デラウェアとは?小さいぶどう?旬の時期・産地や味わい〜通販商品のおすすめも紹介!

「デラウェア」とはどんな「ぶどう」か知っていますか?どのような味がするのでしょうか。今回は、「デラウェア」の〈味・旬の時期・産地〉など特徴を紹介します。「デラウェア」の美味しい食べ方や通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 「デラウェア」とは?小さいぶどう?
  2. デラウェアは種無しぶどうの1種
  3. 「デラウェア」の味わい・風味
  4. 「デラウェア」の旬の時期・主産地は?
  5. デラウェアの旬の時期は7〜8月
  6. デラウェアの主産地
  7. 「デラウェア」の選び方・保存方法は?
  8. デラウェアの選び方のポイント
  9. デラウェアを日持ちさせる保存のコツ
  10. 「デラウェア」の美味しい食べ方は?皮はどうする?
  11. ①皮ごとそのまま食べても美味しい
  12. ②冷凍して食べるのもおすすめ
  13. ③ジャムなどに加工してもOK
  14. 「デラウェア」の通販商品のおすすめ
  15. ①山形県東根市産デラウェア(3980円)
  16. ②岩崎園の朝採りデラウェア(2300円)
  17. ③かとりのぶどう デラウェア(2750円)
  18. 「デラウェア」を食べてみよう

「デラウェア」とは?小さいぶどう?

デラウェアは小さい粒が特徴的な果実で、スーパーや青果店などで販売されています。デラウェアは見た目がぶどうに似ていますが、ぶどうの一種なのでしょうか。デラウェアの正体と味について、食べた方の感想を交えながら解説します。

デラウェアは種無しぶどうの1種

デラウェアはアメリカが原産地の種無しぶどうの1種で、1955年にオハイオ州のデラウェアにおいてその名が発表されました。デラウェアが日本に初めて輸入されたのは1872年ごろで、1886年に山梨県で栽培が始まり、現在では全国各地で栽培されています。

デラウェアはぶどうの中でも小さい品種で、房は手のひらほどの大きさです。房の重さは100gから150g程度で、実は種がなく1cm程度の小さな粒が密集したような形でなります。

「デラウェア」の味わい・風味

デラウェアは果汁が多いため、みずみずしい食感が楽しめます。デラウェアの味は強い甘味とほのかな酸味が特徴で、甘味と酸味が調和した爽やかな味わいがあり、夏のデザートとしても好まれています。また、デラウェアはほのかに芳醇な香りがあるのも特徴です。

「デラウェア」の旬の時期・主産地は?

一般的なぶどうは8月から10月にかけて旬を迎えますが、デラウェアの旬の時期はいつごろなのでしょうか。デラウェアの旬の時期と主産地について解説します。

デラウェアの旬の時期は7〜8月

デラウェアが最も流通し食べ頃になる旬の時期は、7月から8月ごろです。ハウス栽培で育てられたデラウェアはそれよりも早い時期に収穫され、山梨県では4月中旬ごろ、他の地域では6月頃に収穫が開始されます。また、露地栽培のデラウェアは7月中旬から9月下旬まで収穫が行われています。

デラウェアの主産地

デラウェアは全国各地で栽培されていますが、国内で最も生産量が多いのは山形県です。山形県は、デラウェアの国内生産量の3割から4割ものシェア率を占めています。山形県の次にデラウェアの生産量が多いのは山梨県で、そのほかには大阪府や島根県などでも多く生産されています。

「デラウェア」の選び方・保存方法は?

スーパーで購入する際に美味しいデラウェアを選ぶには、どのように見分けたら良いのでしょうか。ここからは、美味しいデラウェアの選び方や保存方法について紹介します。

デラウェアの選び方のポイント

関連する記事

×