生クリームが泡立たない原因は?復活可能?解決策や再活用法を紹介!

生クリームが泡立たない・固まらない原因や理由を知っていますか?今回は、生クリームが泡立たない時の原因・理由やその対策・解決法を紹介します。固まらないときの再利用・活用法や、上手に泡立てるコツも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生クリームが泡立たない…どうすればいい?
  2. 生クリームが泡立たない原因・理由とは?
  3. ①植物性の生クリームを使っている
  4. ②室温・湿度が高い
  5. ③混ぜるスピードが遅い
  6. ④器具が汚れている
  7. ⑤脂肪分が低い
  8. ⑥賞味期限切れで分離している
  9. ⑦十分にかき混ぜ切れていない
  10. 生クリームを上手に泡立てるコツは?
  11. ①生クリームをあらかじめよく冷やす
  12. ②ボウルや泡立て器の水分を拭き取っておく
  13. ③室温をあらかじめ下げておく
  14. 生クリームが泡立たない時の対策・解決法は?復活する?
  15. ①かき混ぜる方向を時々変える
  16. ②生クリームのボウルを氷水で冷やしてみる
  17. ③酢・柑橘系の汁を入れてみる
  18. ④ジャムを入れてみる
  19. 泡立たない生クリームの再利用・活用法はある?
  20. 他のお菓子の材料にする
  21. 生クリームを上手に泡立てよう!

生クリームが泡立たない…どうすればいい?

洋菓子づくりに欠かせないともいえる生クリームは、泡立て済みのものもありますが自分で泡立てる人も多いでしょう。しかし、生クリームをなかなか上手に泡立てることができないといった意見も多く見られます。ここからは、生クリームが泡立たない原因や固まらない理由について紹介するのでお菓子作りの際に役立ててみてください。

生クリームが泡立たない原因・理由とは?

生クリームが泡立たない理由にはさまざまなパターンが考えられます。ここでは生クリームが泡立たない原因や理由として多いものを紹介するので、当てはまっていないかチェックしてみてください。

①植物性の生クリームを使っている

生クリームが泡立たない原因の一つが、植物性の生クリームを使用していることです。クリームは成分の脂肪球同士がぶつかることで泡立っていきますが、植物性のホイップクリームは泡立ちにくい植物性の油脂を使用しているので固まりにくいと感じることもあるでしょう。

また、一般的にホイップクリームとは泡立てた状態の生クリームのことを指しますが、正確にはホイップクリームとは植物性の脂肪を使用しているものを指します。乳脂肪分の多い泡立ちやすいクリームには生クリームと表記されているので、泡立ちをよくしたいときは、パッケージにホイップクリームと表記のあるものは避けるのがおすすめです。

②室温・湿度が高い

生クリームは温度や湿度の影響を受けやすい食品で、高温多湿の環境で生クリームを泡立てても上手に泡立たない場合や固まらないこともあります。また、ホイップするときの適温は3~6度とされているので、クリームを冷たい状態のまま泡立てる工夫も必要です。事前準備としてクリームは冷蔵庫に1晩入れてしっかりと冷やしておきましょう。

③混ぜるスピードが遅い

生クリームを混ぜるスピードが遅いと、しっかりと泡立たずに固まりにくくなります。電動泡だて器を持っている場合はそちらを使用するのがおすすめですが、持っていない場合には手動の泡だて器を使用して早く混ぜるように心がけましょう。時間がかかるとクリームの温度も上がってより泡立たなくなってしまうので、手早く行うことが重要です。

④器具が汚れている

生クリームをしっかりと泡立てるには、器具が汚れていないかチェックしておくことも重要です。ボウルなどをきれいに洗ったとしても、汚れや水分が残っているとクリームが分離して固まりにくくなってしまいます。

特にしばらく使用していない器具などは汚れが付着している場合があるので、分離を防ぐためにも事前にきれいに洗い直してから使用することをおすすめします。

⑤脂肪分が低い

ホイップクリームではなく動物性のクリームを選んでも、上手に固まらないこともあります。生クリームは脂肪球同士がぶつかって泡立っていると紹介しましたが、こういった理由から生クリームであっても脂肪分が少ないと泡立ちにくくなります。

生クリームのパッケージには乳脂肪分が何パーセントであるかが記載されているので、35%以下のものは避けるようにしてください。

40%ほどの生クリームでも問題ないといった声もありますが、泡立たないリスクを考えると脂肪分は45%ほどあると安心です。45%前後以上のクリームは高脂肪タイプとして販売されており、濃厚でしっかりとしたコクを楽しむことができます。

⑥賞味期限切れで分離している

賞味期限はあくまでおいしく食べられる期間のことを指すので、少し期限が過ぎたクリームを使用したことがある人も多いでしょう。ただし、賞味期限が切れた生クリームは分離してしまい、泡立ちにくくなっていることもあります。

さらに開封後の動物性生クリームの賞味期限は開封後1~2日ほどと短く、分離しやすい上に味が落ちていくので、おいしく食べ切るためにもなるべく早めの使用をおすすめします。

⑦十分にかき混ぜ切れていない

手動 ハンドミキサー
泡立つまでの平均時間 3分 1分

上記の表は、手動で泡立てた場合とハンドミキサーを使った場合の、それぞれのクリームが泡立つまでにかかる時間です。手動で3分というと慣れないうちは長く感じますが、手早く、かつ十分に混ぜ切るようにしましょう。ハンドミキサーなら混ぜる時間も1分ほどと短く、疲れにくいのも魅力です。

生クリームを上手に泡立てるコツは?

ここまで生クリームが固まらない原因を紹介してきましたが、ここからは上手に泡立てるためのコツについて見ていきましょう。きれいに泡立てるには事前の準備も重要なので、一つずつ確認してみてください。

①生クリームをあらかじめよく冷やす

生クリームを上手に泡立てる一つ目のコツが、事前にしっかりと冷やしておくことです。スーパーで購入してすぐに使用してしまうと生クリームがぬるくなっていることがあるので、できるだけ一晩ほど冷蔵庫で冷やした物を使用しましょう。クリームだけでなく、ボウルなどの調理器具を冷やしておくとより効果的です。

②ボウルや泡立て器の水分を拭き取っておく

ボウルや泡だて器を洗った後は、水分の拭き取りも大切です。生クリームは繊細な食品で、少し水分が混ざっただけでも泡立ちが悪くなります。泡だて器はボウルよりも水分を拭き取りにくいので、しっかりと乾燥させてから使うのがクリームをきれいに泡立てるコツです。

③室温をあらかじめ下げておく

生クリームをしっかり泡立てたい場合は、部屋の温度をあらかじめ下げておくこともおすすめします。前述した通り温度や湿度は生クリームの状態に影響してしまい、特に高温多湿の環境では泡立ちにくくなるので、できる限り部屋の温度は低めに設定しておきましょう。可能であれば、除湿器で湿度を下げておくのもおすすめです。

生クリームが泡立たない時の対策・解決法は?復活する?

湿度などに気をつけていても生クリームが泡立たないことはありますが、そういった場合に復活させることは出来るのでしょうか。ここでは泡立たない時の対策・解決法について解説します。

①かき混ぜる方向を時々変える

生クリームをずっと同じ方向で混ぜていた場合には、時々方向を変えてみてください。ボウルの中の生クリームの流れが変化して、脂肪球がぶつかることで泡立ちやすくなります。これは手動だけでなく電動のハンドミキサーでも有効な解決法なので、泡立たない時には一度試してみることをおすすめします。

②生クリームのボウルを氷水で冷やしてみる

生クリームの入ったボウル自体を、氷水で冷やすといった方法もおすすめです。その際は、一回り大きいサイズのボウルを準備し、氷水を入れて生クリーム入りのボウルを冷やします。混ぜている間にクリームの温度が上がらないので、お菓子作りなどに慣れていなくて混ぜるのに時間がかかるといった方にもおすすめの方法です。

③酢・柑橘系の汁を入れてみる

上記の方法でも生クリームが泡立たない場合は、酢や柑橘系の汁を入れてみてください。生クリームの油分とレモンの酸が反応して、スムーズにクリームを固めてくれます。

味が心配な方もいるかもしれませんが、少しならほのかに酸味を感じる程度です。量の目安は生クリーム200mlに果汁を5滴ほどがおすすめですが、レモン果汁メーカーの実験によるとレモン果汁を5%加えるとより濃い風味のクリームができるそうです。好みに応じて、果汁などの量を調節してみましょう。

④ジャムを入れてみる

酢や柑橘系の汁の代わりに、生クリームにジャムを入れるといった解決方法もあります。ジャムに使用されているペクチンがクリームを固めてくれるので、泡立たないときにはとても便利です。ジャムの量は、生クリーム200mlに対して大さじ2位が目安となっています。

ただ、味によっては風味や色が強めにつくので注意してください。ジャムの風味を感じられておいしくなりますが、生クリームそのものの味を楽しみたい人にはほかの方法をおすすめします。

泡立たない生クリームの再利用・活用法はある?

生クリームを泡立ててるコツや解決方法はいろいろとありますが、それでもどうしても泡立たない場合もあります。そのような場合、泡立たない生クリームの再利用・活用法はあるのでしょうか。

他のお菓子の材料にする

泡立たなかった生クリームは、他のお菓子の材料にするのがおすすめです。生クリームを使用して作るお菓子には、以下のようなものがあります。

・アイスクリーム
・プリン
・パウンドケーキ
・コーヒーゼリー


アイスクリームやプリンの原料に生クリームを使用することで、コクを活かした濃厚な仕上がりにすることができます。生クリームは生菓子だけでなく焼き菓子にも活用可能で、パウンドケーキを焼くときに牛乳の代わりとして使え、牛乳を使ったときよりもしっとりと仕上がるので試してみてください。

また、ほかのお菓子を作る予定がないといった場合には、市販のコーヒーゼリーにかけて使うのもおすすめです。ゼリーの上に適量かけるだけで、コーヒーの苦味と生クリームの優しい甘さとがマッチしたワンランク上のデザートが出来上がります。

生クリームを上手に泡立てよう!

生クリームが固まらない原因や、上手な泡立て方などについて紹介しました。生クリームを上手に泡立てたいときは植物性のホイップクリームではなく動物性のクリームを選び、温度や湿度などにも気を配っておくことが大切です。コツなどもチェックして、上手に生クリームを泡立てましょう。

関連する記事