ピッツァ・ビアンカはどんなピザ?名前の意味は?種類や作り方など紹介!

ピッツァ・ビアンカというピザは知っていますか?今回は、ピッツア・ビアンカの「ビアンカ」の意味や、〈マルゲリータ・ビアンカ〉など種類などを紹介します。ピッツア・ビアンカの食べ方や作り方・レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ピッツァ・ビアンカ(pizza bianca)とは?
  2. そもそも「ビアンカ」の意味って?
  3. ピッツァ・ビアンカはイタリアピザの種類の1つ
  4. ピッツァ・ビアンカの種類
  5. ①ビアンカ・ネーヴェ
  6. ②マルゲリータ・ビアンカ
  7. ③ヴェジェタリアーナ・ビアンカ
  8. ④ドック・ビアンカ
  9. ピッツァ・ビアンカの作り方は?
  10. 材料
  11. 作り方・手順
  12. ピッツァ・ビアンカの食べ方のおすすめは?
  13. ①オリーブオイルと一緒に食べる
  14. ②焼きたてがおすすめ
  15. ③野菜や果物をトッピングして食べる
  16. ピッツァ・ビアンカの人気レシピ
  17. ①イチジクのピッツァ・ビアンカ
  18. ②マルゲリータビアンカ
  19. ③パルメザンチーズのピッツァ・ビアンカ
  20. ピッツァ・ビアンカを食べてみよう

ピッツァ・ビアンカ(pizza bianca)とは?

イタリアのピザは非常に数多くあり、日本でもオリジナルのピザは専門店や外食でも多くみかけられます。しかし、その中でもピッツァ・ビアンカはレストランでもそれほど多くは扱っていません。ピッツァ・ビアンカとはどのようなピザでしょうか。

そもそも「ビアンカ」の意味って?

ビアンカとはイタリア語で女性単数形で白という意味です。ピッツァ・ビアンカは、ベースにトマトソースは使わずに作った具材を乗せただけのシンプルなピザのことで、ローズマリーやモッツァレラが乗ることが多いようです。トマトソースをベースに使用したピザは生地を焼く前に具材をのせるのに対し、ピッツァ・ビアンカは生地を焼いてから具材をのせていきます。

ピッツァ・ビアンカはイタリアピザの種類の1つ

ピッツァ・ビアンカはイタリアのピザの種類の1つですが、イタリアには地域によって多くのピザがあり、パスタと並んで国民の日常食となっています。

・ピッツァ・ビアンカ
・ピッツァ・ロッソ


イタリアのピザは大きく分けて2種類になります。ピッツァ・ビアンカはトマトソースを使用せず、素朴な味わいであることが多く見た目もシンプルであるのが特徴です。また、生地を焼いてから具材を乗せることも多いので、とろけるチーズのようなピザ用チーズを乗せずモッツァレラチーズなどの使用が多い印象です。

そのためまろやかさやパンチの効いたものよりも、あっさりとしたものが多くなります。ピッツァ・ロッソはトマトソースを使用したピザで、ロッソはイタリア語で赤を意味し、日本人がピザと聞いてイメージするのはこちらのピザが多いでしょう。

生地にベースであるトマトソースやトッピングを乗せてから焼くため、チーズもとろけるタイプのチーズを使うことが多いのが特徴です。また味わいもピッツァ・ビアンカよりもパンチが効いている印象です。

(*ピザの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ピザの種類全20選!トッピング内容や名前の由来など画像付き一覧で紹介!

ピッツァ・ビアンカの種類

ピッツァ・ビアンカと言っても、具材の違いにより呼び方はさまざまです。ピッツァ・ビアンカの種類はどんなものがあるでしょうか。気になったものがあったら作ったり注文して食べてみてください。

①ビアンカ・ネーヴェ

出典:https://fujitaeats.com/menu/191

ビアンカ・ネーヴェは、焼いたピザ生地にたっぷりの生ハムとルッコラが乗ったピッツァ・ビアンカらしいピザになります。

【具材】
・モッツァレラチーズ
・生ハム
・ルッコラ


ルッコラの胡麻の香りや辛みと、生ハムの塩気が淡白なモッツァレラチーズによくマッチします。提供しているお店も多く、比較的ヘルシーなピザなので、ダイエット中なら注文してみましょう。

②マルゲリータ・ビアンカ

出典:https://twitter.com/cucinaPasso/status/1307900786781769728/photo/2

マルゲリータビアンカは、日本でもおなじみのマルゲリータのトマトソースを抜いたようなピザになります。

【具材】
・フレッシュトマト
・バジル
・モッツアレラチーズ


ピッツァ・ロッソであるマルゲリータよりもよりあっさりとした味わいが特徴で、モッツアレラチーズの風味や食感がしっかり感じられるピザになります。ビアンカのピザは生地と一緒にトッピングを焼く場合でも、全体的にモッツアレラチーズが使われていることが多いようです。

③ヴェジェタリアーナ・ビアンカ

出典:http://loites.com/index.php?id=2389900

たっぷりの野菜を摂りたいなら、ヴェジタリアーナ・ビアンカがおすすめです。

【具材】
・ズッキーニ
・パプリカ
・フレッシュトマト
・モッツァレラチーズ


ヴェジェタリアーナ・ビアンカはさまざまな野菜をたっぷりと乗せて作るピザで、生地と一緒に具材を焼くことが多いようです。ヴェジェタリアーナ・ビアンカには、ベースにトマトソースが使われないので、野菜本来の旨味を存分に楽しめるでしょう。

④ドック・ビアンカ

出典:https://ameblo.jp/pizzanapoletana/entry-10575441718.html

特別な日にぜひ食べたいドック・ビアンカはシンプルながら深いチーズの味わいが楽しめます。

【具材】
・水牛のモッツァレラチーズ
・フレッシュトマト
・バジル

ドック・ビアンカは一見マルゲリータ・ビアンカのようにも見えますが、違いは水牛のモッツァレラチーズを使用していることにあります。ドック・ビアンカはお店で注文してもマルガリータ・ビアンカよりも高額で、家庭でも水牛のモッツァレラチーズは手に入りにくいので機会があればぜひ注文してみてください。

ピッツァ・ビアンカの作り方は?

ピッツァ・ビアンカの作り方を紹介します。普段食べているトマトソースを使ったピザとは違い、生地を焼いてから具材をトッピングするピッツァ・ビアンカはどのように作るのでしょうか。

材料

・強力粉:250g
・薄力粉:50g
・塩:小さじ2分の1
・ドライイースト:5g
・オリーブオイル:大さじ1
・ぬるま湯:150cc

作り方・手順

ピッツァ・ビアンカの作り方は以下の通りです。

1.強力粉、薄力粉、塩、ドライイーストを合わせる
2.オリーブオイルとぬるま湯を加える
3.ひとまとまりになるようにこねていく
4.台に10回ほど打ち付けて練るようにこねる作業を10回ほど繰り返す
5.ボウルに戻したら濡れ布巾をかけて40度から45度の場所で1時間寝かせる
6.発行して膨らんだら真ん中から押して空気を抜く
7.再びボウルに戻して濡れ布巾をかぶせたら常温で1時間発酵させる
8.丸くのばしてハーブや塩などの具材や、ホワイトソースなどのベースを乗せていく
9.220度程度のオーブンで15分焼いて完成


こうしてみると手間がかかるように感じますが、素材本来のおいしさを感じられる美味しいピザが完成します。最初に粉類を混ぜ合わせるときは、ドライイーストに塩がかかるとイーストに悪影響となるので投入するときはイーストから離した場所に塩を入れるようにしましょう。ホームベーカリーがあるなら、そちらを活用することでより手軽に作れます。

ピッツァビアンカ☆白いピザ by ベリッシモイタリアン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

ピッツァ・ビアンカの食べ方のおすすめは?

日本人のイメージするピザに比べて素朴で日常的にも食べやすいピッツァ・ビアンカの食べ方を紹介します。複雑な作り方がいらないピッツァ・ビアンカは、日本でも作りやすいピザで手軽に作れるので、さまざまな食べ方をしてみてください。

①オリーブオイルと一緒に食べる

ピッツァ・ビアンカは基本的には何も乗せずに食べるので、オリーブオイルを少量つけてパンのようにちぎりながら食べるのがおすすめです。イタリアではピッツェリエと呼ばれる買い食いできるピザ専門店が多くありますが、ピッツァ・ビアンカに関してはパン屋でも販売されていることもあるようです。パンの代わりとしてランチに食べるのも良いでしょう。

②焼きたてがおすすめ

ピッツァ・ビアンカは家庭でも簡単に作れます。その分焼き立てを食べられるのも嬉しい点で、温かいピザはオリーブオイルもしみこみやすく、生地や具材の本来の味をしっかり楽しめます。ベースにトマトソースを使用しない分、生地の味わいがダイレクトに感じられるので自分で生地から作るならオリーブオイルや小麦粉などは品質の良いものを使用しましょう。

③野菜や果物をトッピングして食べる

生地を焼いてその上にハーブや野菜、チーズを乗せて食べるのが一般的なピッツァ・ビアンカですが、白い生地なら特に強い決まりはありません。キノコのような生で食べられないものやホワイトソースを使用するなら一緒に焼いても良いでしょう。クアトロフォルマッジのようなたっぷりのチーズをかけて焼くピッツァ・ビアンカは、チーズの味を存分に楽しめます。

また、イチジクやフルーツトマトなどをトッピングして、甘味のある味わいに仕上げれば子供にも喜ばれるでしょう。

ピッツァ・ビアンカの人気レシピ

ピッツァ・ビアンカの人気のレシピをいくつか紹介します。あっさりとしたピザに、オリーブオイルをかけて食べるパンのような食べ方をするピッツァ・ビアンカは日本人にはなじみやすいピザです。見た目もおしゃれなものが多いので、おもてなしとしても活躍します。

①イチジクのピッツァ・ビアンカ

出典:https://cookpad.com/recipe/1947652

トマトソースでは意外にも感じるイチジクのピザは、ピッツァ・ビアンカなら色も鮮やかでおしゃれに見えます。さわやかな味わいでイチジクの旬である夏場に、白ワインと一緒にいただきましょう。

世界一SEXYな無花果のピッツァビアンカ by kuni123 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

②マルゲリータビアンカ

出典:https://cookpad.com/recipe/2214399

トッピングの具材はロッソのマルゲリータのままですが、トマトソースではなくクリームチーズを使用しています。チーズはスライスチーズ以外にモッツァレラチーズでも良く合うので、お好みの物を使用してください。

なんちゃってマルゲリータ・ビアンカ by ICHICO☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

③パルメザンチーズのピッツァ・ビアンカ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1310000971/

使用するトッピングはパルメザンチーズのみのシンプルなピッツァ・ビアンカです。具材のシンプルさもメリットですが、ピッツァ・ビアンカの生地はイーストを使用せずに作るので、購入する以外に小麦粉をこねて簡単に作れるのも嬉しい点です。

ビアンカピッツアonパルメチー レシピ・作り方 by hb_jpn|楽天レシピ

ピッツァ・ビアンカを食べてみよう

アメリカから日本に伝わったピザは豪華で華やかなものが多いですが、日常食として食べられているイタリアではピザはシンプルで素朴なもののようです。オリーブオイルをつけて食べるピッツァ・ビアンカは確かに日本人が食べているピザよりも食べやすく、手軽なものと言えます。

関連する記事