野菜がとれるコンビニ商品15選!危険・体に悪いと言われる理由や真偽についても解説!

コンビニで野菜不足は補えるのでしょうか?今回は、コンビニの野菜を豊富に取れる商品を〈サラダ・スープ・主食〉別に合計15選を紹介します。さらに、コンビニの野菜が危険・体に悪いという噂の真偽も解説するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コンビニで野菜不足を補いたい…
  2. コンビニの野菜は安全?危険・体に悪いと言われる理由は?
  3. 野菜の殺菌に食品添加物が使用されているため
  4. 人体への影響はないとされており問題ない
  5. コンビニで野菜を取りたい時の商品選びのポイント
  6. ①様々な種類の野菜が入っている商品を選ぶ
  7. ②野菜以外の食材も組み合わせて選ぶ
  8. コンビニの野菜を取れる商品【サラダ系】
  9. ①1/2日分の野菜が摂れる!パリパリ麺のサラダ(420円/ローソン)
  10. ②10種具材のミックスサラダ(203円/セブンイレブン)
  11. ③たんぱく質が摂れるグリルチキンのパスタサラダ(438円/ファミリーマート)
  12. コンビニの野菜を取れる商品【スープ系】
  13. ④もっちりパスタ!具沢山ミネストローネ(330円/ローソン)
  14. ⑤10品目具材の和風生姜スープ(321円/セブンイレブン)
  15. ➅コンソメスープスーパー大麦入り(398円/ファミリーマート)
  16. ➆1/2日分の野菜!つみれスープ(白身魚)(450円/ローソン)
  17. コンビニの野菜を取れる商品【主食系】
  18. ⑧旨辛ビビンパ(399円/ローソン)
  19. ⑨1日分の野菜野菜の旨味スープカレー(556円/セブンイレブン)
  20. ⑩ベジバーグ丼(498円/ファミリーマート)
  21. ⑪シャキシャキレタスサンド(258円/ローソン)
  22. ⑫たっぷり野菜のミックスサンド(267kcal/セブンイレブン)
  23. コンビニの野菜を取れる商品【その他】
  24. ⑬6品目の野菜炒め(112円/ローソン)
  25. ⑭だしの旨み広がる白菜と鶏肉の味噌鍋(505円/セブンイレブン)
  26. ⑮6品目とほうれん草の胡麻和え(298円/ファミリーマート)
  27. コンビニで野菜不足を解消しよう!

コンビニで野菜不足を補いたい…

健康やダイエットのためにはしっかりと野菜を摂りたいものですが、コンビニの商品で野菜不足を補う場合、体への影響はないのでしょうか。コンビニの野菜は体に悪いとする意見もあるので、心配になる人もいるでしょう。今回はコンビニの野菜はなぜ体に悪いと言われるのかを紹介します。コンビニの野菜を使った商品のおすすめも紹介するので参考にしてください。

コンビニの野菜は安全?危険・体に悪いと言われる理由は?

コンビニの野菜は危険・体に悪いと言われることがありますが、なぜでしょうか。危険だと聞くと、コンビニの商品の中でもサラダなどのそのまま生で食べる野菜は、特に心配にもなるでしょう。ここではコンビニの野菜が危険・体に悪いと言われている理由を紹介します。

野菜の殺菌に食品添加物が使用されているため

コンビニの野菜が危険だと言われる理由の一つに食品添加物が挙げられます。食べ物が腐敗する原因の一つである細菌や微生物を殺菌するために、各コンビニでは次亜塩酸ナトリウムを使って野菜を殺菌、消毒をしています。

この次亜塩酸ナトリウムは食品添加物に指定されていますが、漂白剤として使用されることもあり、さらに発癌性のあるクロロホルムを生成することもあるようです。これらの情報が消費者に伝わった結果、コンビニの野菜は食品添加物が付着していて危険と言われるようになりました。

人体への影響はないとされており問題ない

たしかにコンビニの野菜には次亜塩酸ナトリウムが使用されていますが、カット野菜に使用される次亜塩酸ナトリウムは0.005から0.02%程度です。マウスに次亜塩酸ナトリウムを0.2%投与しても発癌性は認められなかったため、コンビニの野菜を食べても危険性はないと言えるでしょう。

コンビニで野菜を取りたい時の商品選びのポイント

コンビニで野菜が主の商品を選ぶときのポイントを紹介します。ダイエット中にはポイントを押さえて商品を選ぶことが大切です。さまざまな商品を組み合わせてストレスのないダイエットにしていきましょう。

①様々な種類の野菜が入っている商品を選ぶ

野菜には緑黄色野菜と淡色野菜があり、美容に効果的なビタミンが豊富なのは主に緑黄色野菜ですが、一方でむくみに効果的なカリウムが豊富なのは淡色野菜であるなど栄養価が異なります。また、商品によっては海藻やキノコ類が入ったものもあり、これらも違った栄養素を含んでいるので様々な種類の食材が入った商品を選ぶことで、栄養バランスが良くなります。

②野菜以外の食材も組み合わせて選ぶ

野菜は低カロリーでダイエットに役立ちますが、ダイエットや健康のためには野菜しか食べない状態にするのは避けましょう。栄養バランスが崩れることで代謝が下がり、かえってダイエットが失敗しやすくなり、健康も害しやすくなります。

たしかに肉や魚などはカロリーや脂質量が野菜に比べて高めですが、タンパク質が野菜に比べて多く含まれているため、バランスよく選ぶのが大切です。

コンビニのサラダの商品には、栄養バランスを意識したサラダが豊富にあり、サラダの中にチキンやシーチキンが入った商品も多数あるので探してみてください。中には低脂質・高タンパク質にこだわったダイエット向きの商品もあるので、一緒におにぎりを取り入れて炭水化物も摂取するなど、バランスの良い食事を心がけましょう。

コンビニの野菜を取れる商品【サラダ系】

コンビニのサラダは種類が豊富で、各コンビニがそれぞれ個性的なサラダを販売しています。野菜の種類が豊富になるほど自宅で作るのが難しくなるので、コンビニを活用してさまざまな野菜を取り入れましょう。

①1/2日分の野菜が摂れる!パリパリ麺のサラダ(420円/ローソン)

出典:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1406093_1996.html

ローソンのサラダはパリパリとした食感が楽しい麺と一緒になっており、たっぷり野菜が入っていても口飽きせずに食べきれます。ドレッシングも野菜をすりおろしたものを使用しているので、さっぱりとした味わいです。また、カロリーも333kcalと、ヘルシーながら食べごたえのある商品となっています。

②10種具材のミックスサラダ(203円/セブンイレブン)

出典:https://mognavi.jp/food/2020625

10種類の具材が食べられるセブンイレブンのミックスサラダには普段不足しがちなわかめなどの海藻も入っており、便秘に悩むなら嬉しい商品です。野菜自体もみずみずしいと好評の商品のようです。32kcalと非常に低カロリーなので、他の商品と組み合わせてうまく取り入れましょう。

③たんぱく質が摂れるグリルチキンのパスタサラダ(438円/ファミリーマート)

出典:https://mognavi.jp/product/457799

糖質制限や筋肉の増量を重視した食事をしているなら、こちらのようなたんぱく質が豊富に摂れる商品がおすすめです。茹で卵やサラダチキンなどが乗ったサラダはボリューム満点で、パスタが入っているのでこれ1つでも満足できる量となっています。

コンビニの野菜を取れる商品【スープ系】

コンビニにはコンビニオリジナルのスープも販売されており、具だくさんであることから栄養面でも人気となっています。サラダを食べるには寒いと感じる季節や生野菜が苦手なら、スープを選んでみましょう。

④もっちりパスタ!具沢山ミネストローネ(330円/ローソン)

出典:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1420954_1996.html

ローソンのスープは種類が豊富なうえ、どれも野菜がたっぷり使われています。カロリーは124kcalで、具だくさんなミネストローネは体も温まるほか、豆やたっぷりの野菜で満腹感も得られます。

⑤10品目具材の和風生姜スープ(321円/セブンイレブン)

出典:https://mognavi.jp/product/326827

生姜を使ったスープは体を温め代謝を向上するので、ダイエット中におすすめです。こちらのセブンイレブンのスープは鶏肉でたんぱく質が摂れ、ゴボウやレンコン、大根などの根菜類をたっぷり使用しているので食べごたえがあり食物繊維も摂れます。カロリーも121kcalと控えめで噛みごたえもあるので、小腹がすいたときにもぴったりでしょう。

➅コンソメスープスーパー大麦入り(398円/ファミリーマート)

出典:https://mognavi.jp/food/2281640

ファミリーマートは食物繊維や乳酸菌などの栄養が豊富なスーパー大麦を使用した食品を豊富に扱っています。こちらのコンソメスープは主に緑黄色野菜が使われているので、サンドイッチなどの他の淡色野菜が使われた商品と一緒に食べるのがおすすめです。

➆1/2日分の野菜!つみれスープ(白身魚)(450円/ローソン)

出典:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1406575_1996.html

たっぷりの野菜が入った食べごたえのあるスープですが、白身魚のつみれを使っているためカロリーが抑えられています。ごぼうや魚の旨味でだしが摂れているので、おにぎりやお寿司などの和食にも合う味わいです。79kcalとヘルシーなので、夜食としても罪悪感がありません。

コンビニの野菜を取れる商品【主食系】

コンビニで野菜が摂れる主食はサンドイッチをイメージしがちですが、コンビニ各社にはご飯ものでも野菜が食べられる商品があります。ここでは野菜を取れる主食系の商品をいくつか紹介するので、ランチ選びなどに役立ててみてください。

⑧旨辛ビビンパ(399円/ローソン)

出典:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1420952_1996.html

ごま油が香る旨辛ビビンパは、野菜がたっぷり摂れるもち麦を使った丼となっています。にんじんなどの緑黄色野菜に含まれるβカロテンは、脂溶性のため油と一緒に摂ることで効果を向上させるので、ごま油が美容効果を高めてくれるでしょう。カロリーは471kcalと、女性なら1つでちょうど良いカロリーといえます。

⑨1日分の野菜野菜の旨味スープカレー(556円/セブンイレブン)

出典:https://mognavi.jp/product/457903

カロリーを抑えて野菜もたっぷり食べられるセブンイレブンのスープカレーは、緑黄色野菜が豊富に含まれています。カロリーは386kcalと、カレーにしてはヘルシーなのでダイエット中でも食べやすく、ルーの中にも野菜がたっぷり溶け込んでいます。

⑩ベジバーグ丼(498円/ファミリーマート)

出典:https://mognavi.jp/product/449755

一見するとひき肉を使ったハンバーグ丼に見えますが、こちらは大豆ミートと言う大豆を肉のように見せたハンバーグです。肉でも大豆でもたんぱく質は摂れますが、大豆の方が脂肪分が控えられるので、ダイエット中で脂質が気になるなら試してみてください。

⑪シャキシャキレタスサンド(258円/ローソン)

出典:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1420963_1996.html

ローソンシャキシャキレタスサンドはたっぷりとレタスを使用し、食べごたえのあるサンドイッチながら、カロリーは216kcalです。普段脂っこいサンドイッチを選んでいるなら、サンドイッチを変えるだけでも野菜が摂れてカロリーオフになるので試してみてください。

⑫たっぷり野菜のミックスサンド(267kcal/セブンイレブン)

出典:https://mognavi.jp/food/2245281

セブンイレブンのミックスサンドは、野菜の他に卵を使用していてたんぱく質も摂れるのでダイエット向きと言えるでしょう。323kcalとボリュームがありマヨネーズが使用されているため、脂質を抑えたスープやお茶と一緒に食べることをおすすめします。

コンビニの野菜を取れる商品【その他】

ここまで紹介した商品以外にも、たくさんの野菜を取れる商品があります。最近では惣菜など、すべてコンビニで食事の準備ができるように各社が力を入れています。ランチ以外の食事やおつまみにも野菜を取り入れて、野菜不足を解消していきましょう。

⑬6品目の野菜炒め(112円/ローソン)

出典:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1389708_1996.html

一人暮らしや少人数の家庭では、栄養を気にしながら6品目もの野菜を準備し使い切るのは大変です。そのような場合にはこちらのローソンの商品がおすすめで、6種の野菜炒めの具材が食べきりやすいパックで販売されています。アレンジもしやすいので、そのほかのメニューにも合わせて使ってみてください。

⑭だしの旨み広がる白菜と鶏肉の味噌鍋(505円/セブンイレブン)

出典:https://mognavi.jp/product/457927

白菜や大根などがたっぷり入ったセブンイレブンの鍋は、白菜のカリウムや鶏肉のたんぱく質など、ダイエット中に必要な栄養が摂りやすい商品です。油揚げも入っており、たんぱく質は20gも含まれています。カロリーも191kcalと抑えられているので、一緒にご飯を食べてもカロリーオーバーになりづらいでしょう。

⑮6品目とほうれん草の胡麻和え(298円/ファミリーマート)

出典:https://mognavi.jp/food/2254704

ほうれん草は栄養が豊富であるものの、価格が変動しやすく購入しにくい時期もあります。こちらのファミリーマートのほうれん草の胡麻和えは、ほうれん草、しいたけ、こんにゃく、人参、ひじき、切干大根、油揚げと具だくさんで、野菜不足も解消できます。

コンビニで野菜不足を解消しよう!

コンビニの野菜に使用される次亜塩酸ナトリウムのような食品添加物は、消費者を腐敗による食中毒の危険から守るために使用されています。持ち運びの難しい生野菜がいつでもコンビニで買えるのはダイエットの強い味方となってくれるでしょう。上手く活用してストレスのないダイエットを続けてください。

関連する記事