ワカサギの漢字「公魚」に「公」がつく理由は?由来・意味や名前の語源も紹介!

ワカサギを漢字でどう書くか知っていますか?なぜ漢字に「公」がつくのでしょうか?今回は、ワカサギの漢字<鰙・公魚・若鷺>それぞれの由来を紹介します。また、ワカサギの名前の語源についても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ワカサギは漢字で書くと?なぜ「公」がつく?
  2. ワカサギの漢字①【公魚】
  3. ワカサギの漢字「公魚」で「公」が使われている理由
  4. ワカサギの漢字②【鰙】
  5. ワカサギの漢字「鰙」の由来・意味
  6. ワカサギの漢字③【若鷺】
  7. ワカサギの漢字「若鷺」の由来・意味
  8. 「ワカサギ」の名前の語源は?【豆知識】
  9. ①群れでたくさんいることを語源とする説
  10. ②弱々しく小さい魚を語源とする説
  11. ③夏鳥のアマサギに似ていることを語源とする説
  12. ワカサギ以外の魚の難読漢字は?
  13. ①ししゃも:柳葉魚
  14. ②さより:鱵・細魚・針魚
  15. ③ニジマス:虹鱒
  16. ワカサギの漢字を覚えよう

ワカサギは漢字で書くと?なぜ「公」がつく?

冬の遊びとして人気が高いアクティビティのひとつにワカサギ釣りがありますが、そのワカサギを表す漢字は以下の3つです。

・公魚
・鰙
・若鷺


これら3つの漢字になったのにはそれぞれ由来があり、漢字に「公」とつくことにも理由があります。ここではそれぞれの漢字について、それぞれの由来・意味を紹介していきましょう。

ワカサギの漢字①【公魚】

ワカサギを表す漢字のひとつに「公魚」がありますが、ここではその由来や意味について解説します。

ワカサギの漢字「公魚」で「公」が使われている理由

ワカサギの漢字である「公魚」に「公」の字が使われるようになったのは、日本の古い歴史に由来しています。江戸時代に常陸国麻生藩が徳川11代将軍徳川家斉のもとへ年賀に参上する時に、霞ヶ浦のワカサギを串焼きにしたものを年貢として献上したことが理由です。

そのため、ワカサギは将軍家御用達の魚「御公儀の魚」という意味で、公魚という漢字があてられました。

ワカサギの漢字②【鰙】

ワカサギを表す漢字の2つ目は「鰙」ですが、なぜ魚偏に「若」を組み合わせているのでしょうか。ここではその由来や意味について解説します。

ワカサギの漢字「鰙」の由来・意味

ワカサギの名前は、「若い・小さい」という意味を持つワカと「小魚」を表すサギが合わさったものが由来となっています。このうちのワカに「若い」という意味があることから、魚偏と若の漢字を組み合わせた「鰙」という漢字で表されたとも言われています。

ワカサギの漢字③【若鷺】

ワカサギを表す3つ目の漢字は「若鷺」ですが、鳥の鷺と関係があるのでしょうか。ここでは、その由来や意味について解説します。

ワカサギの漢字「若鷺」の由来・意味

「若鷺」の漢字は、ワカという言葉が前述した通り「若い・小さい」を表し、サギが鷺の白さをほうふつとさせる白い見た目を表すことに由来しています。ワカサギは見た目が美しい魚ともいわれており、小さいながらも美しい見た目からそのような漢字が当てられたと考えられています。

それ以外にも、鷺が捕食していた魚がワカサギであったことに由来するという説もあるようです。

「ワカサギ」の名前の語源は?【豆知識】

ワカサギを表す3つの漢字の意味について紹介しましたが、そもそも「ワカサギ」という名前自体の語源はあるのでしょうか。ここでは、ワカサギの名前の語源となる3つの説について紹介します。

①群れでたくさんいることを語源とする説

ワカは「虫が湧く・発生する」ことを意味する言葉でもあり、一方のサギは「多い」という意味を表すとされています。ワカサギが群れでたくさんいるその姿から、ワカとサギが組み合わさってワカサギと呼ばれるようになったとされるのが一つの説です。

②弱々しく小さい魚を語源とする説

こちらは「鰙」の漢字に関する項でも前述しましたが、ワカは「若い・小さい」という意味を表し、サギは「小魚」を表す言葉です。ワカサギが弱々しく小さい魚であったことが、その名前の語源になったとも言われています。

③夏鳥のアマサギに似ていることを語源とする説

ワカサギの体の色が上の写真に写っている夏鳥のアマサギの白い色に似ていて、アマサギがいなくなった冬でもいることからワカサギと呼ばれるようになったという説もあります。なお、山陰地方ではワカサギのことをアマサギと呼ぶこともあるようです。

ワカサギ以外の魚の難読漢字は?

ワカサギを表す3つの漢字は、いずれも漢字に関する知識がないと簡単にはワカサギとは読めませんが、他にも同じように漢字で書くと読むのが難しい魚の種類があります。ここでは、そんな難読漢字で表す魚について紹介します。

①ししゃも:柳葉魚

ししゃもは漢字表記で「柳葉魚」と書きますが、これはアイヌ語で柳の葉を意味するsusam(スサム)が由来となっています。ししゃもの姿形が柳の葉に似ていることから、読みと漢字があてられたものと考えられます。

②さより:鱵・細魚・針魚

さよりを表す漢字は「鱵」「細魚」「針魚」などがあり、その由来も諸説あります。鱵の漢字は魚偏と箴を合わせたものですが、この箴には針・鍼の意味があり、その姿が細長いことに由来しています。細魚・針魚と表記されるのも、同様にさよりの体が細長いことが由来です。

さよりという名前については、多く集まることを意味する「沢寄り」が語源となっていると言われ、さよりが群集する様子を表したという説があります。他にも、細長いという意味の「さ(狭)」とさよりの古名である「よりと」が合わさって変化したとする説など諸説ありますが、はっきりしたことは分かっていません。

③ニジマス:虹鱒

ニジマスの漢字表記は「虹鱒」ですが、これは英名でニジマスを「レインボートラウト」と呼ぶことに由来しています。レインボートラウトは直訳すると虹色の鱒になるため、虹鱒という名称になったようです。ニジマスはその名の通り体の側面が虹色に輝きますが、これは繁殖期に雄の体だけに現れる特徴です。

(*魚へんの漢字について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

魚へんの漢字の一覧表!名前の由来・読み方・覚え方とともに紹介!

ワカサギの漢字を覚えよう

ワカサギには「公魚」「鰙」「若鷺」の3つの漢字があり、それぞれに由来や意味があることを紹介しました。ワカサギ釣りをしたり食べたりする機会があった時には、これらの由来をぜひ思い出してみてください。

関連する記事