台湾スイーツ「豆花」とは?味や食べ方は?作り方・アレンジレシピについても紹介!

豆花とはどんな食べ物か知っていますか?豆花は台湾では定番のスイーツですが、今回は、豆花の発祥や味・食感に加えて、杏仁豆腐との違いや食べ方についても紹介します。豆花の作り方や人気アレンジレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豆花(ドゥファ)とは?
  2. 豆花とは豆乳を硫酸カルシウムで固めた台湾のスイーツ
  3. 豆花の発祥
  4. 豆花の味・食感
  5. 豆花のカロリー
  6. 豆花と杏仁豆腐の違いは?
  7. 豆花と杏仁豆腐の違いは固め方
  8. 豆花の食べ方は?地方によって違う?
  9. ①華南地方の食べ方
  10. ②中国西南地方の食べ方
  11. 豆花の作り方は?
  12. 材料
  13. 作り方・手順
  14. 豆花の人気アレンジレシピ
  15. ①抹茶の豆花
  16. ②生姜の豆花
  17. ③黒ゴマの豆花
  18. 豆花を食べてみよう

豆花(ドゥファ)とは?

豆花は台湾では代表的なスイーツで、近年では日本でも話題になっていますが、どのようなスイーツかをくわしく説明できる人は少ないかもしれません。ここでは、豆花とはどのようなスイーツなのか、その発祥や食感、味の特徴などを詳しく紹介します。

豆花とは豆乳を硫酸カルシウムで固めた台湾のスイーツ

豆花は「トウファ」「ドウファ」「ドウホワ」などのいくつかの読み方がある台湾のスイーツで、豆乳を硫酸カルシウム(石膏)で固めて作られています。台湾では硫酸カルシウムを使って固めるのが主流ですが、日本の家庭で豆花を作る際にはゼラチンや寒天など手に入りやすいもので代用されることが多いです。

豆花の発祥

豆花は台湾の代表的なスイーツとして知られていますが、発祥は中国で、香港や他のアジアの地域でも食べられています。豆花の由来には三つの説があり、一つ目は漢の時代の皇族・学者であった劉安が不老長寿の薬を作ろうとしていた時に、偶然石膏に豆乳が触れて固まったことが始まりという説です。

二つ目は洪水によって塩分を多く含んだ地中で柔らかくなった大豆を使って豆腐を作ったのが豆花の由来とされる説、三つ目は病気だった劉安の母のために漢方薬の石膏と豆乳を合わせて豆腐を作ったことが由来になったとされる説です。

豆花の味・食感

豆花は豆腐を更に柔らかくしたようなとろりとした食感とのど越しの良い滑らかさがあり、豆乳の原料である大豆特有の甘味を感じる優しい味わいが特徴です。豆花の上にピーナッツや白玉・フルーツを乗せ、黒蜜などのシロップなどのトッピングをして食べられることが多いです。

豆花のカロリー

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
豆花(1人前:135g) 77kcal 7g 4%

※1日の摂取量は成人男性の目安です。

豆花は原料が豆乳であるため、スイーツの中では比較的低カロリーです。ただし、豆花はそのままで食べずにフルーツやシロップをトッピングすることが多いので、実際に食べる時のカロリーは上記よりは高くなるでしょう。ダイエット中に豆花を食べる際にはトッピングの種類や量にも注意することが大切です。

豆花と杏仁豆腐の違いは?

saturdaynightmarket_hmmtさんの投稿
120202196 360707918439546 5825888840402451176 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

杏仁豆腐は日本でも食べられることの多い馴染み深いスイーツですが、豆花と見た目がよく似ています。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

豆花と杏仁豆腐の違いは固め方

豆花と杏仁豆腐の違いの一つは固め方の違いで、豆花は硫酸カルシウムを使って固めているのに対し、杏仁豆腐は寒天を使って固めています。なお、豆腐も豆花や杏仁豆腐と少し見た目が似ていますが、豆腐は「にがり」と呼ばれる塩化マグネシウムを使用して固めています。

また、豆花と杏仁豆腐では原料にも違いがあり、豆花が大豆を原料としているのに対して杏仁豆腐はあんずの実の種子の胚乳部分である杏仁が原料です。

豆花の食べ方は?地方によって違う?

アジアを中心に食べられている豆花ですが、食べ方にはどのような特徴があるのでしょうか。豆花が食べられている地方でも、食べ方に違いがあるのかどうかも併せて紹介します。

①華南地方の食べ方

中国南部の華南地方や香港・台湾では、甘みを加えた食べ方をすることが多いです。豆花に黒蜜などの甘いシロップをかけ、さらにフルーツやあんこなどを乗せて甘みを加えて食べるのが一般的です。なお、夏には冷たく冬には温めて食べる特徴があります。

②中国西南地方の食べ方

中国西南地方では、中国南部とは対照的に辛味を加えた食べ方をするのが特徴です。豆花に辛い調味料をかけ、ご飯と一緒に食べるので、スイーツと言うよりは料理の一つとして親しまれているようです。

豆花の作り方は?

豆乳から作る豆花の作り方や手順を、材料や動画とともに紹介します。シンプルな材料で手軽に作ることができるのでぜひ挑戦してみて下さい。

材料

(2人分)
・豆乳 300ml
・粉ゼラチン 5g
・きび砂糖 小さじ1
・水 25ml

作り方・手順

豆花の作り方は以下のようになります。

【作り方・手順】
1.粉ゼラチンを水でふやかしておく
2.鍋に豆乳ときび砂糖を入れ弱火にかける
3.60度になったら火を止め、ふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜる
4.タッパーなどに移し粗熱を取ってから冷蔵庫へで冷やし固める


こちらのレシピではきび砂糖を使っていますが、はちみつなどでも代用できます。粉ゼラチンはメーカーによって使い方に違いがあるので、パッケージに表記されている使い方をするように注意してください。仕上がった豆花に好みのフルーツやシロップを合わせて食べるのがおすすめです。

豆乳の独特の味わいが苦手な人は、豆乳の代わりに調整豆乳と牛乳を半分ずつにしたもので作ると食べやすくなります。本格的な味を楽しみたい人は、大豆の香りが強い無調整豆乳を使うと良いでしょう。

豆花の人気アレンジレシピ

豆花は素朴な味わいなので、様々なバリエーションを楽しむことができるスイーツです。おすすめのアレンジレシピを紹介するので、色々な食べ方を試してみてください。

①抹茶の豆花

出典:https://cookpad.com/recipe/3835673

豆乳に抹茶を加えて小豆をトッピングした、和風な味わいを楽しめる豆花のレシピです。好みで黒蜜ときな粉をかけるのも良いでしょう。

和風豆花抹茶 by さん屁ぇです 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが338万品

②生姜の豆花

出典:https://oceans-nadia.com/user/13780/recipe/368748

こちらは冬の寒い時期におすすめの、温かい豆花のレシピです。体を温める効果があると言われる生姜とジャスミンティーを使っているので、冷え性の方にもおすすめです。

豆花のジンジャージャスミンシロップ by 神田えり子 | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

③黒ゴマの豆花

出典:https://oishi-kenko.com/recipes/16097

黒ごまと豆乳の豆花を二層に重ねた、白と黒のグラデーションがきれいな豆花です。黒ごまと蜂蜜のコクが、豆乳の優しい風味とよく合う仕上がりになっています。

ごま豆花 by 糖尿病いきいきレシピコンテスト - 管理栄養士監修のレシピ検索・献立作成:おいしい健康 - 糖尿病

豆花を食べてみよう

豆花は豆乳の優しい味わいを楽しむことが出来る、ヘルシーなスイーツです。市販のものもありますが、家庭でもシンプルな材料で作ることができ、好みに合わせて色々なトッピングをすることもできるのでぜひ手作りして食べてみて下さい。

関連する記事