魚へんの漢字の一覧表!名前の由来・読み方・覚え方とともに紹介!

魚へんの漢字をどれくらい知っていますか?普段目にする中で読めそうで読めない漢字などもあるのではないでしょうか。今回は、魚へんの漢字を〈魚介類の名前・名前以外〉別に合計100個以上紹介します。魚へんの漢字の覚え方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 「魚へん」の漢字はどれくらいある?
  2. ①あ行
  3. ②か行
  4. ③さ行
  5. ④た行
  6. ⑤な行
  7. ⑥は行
  8. ⑦ま行
  9. ⑧や行
  10. ⑨ら行
  11. ⑩わ行
  12. 「魚へん」の漢字と覚え方【魚の名前以外】
  13. 「魚へん」の漢字はたくさんある

「魚へん」の漢字はどれくらいある?

日本では寿司店やレストラン、鮮魚売り場などの場所で多くの種類の魚を見る機会があります。多くの魚は魚へんの漢字一文字で表されますが、魚へんの漢字はどれくらいあるのでしょうか?覚えるのも難しく、由来も様々な魚へんの漢字について解説します。

①あ行

漢字 読み方
あさり
あじ
あゆ
𩺊 あら
あわび
あわび、ふぐ
あん
いか
いか
いさざ
いしもち
いるか
いわし
いわし
いわな
うぐい
うつぼ、ごまめ
うなぎ
えい
えい
えそ
えび
えび
おおぼら
おこぜ


【覚え方】
・鯏(あさり):汁に焼き物にあさりは「利」用方法を選ぶのも難しい
・鯵(あじ):あじの旬は旧暦の「参」(さん)月
・鮎(あゆ):あゆは秋を「占」う魚
・𩺊(あら):魚へんに「荒」(あら)だから𩺊
・鮑(あわび):鮑の由来は堅い殻に「包」まれている
・鰒(あわび):海鮮バイキングであわびを食べすぎ「腹」が痛い
・鮟(あん):あんは魚へんに「安」(あん)
・鰂(いか):いか塩辛は酒の肴の反「則」技
・鰞(いか):いかは烏(からす)も大好物
・魦(いさざ);琵琶湖固有種のいさざは知る人も「少」ない
・鯆(いるか):いるかを「捕」まえるのは難しい
・鰯(いわし):いわしは腐敗に「弱」い(傷みやすい)魚
・鰛(いわし):いわしは「温」い場所に放置するとすぐ傷む保存が難しい魚
・鮇(いわな):いわなは酒の肴にぴったりなので、そのおいしさは「未」成年にはわからない
・鯎(うぐい):うぐいは環境に「成」れる魚(淡水魚だが海水にもすむ)
・鰻(うなぎ):お昼にはうなぎを食べたと自「慢」する
・鰕(えび):「暇」なえび
・魵(えび):魚とえびを「分」ける
・鮱(おおぼら):おおぼら吹きの「老」人はさかなも喰わない(扱いが難しい)

(*アワビやイカの漢字表記について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

アワビの漢字<鮑・蚫・鰒>の意味や由来は?魚へん・虫へんで分かれる理由も解説!
イカの漢字「烏賊」の由来・語源とは?なぜ烏(カラス)?魚へん1文字での書き方も紹介!

②か行

漢字 読み方
かいらぎ
かじか
かじか
かつお
かます
かれい
かれい
かわはぎ
きす
くじら
こい
こち
こち、まて
このしろ
このしろ
このしろ
このしろ
ごり


【覚え方】
・鰄(かいらぎ):他国の「威」嚇に屈する傀儡(かいらい)政権
・鰍(かじか):かじかを「秋」に食べるのは難しい(旬は冬)
・鮖(かじか):かじかは「石」がごろごろする淡水で一生を過ごす
・鰹(かつお):かつおで作った鰹節は「堅」い
・魳(かます):頭がない(思慮のない)「市」長に苦言を打ち噛ます(ぶちかます)
・鰈(かれい):かれいは「蝶」のようにひらべったい
・魪(かれい):華麗(かれい)な彼女を紹「介」する
・鮍(かわはぎ):「皮」(かわ)をはぐからかわはぎ
・鱚(きす):きす(キス)して「喜」ぶ
・鯨(くじら):くじらの大きさは桁違いの単位である「京」ほどだ
・鯉(こい):こいの字は「里」にすむ魚が由来
・鯒(こち):こちらのシューズは「マ」ラソン「用」です
・鮲(こち):こちこちになって平「伏」する
・鮗(このしろ):このしろの旬は冬(11月~2月)
・鰶(このしろ):このしろは昔から「祭」の魚として使われていた
・鯯(このしろ):謀反を恐れこの城(しろ)の増築は「制」限された
・鮴(ごり):ダジャレはこりごり「休」み休みに言ってくれ

③さ行

漢字 読み方
さけ
さけ
さば
さめ
さわら
しいら
しいら
しゃち
すけとうだら
すずき
すばしり


【覚え方】
・鮭(さけ):さけは魚へんに「圭」(けい)
・鮏(さけ):さけは北国の川で「生」まれる
・鯖(さば):さばは背中が「青」い魚、さば読むなんて「青」二才
・鮫(さめ):さめとは海で「交」流したくない
・鰆(さわら):魚へんの字の由来は旬に関連するものも多い、さわらの旬は「春」
・鱪(しいら):しいらの旬は「暑」い時期(夏)
・鱰(しいら):知ら(しいら)んと言っても警察「署」に連れて行かれた
・鯱(しゃち):しゃちは海洋では無敵、まるで海の「虎」
・鯳(すけとうだら):すけとうだらは海の「底」にすむ
・鯐(すばしり):す「走」(ばしり)
ーーー

④た行

漢字 読み方
たい
たちうお
たなご
たら
ちょうざめ
どじょう
どじょう

【覚え方】
・鯛(たい):祝い事で調理したたいを「周」辺近隣の人々にお裾分けする
・鱈(たら):たらは「雪」が降る冬に漁獲される魚、たらたらしていると「雪」が降るぞ!
・魛(たちうお):たちうおは太い「刀」のような魚
・鱘(ちょうざめ):飲み会帰りに警察から「尋」問を受け興ざめ(ちょうざめ)した。
・鰌(どじょう):未開の地で「酋」長と出くわした、どうしよう
・鯲(どじょう):忘年会に「於」いてどじょうすくいを披露した
ーーー

⑤な行

漢字 読み方
なまず
なまず
にしん
にしん
にべ

【覚え方】
・鯰(なまず):なまずが暴れないように(地震がこないように)「念」ずる
・鰊(にしん):「東」北ではにしんが豊漁
・鯡(にしん):にしんはにんじんに「非」らず
・鮸(にべ):今日の「晩」飯はにべ

ーーー

⑥は行

漢字 読み方
はす
はぜ
はたはた
はたはた
はまぐり
はまち
はも
はや
ひがい
ひしこ
ひらめ
ふか
ふぐ
ふな
ぶり
ほしにべ
𩸽 ほっけ
ぼら
ぼら



【覚え方】
・鰣(はす):「時」々はすが食べたくなる
・鯊(はぜ):南「沙」諸島ではぜを釣るのは難しい
・鰰(はたはた):神事で「榊」をはたはた振る
・鮚(はまぐり):「吉」兆の宴で欠かせないはまぐり
・魬(はまち):「反」抗すると高くつくぞ!はぅまっち?
・鱧(はも):はも(やつめうなぎ)は栄養が「豊」かで滋養強壮に役立つ
・鰉(ひがい):ひがいの字は明治天「皇」が好んで食べられたことに由来する
・鮃(ひらめ):ひらめは「平」らな魚
・鱶(ふか):ふかひれには栄「養」がたっぷり含まれる
・鮐(ふぐ):番「台」(銭湯入口で従業員が座る席)が気になってふく(ふぐ)が脱げない
・鮒(ふな):「付」(ふ)な
・鰤(ぶり):ぶりは「師」走が旬の魚、ぶりっこは一種の詐欺「師」
・鰰(はたはた):はたはたのは雷「神」様が騒ぐ時期に旬の魚
ーーー

(*ハマチやふぐの漢字表記について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ハマチの漢字はブリ「鰤」と同じ?理由・由来は?他の漢字はないの?
ふぐの漢字<河豚・鰒・鯸・魨>の由来や意味は?豆知識や他の難読漢字も紹介!

⑦ま行

漢字 読み方
まぐろ
ます
まて
まながつお
むつ
むつ
むろあじ
めばる

【覚え方】
・鮪(まぐろ):まぐろ「有」っての魚
・鮲(まて):まて!インチキ山「伏」!
・鯧(まながつお):「昌」子(まさこ)の好物まながつお
・鯥(むつ):むつの旬は「睦」月(1月)を含む冬
・鱫(むつ):水と魚のように睦(むつ)み合い「愛」し合う二人
・鰘(むろあじ):「室」(むろ)あじ
・鮴(めばる):めばるの旬は学校の春「休」みの時期
ーーー

⑧や行

漢字 読み方
やまめ
やもめ
よう

【覚え方】
・鯇(やまめ):やまめを食べてこそ秋は「完」結する
・鰥(やもめ):村の若い衆の大半はやもめ(独身男)

⑨ら行

漢字 読み方
りょう
りゅう
れんぎょ


【覚え方】
・鯪(りょう):魚の身体に人間の顔を持つりょうは人魚を「凌」ぐ不思議な魚
・鰡(りゅう):りゅう(ボラ)は河口に「留」まる魚 
・鰱(れんぎょ):コイの仲間、ハクレン、コクレンといった「連」中はれんぎょと呼ばれる

⑩わ行

漢字 読み方
わかさぎ


【覚え方】
・鰙(わかさぎ):「若」さぎ

(*ワカサギの漢字表記について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ワカサギの漢字「公魚」に「公」がつく理由は?由来・意味や名前の語源も紹介!

「魚へん」の漢字と覚え方【魚の名前以外】

漢字 読み方
うろこ
えら
えり
かずのこ
からすみ
すし
すし
するめ
なます
はらご
魿 れい(うろこ)


魚の名前以外を表す魚へんのつく漢字には魚の部位や、魚料理といった魚に由来する事柄を表すものが殆どで、書き方も読み方も難しいものが多くあります。

(*すしの漢字表記について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

「寿司」「鮨」「鮓」の違いとは?漢字の由来から使い分け方をそれぞれ紹介!

「魚へん」の漢字はたくさんある

島国で暮らし、さまざまな魚を食する機会に恵まれた日本人は、多くの魚へんの漢字を使っています。記事を参考に魚へん漢字の由来や難しい読み方を知ることで、多種多様な魚を味わう日本の食文化についての理解も深まるのではないでしょうか。

関連する記事