ロースカツとヒレカツの違いとは?柔らかさ・カロリー・値段など比較して紹介!

ロースカツとヒレカツの違いを知っていますか?今回は、〈柔らかさ・カロリー・栄養価・値段〉などロースカツとヒレカツで違いを比較して紹介します。ロースカツの作り方や人気レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ロース・ヒレって何が違うの?
  2. ロースカツとは?ヒレカツとの違いは?
  3. ①脂の量
  4. ②味わい・柔らかさ
  5. ③部位
  6. ④カロリー・栄養価
  7. ⑤値段
  8. とんかつは「ロースカツ」「ヒレカツ」どっちがいい?
  9. ロースカツがおすすめな人
  10. ヒレカツがおすすめな人
  11. ロースカツの作り方・人気レシピ
  12. バッター液を使ったロースカツ
  13. ヒレカツの作り方・人気レシピ
  14. 厚めのヒレカツ
  15. ロースカツ・ヒレカツの好きな方を食べてみよう

ロース・ヒレって何が違うの?

とんかつ店では、とんかつのメニューにロースカツとヒレカツがあることが多いですが、ロース肉とヒレ肉とでは一体何が違うのか分からない場合もあるかもしれません。ロース肉とヒレ肉とでは全く味わいが異なるので、自分の好みのとんかつを食べるためにはこれらの違いを知っておくことが大切です。ここからはロースカツとヒレカツの違いについて解説します。

ロースカツとは?ヒレカツとの違いは?

ロースカツとヒレカツにはいくつかの違いがあります。ここではロースカツとヒレカツの違いについて、脂の量や味、肉の柔らかさなどの観点から説明します。

①脂の量

ロース肉とヒレ肉では、含まれている脂の量が違います。豚ロースはロースと肩ロースに分かれますが、とんかつの場合はお腹側にあるロースを厚めに切って使うことが多いです。この部分のロースは肩ロースより脂身が多く、旨味が凝縮されています。

一方のヒレ肉は赤身肉なので、脂が少なくなっています。これはヒレ肉は豚の体の中心近くにある部位で、筋肉量が多いからです。このような部位による脂の差が、とんかつにした時のカロリーや味にも大きく影響します。

②味わい・柔らかさ

ロースカツは脂身を残したままとんかつにしているので、脂の甘みがあってジューシーな味わいです。特に脂身の端の方に肉の旨味が凝縮されており、サクサクした衣との相性も抜群です。また、ロース肉は赤身に適度にさしが入っているので、肉質のきめ細かさも感じられるでしょう。

一方のヒレカツは脂身が少ない分あっさりと仕上がり、高級部位だけあって肉質はロースカツより柔らかいです。豚一頭につき、わずか1kgしかとれない希少部位でもあり、とんかつやソテーがよく合う肉です。

③部位

出典:https://www.zennoh.or.jp/anshin-top/anshin-report/anshin-systems/ja-kitanihon-tikusan/point.html

ロースカツとヒレカツとでは、使っている肉の部位が違います。ロース肉は豚の肩から腰までの背中の部分をさし、赤身に適度な脂がついているのが特徴で、豚肉ではヒレ肉に次いで上質とされています。

一方のヒレ肉は豚の大腰筋を使っており、少量しかとれない部位です。筋肉量が多い部位であることから、きめ細かく柔らかくなっています。

④カロリー・栄養価

カロリー 脂質
豚ロース 263kcal 19g
豚ヒレ 115kcal 2g
牛ロース(肩) 240kcal 17g
牛ヒレ 133kcal 5g


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

上記は100g当たりのカロリーと脂質となっています。豚ロースが最もカロリーも脂質量も高く、逆に豚ヒレはいずれも最も低いことがわかります。ヘルシーと言われることが多い牛ヒレ肉と比べても豚ヒレ肉は低カロリー・低脂肪なので、ダイエット中の人は豚ヒレ肉を選ぶことをおすすめします。

⑤値段

国産豚のロース肉とヒレカツの100グラムあたりの単価は、以下の通りです。

・ロース肉/205円前後
・ヒレ肉/240円前後


ヒレ肉は希少部位であることから、ロース肉より値段が高くなっています。同じロース肉でも肩ロース肉になると100グラムあたりの単価は173円前後まで下がります。なお、豚肉は原産国やブランドなどで値段が大きく変わるので、上記はあくまでも目安にしてください。

とんかつは「ロースカツ」「ヒレカツ」どっちがいい?

とんかつにする際にロース肉とヒレ肉のどちらが良いかは、意見が分かれるところです。ここではロースカツとヒレカツがおすすめなのは、それぞれどんな人かについて説明します。

ロースカツがおすすめな人

ロースカツがおすすめなのは、食べ応えのあるとんかつを求めている人です。ロースカツには脂身がのっているのでジューシーで、お肉もヒレカツに比べて硬めなので噛み応えがあります。お肉を食べた実感をしっかりと味わいたいなら、ロースカツの方がよいでしょう。

一方でロースカツはお肉の脂身と揚げた衣の相乗効果で、カロリーは高くなります。さらにご飯が進むメニューでもあるので、高カロリーでも気にしない人はロースカツを食べるのがおすすめです。

ヒレカツがおすすめな人

ヒレカツがおすすめなのは、揚げ物が苦手な人やダイエット中の人です。ヒレカツは揚げ物ではあるものの、赤身肉なので比較的あっさりとしています。また、肉質が柔らかいので、小さな子どもや歯が悪い人でも噛みきりやすいのがメリットです。

とんかつの中ではヒレカツは低カロリーなので、ダイエット中の人はロースカツよりヒレカツを選ぶことをおすすめします。よりカロリーオフしたい場合は油で揚げるのではなく、衣をつけてオーブンで焼くなどの方法を用いるとよいでしょう。

ロースカツの作り方・人気レシピ

ロースカツを美味しく食べたいなら、人気レシピを真似してみるのがおすすめです。ここでは、ロースカツの作り方でも人気の高い方法を紹介します。

バッター液を使ったロースカツ

出典:https://cookpad.com/recipe/6360428

卵と水と薄力粉を溶いたバッター液にロース肉をくぐらせて、パン粉をつけて揚げるレシピです。バッター液を使うことで衣が剥がれにくくなり、きれいに仕上がります。さらに調理の過程で手が汚れにくく、パン粉の食感がサクサクに仕上がるのもメリットです。

【楽ちんバッター液で!】基本のトンカツ by まいこ飯キッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

ヒレカツの作り方・人気レシピ

ヒレ肉にも様々な厚みのものがあるので、コツをつかんで美味しく調理したいところです。ここでは、ここでは、ヒレカツの作り方でも人気の高い方法を紹介します。

厚めのヒレカツ

出典:https://cookpad.com/recipe/6414061

厚さ3cmのヒレ肉を、柔らかいとんかつに仕上げるレシピです。叩いたヒレ肉を一晩牛乳に漬けておくことで、ジューシーなヒレカツに仕上がります。時間がない時は、2~3時間だけでも牛乳に漬けると口当たりが変わるので試してみてください。

やわらかヒレカツ★超極厚!!! by shitereka 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

ロースカツ・ヒレカツの好きな方を食べてみよう

今回は、ロースカツとヒレカツの違いを、柔らかさ・カロリー・栄養価・値段などの面から比較して紹介しました。ロースカツとヒレカツは、様々な点で違いがありますが、どちらを好むかは人それぞれです。好みや健康などを考慮しながら、自分の好きな方を選んで食べましょう。

関連する記事