焼き鳥の温め方のコツは?レンジ・トースター・フライパン別にふっくら温め直す方法を紹介!

焼き鳥の美味しい温め方を知っていますか?今回は、焼き鳥を上手な温め直し方を〈オーブン・電子レンジ・フライパン〉別に紹介します。〈酒・クッキングシート〉など焼き鳥をふっくらさせる温め方のポイントも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 焼き鳥を美味しく温める方法はある?
  2. 焼き鳥をふっくらさせる温め方のコツは?
  3. ①酒を使う
  4. ②クッキングシートで包み水分を逃さない
  5. ③時間をかけて温めなおす
  6. 焼き鳥の温め直し方①フライパン
  7. ①アルミホイルを使う温め方
  8. ②クッキングシートを使う温め方
  9. 焼き鳥の温め直し方②オーブントースター
  10. 焼き鳥の温め直し方③電子レンジ
  11. 缶詰の焼き鳥の温め方は?
  12. ①湯煎する
  13. ②皿に出してレンジで温める
  14. 焼き鳥の温め方をマスターしよう

焼き鳥を美味しく温める方法はある?

年齢を問わず人気のある惣菜の一つに、焼き鳥があります。焼き鳥はファミマなどのコンビニエンスストアのホットスナックであれば温かい状態で購入できますが、スーパーの冷蔵コーナーで売られているものは温め直しが必要です。ここでは、自宅で焼き鳥を美味しくできる温め方を紹介します。

焼き鳥をふっくらさせる温め方のコツは?

焼き鳥を温めなおすなら、より美味しくなる方法を取り入れるのがおすすめです。ここでは、焼き鳥をふっくらさせることができる、温め方のコツを3つ紹介します。

①酒を使う

焼き鳥をふっくらさせる温め方のコツの一つに、日本酒をかけることがあります。日本酒の効果で加熱しても焼き鳥の身がパサパサになるのを防げます。ただし、焼き鳥を加熱してから日本酒を振りかけると身から水分が蒸発してしまうので、順番を間違えないよう配慮してください。

②クッキングシートで包み水分を逃さない

特に電子レンジでの焼き鳥を温める場合は、クッキングシートで包んでから温め直しましょう。ラップで包んだ状態で電子レンジで温めると、水分が蒸発して水っぽい仕上がりになりがちです。しかしクッキングシートで包んでおけば、適度に水分を逃がしながら温められるので、身がふっくらした状態に温まります。

③時間をかけて温めなおす

焼き鳥をふっくらと風味豊かにする温め方に、トースターを使って時間をかけて加熱する方法があります。ただし、トースターはその熱で串が焦げる可能性が高いため、アルミホイルを使用するのが基本です。場合によっては、温める前に日本酒を振っておきましょう。

焼き鳥の温め直し方①フライパン

手軽な焼き鳥の温め方に、フライパンを使うものがあります。この方法を覚えておくと、キャンプやバーベキューの時にも便利です。ここでは、フライパンを使って焼き鳥を温める方法を2つ紹介します。

①アルミホイルを使う温め方

1つ目は、フライパンにのせる前に焼き鳥全体をアルミホイルで包んでから加熱する方法です。焼き鳥全体をアルミホイルで覆うことで水分の逃げ場をなくし、身をふっくらさせることができる温め方です。この場合も日本酒を振ってから加熱する方が、美味しく仕上がります。

②クッキングシートを使う温め方

2つ目は焼き鳥全体をクッキングシートで包んだうえで、フライパンで温める方法です。クッキングシートが余分な水分を吸収しながらも、蒸し焼きの状態を作り上げます。適度に水分が逃げる余地があるので、アルミホイルに比べて仕上がりが水っぽくなりません。

焼き鳥の温め直し方②オーブントースター

関連する記事

調理法・ハウツーのアクセスランキング

人気のある記事ランキング