  18. ①ディチェコ ポテトニョッキ
  19. ②アントニオアマート じゃがいものニョッキ
  20. ③カスティリオーニ じゃがいものニョッキ
  21. ④フラテッリ・バッタリオーニ ニョッキ
  22. ニョッキを食べてみよう

ニョッキとは?

おしゃれなイメージがあるニョッキですが、そもそもニョッキとは何なのでしょうか。ニョッキの定義や名前の意味、形について説明します。これを機にニョッキについての理解を深めましょう。

ニョッキとは潰したじゃがいもなどで作られるパスタ

ニョッキとは、イタリア発祥の潰したじゃがいもやほうれん草、チーズ、かぼちゃなどを混ぜて作られるパスタの事を指します。かつては、小麦粉などを使用して作られることが主流でしたが、アメリカからイタリアにじゃがいもが伝来してからはじゃがいもで作られることが多くなりました。

「ニョッキ」の名前の意味

ニョッキという名前は塊を意味します。また、ニョッキの独特の形が木目に似ていることから、ゲルマン語で木の節目を意味するノッカに由来するという説もあります。ニョッキという言葉は複数形で、単数形にするとニョッカですが、他のパスタ同様単数形で呼ばれる事は極めて希です。

ニョッキの形

ニョッキはパスタですが、他のパスタのように細長い形では無く、団子状になっているのが特徴です。じゃがいもをこねて作るので茹でても崩れにくい形にする必要があったため、団子状になったと考えられています。他のパスタに比べて手作りするのも簡単です。

ニョッキの作り方

ニョッキを自宅で手作りしたいと思った場合、どのような材料や手順で作れば良いのでしょうか。ニョッキの作り方について動画を交えて紹介します。この機会にニョッキの作り方を覚えましょう。

材料

【材料】(4~5人前)
・ゴーダチーズ:20g
・ジャガイモ:500g
・強力粉:150g
・卵黄:1個
・塩:少々
・米粉:打ち粉として使用

作り方・手順

【作り方・手順】
1, ゴーダチーズは固形の場合はすりおろしておく
2, 熱した蒸し器にじゃがいもを丸ごと入れて、竹串が通るくらい柔らかくふかす
3, ふかしたじゃがいもの皮をむいたあと、マッシャーでつぶす
4, ゴーダチーズ、ジャガイモ、強力粉、卵黄、塩をよく混ぜてからこねる
5, ある程度こねて塊になったら、米粉を打ち粉にして、なでるように形を整える
6, まとまったら、タネを4等分にした後細長く伸ばし、一口大に切る
7,一口大に切ったものに更に打ち粉をした後、フォークなどでスジを付ける

ニョッキの茹で方は?

ニョッキを美味しく茹でるためにはどのくらいの時間で茹でたら良いのでしょうか。また、茹でるお湯の特徴についても紹介します。正しいニョッキの茹で方を覚え、より美味しくニョッキを堪能しましょう。

ニョッキの茹で時間

関連する記事