バナナは皮ごと食べれる?毒はない?栄養価・効能や食べ方のおすすめを紹介!

バナナの皮を食べれるのか知っていますか?バナナの皮は捨ててしまうことがほとんどかもしれません。今回は、バナナの皮の食べ方や、皮に含まれる栄養価や効能を紹介します。バナナの皮に毒・麻薬成分が含まれている噂の真偽も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バナナは皮って食べれるの?
  2. バナナの皮は皮ごと食べれる?毒性はない?
  3. バナナの皮に毒や麻薬成分は含まれておらず安全
  4. バナナの柄・先端は未検査なので取った方が安全
  5. バナナの皮の栄養価は高い?効果・効能は?
  6. ①カリウム
  7. ②マグネシウム
  8. ③ビタミンA
  9. ④ビタミンB6
  10. ⑤ビタミンB12
  11. ⑥ビタミンC
  12. ⑦食物繊維
  13. バナナの皮の美味しい食べ方は?
  14. ①スムージーにする
  15. ②油で揚げる
  16. ③皮ごと焼く
  17. 皮ごと食べる用のバナナ品種もある!
  18. ともいきバナナ
  19. バナナの皮を食べてみよう!

バナナは皮って食べれるの?

甘くて柔らかく食べやすいバナナは、皮がついていて持ち運びやすいのでそのままお弁当に持っていく人も多い果物です。果物には皮ごと食べた方が栄養価が高いものが多く存在しますが、バナナは皮ごと食べることはできるのでしょうか。バナナは皮ごと食べられるのかについて説明します。

バナナの皮は皮ごと食べれる?毒性はない?

バナナは皮を剥いて食べる人がほとんどでしょう。皮ごと食べる場合に気になるのは農薬などによる体への影響ですが、栄養豊富なのであれば皮ごと食べたい人もいるかもしれません。バナナの皮の毒性や、どの部分まで食べられるのかについて紹介します。

バナナの皮に毒や麻薬成分は含まれておらず安全

バナナの皮には毒や麻薬成分が含まれていると聞いたことがある人もいるかもしれませんが、バナナの皮にはそのような成分は含まれていません。この噂が広まったきっかけは1967年にカリフォルニア州のBerkeley Barbという新聞に「バナナの皮にはバナナジンという向精神物質が含まれている」と冗談で書かれたことでした。

同年にニューヨーク大学の研究者が、バナナの皮にはこのような物質は入っておらず、仮に摂取してもプラシーボ効果しか得られないと発表しています。50年以上経った今でもこのような都市伝説が存在していますが、バナナの皮は食べても毒はなく安全なものなので安心していいでしょう。

バナナの柄・先端は未検査なので取った方が安全

バナナの皮には毒や麻薬成分は含まれていませんが、農薬については気になるところです。バナナは収穫後に果柄を除く果皮と果肉部分を対象に残留農薬の検査をすることが、食品衛生法によって定められています。つまり皮や実は検査を受け安全性が保証されていますが、果柄は検査をしていないので基準値を超えているのかが不明なのです。

そのため収穫後に残留農薬の検査を受けていないバナナの柄や先端は、取ってから食べる方が安全といえるでしょう。

バナナの皮の栄養価は高い?効果・効能は?

バナナの果肉部分には栄養が豊富に含まれていることは周知の事実ですが、皮の栄養価についてはどうなのでしょうか。次はバナナの皮に含まれる栄養価や、効果・効能について紹介します。

①カリウム

バナナの皮に豊富に含まれるカリウムは体内の浸透圧の調整に役立つミネラルの一種で、カリウムと水分を一緒に摂取することで便秘の改善に効果的です。他にも筋肉の働きをスムーズにする効果があるので、脂肪の燃焼を助ける効能があります。

またカリウムは水分を排出すると同時に、体内の塩分も排出する働きがあります。むくみが起きると血流やリンパの流れを悪くしますが、カリウムを摂取することでむくみが改善されて代謝が良くなり、結果的に痩せやすい体になるのでダイエットに効果的です。むくみが気になっている人や、ダイエットに効果を感じていない人はカリウムを意識的に摂取しましょう。(※1)

②マグネシウム

マグネシウムは補酵素として300以上の酵素の働きを助ける栄養成分です。カルシウムとのバランスを取って筋収縮を制御し、血管を拡張させ血圧を下げることもできるほか、血小板の癒着を抑え血栓を作りにくくする効果もあります。

その他には腸内の大便の水分を調節して軟らかく保つ効果もあるので、便秘を防ぐ効能が期待できます。マグネシウムの摂取量が多い男性は大腸がんになりにくいというデータもあるので、バナナを食べるときは皮ごと食べることを意識して生活習慣病の予防に役立てみましょう。(※2)

③ビタミンA

ビタミンAの主な効果は肌のターンオーバーを正常に保ち、コラーゲンなどの肌の土台となる成分を生成することです。ビタミンAが不足すると肌が乾燥して荒れやすくなるので、肌の調子が良くない場合にはビタミンAを意識して摂取すると良いでしょう。

ただしビタミンAは脂溶性ビタミンなので体内に蓄積しやすく、過剰摂取による副作用のデメリットもあるので摂取量には注意が必要と言えます。(※3)

④ビタミンB6

バナナの皮に含まれるビタミンB6はタンパク質の代謝に働きかけ、酵素を助ける補酵素の役割を担っています。ビタミンB6には皮膚や髪、歯などの健康維持に効果があるほか脂質代謝を促進する効果もあり、内臓脂肪が蓄積するのを予防します。

他にも免疫機能の調節や、貧血や肌荒れ予防にも効果的なのでダイエット中や栄養が足りていないと感じる場合には、バナナを皮ごと食べるのがおすすめです。(※4)

⑤ビタミンB12

ビタミンB12はヘモグロビンの生成を助ける働きのほか、神経系統の正常な働きを補助しているビタミンです。ビタミンB12の摂取量が不足すると、造血作用が上手くいかずに貧血を起こしたり、精神が不安定になって認知機能の低下などが引き起こされたりする可能性があります。

ビタミンB12は多量に摂取したとしても、過剰な分は尿などから排出されるため、過剰摂取に注意する必要は基本的にありません。(※5)

⑥ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成には必須となる栄養成分で、肌の調子を整えるほか、皮膚のメラニン生成を抑えて紫外線によってできるシミを防ぐ美容効果が有名です。またビタミンCにはストレスや病気に対する抵抗力を強める効果があり、歯や骨を正常に保つ効果もあるのが特徴です。

近年ではビタミンCの抗酸化作用によって、がんや動脈硬化を予防する効果も期待されているので、積極的に摂り入れたい栄養素の一つと言えるでしょう。ビタミンCは水溶性ビタミンなので過剰に摂取したとしても、尿などと一緒に体外へ排出されるので副作用がなく安全です。(※6)

⑦食物繊維

バナナの果肉には食物繊維が豊富に含まれていることは有名ですが、皮にも多くの食物繊維が含まれています。食物繊維を摂取すると腸内で発酵し善玉菌が繁殖しやすい環境を作りますが、こうして腸内環境を整えることで便秘の解消などに効果があります。

さらに善玉菌は脂肪の吸収を抑える短鎖脂肪酸を生成するため、脂肪の吸収が抑えられることでダイエットにも効果を発揮する栄養素です。また、食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにするほか血中のコレステロールを下げる働きもあるため、生活習慣病の予防効果も期待できます。(※7)

バナナの皮の美味しい食べ方は?

バナナを皮ごと美味しく食べるためにはどのような方法があるのでしょうか。次はバナナを皮ごと食べるおすすめの方法について紹介します。

①スムージーにする

出典:https://cookpad.com/recipe/5048759

バナナの皮ごとブレンダーにかけてスムージーにした、豊富な栄養をそのまま摂取できる食べ方です。重曹を使って農薬の除去を行っているので安全に飲むことができます。

バナナ皮ごとスムージー|ブレンダープロ by ラボネクト 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

②油で揚げる

出典:https://cookpad.com/recipe/6625334

バナナの皮にカレーの風味をまとわせた、バナナの皮のフライのレシピです。収穫されたばかりの新鮮な国産バナナを使うことをおすすめしています。

バナナの皮のフライ by ラマンマディラーラ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが346万品

③皮ごと焼く

出典:https://tabi-labo.com/288180/diner-choco-banana

皮ごと焼いて食べる場合は切り目を入れたバナナに、バター・駄菓子の豆板・チョコレートを具材として入れ込みグリルで焼くグリルドバナナがおすすめです。使用するバナナは収穫から日にちが経った完熟バナナが良いでしょう。

キャンプの朝食にしたい「皮ごと食べる焼きチョコバナナ」 | TABI LABO

皮ごと食べる用のバナナ品種もある!

海外のバナナは、残留農薬の検査がなされているとはいえ、基本的には農薬が付着しているので食べるのをためらう人もいるでしょう。そのような場合には皮ごと食べる用のバナナ品種を試してみるのもおすすめです。ここでは皮ごと食べる用に栽培されたバナナを紹介します。

ともいきバナナ

出典:https://banana.theshop.jp/items/10041468

ともいきバナナは鹿児島県で無農薬栽培されている、皮ごと食べられるバナナです。糖度が非常に高く口当たりも滑らかで芳醇な香りなので、従来のバナナのイメージを覆す美味しさで人気が高まっています。

ともいきバナナ|皮ごと食べられる奇跡のバナナ

バナナの皮を食べてみよう!

バナナの皮は捨てるものというイメージが強い人も多いかもしれませんが、実は栄養豊富で健康効果に富んでいるので、近年ではその価値が見直されてきています。また不安視されている残留農薬についてもしっかり洗浄するなどすれば健康被害は起こらないとされています。ぜひ栄養価が高いバナナの皮を食べてみてください。

関連する記事