クレープの冷凍での保存方法・期間は?生地だけ・生クリーム入り別に日持ちのコツなど紹介!

クレープは冷凍保存できるか知っていますか?今回は、クレープの<生クリーム入り・生地だけ>での冷凍保存の方法・ポイントや、保存期間の目安に加えて解凍方法を紹介します。クレープの賞味期限切れの見分け方や、冷凍クレープの活用レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. クレープの冷凍保存の方法は?
  2. クレープ(生クリーム入り)は冷凍で保存できる
  3. クレープ生地だけで冷凍保存するのがおすすめ
  4. クレープ(生クリーム入り)の冷凍での保存方法・期間は?
  5. クレープ(生クリーム入り)を冷凍保存する方法
  6. ポイント①空気に触れないようにする
  7. ポイント②急速冷凍する
  8. クレープ(生クリーム入り)の冷凍での賞味期限・保存期間
  9. クレープ生地の冷凍での保存方法は?
  10. クレープの生地を冷凍保存する方法
  11. クレープ生地の冷凍保存での賞味期限・保存期間
  12. 冷凍したクレープの解凍方法は?
  13. 冷蔵で自然解凍する
  14. クレープの賞味期限が切れた時の見分け方は?
  15. 賞味期限が切れたクレープの特徴
  16. クレープは冷凍保存がおすすめ

クレープの冷凍保存の方法は?

手作りクレープを一度にたくさん作ってストックしておきたい場合や、買ったクレープを食べきれない時などは、冷凍保存ができれば日持ち期間が長くなるので便利です。ここでは、クレープを冷凍保存できるかどうか解説します。

クレープ(生クリーム入り)は冷凍で保存できる

クレープには生クリームが入っていることが多く、この生クリームの賞味期限は短いので、冷蔵でも1~2日ほどしか日持ちしません。しかし、クレープ生地やホイップした生クリームはいずれも冷凍保存することができるので、生クリーム入りのクレープも冷凍保存が可能です。

クレープにはフルーツが入っていることもありますが、フルーツは冷凍してから解凍すると水分が出て食感が悪くなってしまうので、フルーツを入れたまま冷凍するのは避けた方が良いでしょう。

(*生クリームの賞味期限や冷凍での保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

生クリームの賞味期限は?切れても未開封なら大丈夫?日持ちする保存方法など紹介!
生クリームは冷凍保存できる?液体そのままはNG?賞味期限や解凍のコツなども紹介!

クレープ生地だけで冷凍保存するのがおすすめ

生クリームは冷凍保存可能ではありますが、生クリームはクレープ生地に比べると、冷凍や解凍をした際に風味や食感が変わりやすくなります。解凍した後により美味しくクレープを食べるためには、クレープ生地に生クリームは入れず、クレープ生地だけで冷凍保存したものを使って新たにクレープを作る方がおすすめです。

クレープ(生クリーム入り)の冷凍での保存方法・期間は?

生クリーム入りのクレープを冷凍保存するにはどのようにすれば良いのでしょうか。また、冷凍でどれくらい日持ちするのかも解説します。

クレープ(生クリーム入り)を冷凍保存する方法

生クリーム入りのクレープの美味しさをできるだけ保って冷凍保存する方法は、以下の通りです。

【手順】
1.空気が入らないようにクレープをラップで包む
2.包んだクレープをフリーザーバッグに入れる
3.冷凍庫に入れる


クレープが2つ以上ある場合は、1つずつラップで包みます。また、雑菌の繁殖を防ぎ長く保存するためにも、上記の作業は清潔な手で行いましょう。なお、クレープの美味しさを保ちながら保存するポイントをこの後紹介するので参考にしてください。

ポイント①空気に触れないようにする

冷凍保存中にクレープが空気に触れている状態だと、酸化や乾燥が起き風味が損なわれてしまいます。それらを防ぐために、クレープをラップで包むときは、空気が入らないようにぴっちり包むのがポイントです。フリーザーバッグを閉める時にも、中の空気をできるだけ抜きましょう。

ポイント②急速冷凍する

冷凍保存で美味しさを損なわないためには、素早く冷凍することが重要です。そのためには、クレープを冷凍庫に入れるときに冷凍庫の温度設定を「強」にしたり、クレープを入れる場所の下に熱伝導の良い金属トレーやアルミを敷くことが有効です。

また、冷凍するものの厚みはなるべく薄い方が良いので、円錐型など厚みのあるクレープは、手で押さえて薄くすると早く凍らせることができます。

クレープ(生クリーム入り)の冷凍での賞味期限・保存期間

関連する記事

×