エリンギのカビっぽい白いふわふわが…。食べられる?発生防止の保存法も紹介!

エリンギにカビっぽい白いふわふわが生えていたことはありませんか?正体は何でしょうか?今回は、エリンギのカビっぽい白いふわふわができても食べられるのか、賞味期限の目安やカビて腐った時の状態などを元に紹介します。白いふわふわができにくい保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. エリンギのカビっぽい白いふわふわの正体は?
  2. エリンギの白いふわふわは気中菌糸
  3. エリンギに白いふわふわ(気中菌糸)ができる原因
  4. エリンギに白いふわふわができても食べられる?
  5. 白いふわふわはカビではないので食べられる
  6. エリンギがカビて腐っている状態とは?
  7. ①緑・黒のカビが生えている
  8. ②水っぽい
  9. ③カビ臭い・酸っぱい臭い
  10. エリンギの賞味期限の目安は?いつまでなら安全?
  11. エリンギの白いふわふわができにくい保存方法は?
  12. エリンギを保存する際のポイント
  13. ①常温での保存方法
  14. ②冷蔵での保存方法
  15. ③冷凍での保存方法
  16. エリンギの白いふわふわは食べても大丈夫
エリンギの保存方法・期間は?冷凍・冷蔵で日持ちするコツや解凍のポイントを紹介!

エリンギの白いふわふわは食べても大丈夫

エリンギの白いふわふわはカビではないので、捨てずに食べても問題はありません。しかし白いふわふわである気中菌糸ができているということは鮮度が落ち今後腐敗が進んでいくのでメリットはありません。エリンギについて理解を深め新鮮な状態のエリンギを食べるためにも購入したら正しく保存し早めに食べきりましょう。

関連する記事