根室名物「エスカロップ」とは?名前の意味や歴史は?作り方・レシピも紹介!

エスカロップとはどんな料理か知っていますか?エスカロップは人によってはあまりなじみがない料理ですが、今回は、エスカロップの〈名前の意味・歴史・味・種類〉などを紹介します。エスカロップの作り方・レシピについても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. エスカロップとは?
  2. エスカロップとは根室の郷土料理
  3. 「エスカロップ」の名前の意味や歴史
  4. エスカロップの味
  5. エスカロップの変遷と種類
  6. エスカロップの日本への伝承と変化
  7. ①白エスカ
  8. ②赤エスカ
  9. エスカロップのレシピ・作り方は?
  10. 材料
  11. 作り方・手順
  12. エスカロップを食べてみよう

エスカロップとは?

エスカロップとは、その言葉だけを聞いても良く分からない人が多いかもしれません。エスカロップは料理名ですが、ここではまずエスカロップはどのような料理か、その名前の意味や歴史などにも触れながら解説します。

エスカロップとは根室の郷土料理

エスカロップとは、北海道根室のB級グルメとして地元民や観光客に人気があるワンプレート料理です。バターライスの上にデミグラスソースのかかったカツが乗り、付け合わせに野菜サラダやポテトサラダが添えられています。安い上にボリュームがあるので、子供から大人まで幅広い年代から人気のあるメニューです。

根室のレストランや喫茶店にはメニューの一つとしてエスカロップが必ずと言っていいほどあり、コンビニでもエスカロップが販売されているなど手軽に味わうことができます。お店によってはカツがエビフライにアレンジされているところもあります。

(*デミグラスソースについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

デミグラスソースとは?名前の意味や材料・作り方は?使い方や活用レシピなども紹介!

「エスカロップ」の名前の意味や歴史

エスカロップは、漁師たちの「早くおなかいっぱいになれるメニューが食べたい」という希望を叶えるために、昭和38年ごろに根室市の洋食店が考案したメニューです。早く食べるためにフォークだけで食べ、箸やスプーンは使わないのが本来の食べ方です。

北海道に詳しくない人であれば聞きなれないエスカロップという名前ですが、フランス語で薄切り肉を意味するエスカロープが語源になったと言われています。近年では、イベントなどの出店でカツの代わりに根室でよく獲れるさんまを載せられたエスカロップが提供されることもあるようです。

エスカロップの味

エスカロップのバターライスの中にはたけのこが刻まれたものが入っています。バターライスにたけのこの組み合わせは珍しいですが、たけのこの歯ごたえを楽しめるのが特徴です。カツとデミグラスソースの組み合わせも非常においしく、発売当初から根室市民のソウルフードとして親しまれています。

エスカロップの変遷と種類

エスカロップは道民の間ではエスカと呼ばれており、赤エスカと白エスカの2種類あります。どのようにして赤と白に区別されているのか、どうやって根室のソウルフードとして根付いたのか見ていきましょう。

エスカロップの日本への伝承と変化

エスカロップは薄切り肉を使ったフランスの古典料理の一つです。このエスカロップは明治時代に日本に伝わったとされ、そこから段々と変化し、戦前には今のエスカロップに近い形でレストランで提供されていたようです。かつては仔牛肉や鶏肉を揚げたものにデミグラスソースをかけた状態で食べられていました。

北海道で食べられ始めた当初も仔牛肉を使っていましたが、やがて低価格で手に入りやすいということからとんかつに変わり、今の形が定着しました。さらにバターライスの具は、当時はマッシュルームでしたが、現在ではたけのこに変わるなど様々な変化を遂げています。

①白エスカ

カツの下のご飯がバターライスのものは白エスカと呼ばれますが、現在はこちらがメジャーで、根室のレストランで食べられるものもほとんどが白エスカです。お店によってはたけのこ入りのバターライスではなく、ベーコンや玉ねぎの入ったピラフで出しているところもあります。

②赤エスカ

エスカロップの販売が開始された当初は、カツの下にはナポリタンが敷かれていました。これがやがて変化していき、ケチャップライスになったものを現在では赤エスカと呼んでいます。

しかし、ケチャップライスよりもバターライスの方が人気だったようで、現在ではバターライスを使った白エスカの方が定着していきました。現在赤エスカを提供しているお店は少ないようです。

エスカロップのレシピ・作り方は?

根室のソウルフード、エスカロップは北海道に行かなくても自宅で作ることが出来ます。ここでは、エスカロップの詳しい作り方を紹介するので、ぜひ挑戦してみてください。

材料

【2人分】

〈バターライス〉
・ごはんお茶碗 2杯
・たけのこ水煮
・バター 大さじ1
・ニンニク 1/2カケ


〈カツ〉
・豚肉(トンカツ用)2枚
・パン粉 適量
・小麦粉 適量
・卵 1個
・塩 少々
・こしょう 少々
・サラダ油 適量
・デミグラスソース 適量

作り方・手順

エスカロップを作る手順は以下の通りです。

1、豚肉をめん棒などで叩き薄くする
2、塩コショウで味付けしたら、小麦粉、卵、パン粉の順番につけて油で揚げる
3、たけのこ水煮とニンニクは細かく切る
4、ニンニクを熱した油で香りが出るまで炒め、たけのこ水煮も入れる
5、ご飯とバター、塩コショウも入れ炒める
6、バターライスの上にカツを載せ、デミグラスソースをかけたら完成


エスカロップは薄い豚肉で作ったカツを乗せるのが本来のレシピなので、家庭で作る際も薄く伸ばしましょう。そうすることで火も通りやすく生焼けの心配もありません。豚肉は筋を切っておくと油で揚げても縮まずきれいに仕上がります。なお、たけのこ水煮がない際は玉ねぎでも代用は可能で、市販のデミグラスソースを使うことでより手軽に作れます。

このレシピは白エスカの作り方ですが、バターライスをケチャップライス変えれば赤エスカにアレンジ可能です。

エスカロップを食べてみよう

北海道ならではの料理であるエスカロップとはどのような料理か、名前の由来や作り方などを紹介しました。エスカロップの歴史は古く、根室市内ではエスカロップを提供しているレストランはたくさんあるので、北海道に行った際にはぜひ食べてみてください。

関連する記事