高級魚「ホウボウ」とは?値段・味わいの特徴は?刺身など美味しい食べ方も紹介!

ホウボウはどんな魚か知っていますか?今回は、ホウボウの旬の時期・季節や、値段・味わいなど特徴にくわえ、刺身用の捌き方なども紹介します。寄生虫の注意点や、刺身・塩焼きなど食べ方のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ホウボウはどんな魚?
  2. ホウボウの生態・見た目など特徴
  3. ホウボウの名前の由来と地域別の名前
  4. ホウボウの味わい
  5. ホウボウの旬の時期・季節や産地は?
  6. ホウボウの旬の時期は冬(12~2月)あたり
  7. ホウボウの名産地
  8. 高級魚「ホウボウ」の値段は?高い?
  9. ホウボウは1kgあたり約4000円と高い
  10. ホウボウの刺身用の捌き方|寄生虫に注意?
  11. ホウボウの刺身用の捌き方
  12. ホウボウを捌く際の寄生虫の対処法
  13. ホウボウの美味しい食べ方は?刺身が一番?
  14. ①ホウボウの生刺身
  15. ②ホウボウの煮付け
  16. ③ホウボウのアクアパッツァ
  17. ④ホウボウの唐揚げ
  18. ⑤ホウボウは出汁取りにも使える
  19. ホウボウを食べてみよう

ホウボウはどんな魚?

ホウボウは地域によってはスーパーで刺身などを見かけることがありますが、あまり出回らない地域では食べたことがない人もいるかもしれません。ここでは釣りをする人には馴染みのあるホウボウの生態・見た目の特徴・名前の由来・味わいなどを紹介します。

ホウボウの生態・見た目など特徴

ホウボウは北海道南部から南シナ海に至るまでの水深100m~200mの砂底に多く生息しています。カサゴ目ホウボウ科に属しており日本近海に生息するホウボウの中では最大のサイズで、体長は30cm以上に成長します。ホウボウは海底でエビやカニ、小魚を大きな口で捕食する肉食の魚です。

ホウボウの見た目はアジやイワシと異なり、大きな頭に尻すぼまりの胴体が付いていて円錐を横にしたような形で体は褐色です。ヒレに大きな特徴があり、大きな胸ビレは光沢のある青緑色で外敵を驚かせる時に翼のように開きます。腹ビレの一部が足のように進化し海底を歩くように泳ぎながらエサを探す変わった魚です。

ホウボウの名前の由来と地域別の名前

ホウボウは地域によって下記のように呼ばれています。

①青森県 キミオ
②山形県 ウヅムギ
③九州  ホコノウオ
④秋田県 ドコ


上記からも分かる通りホウボウには地域によって実に様々な呼び方があります。ホウボウという名前は、体内に浮袋を持っていて釣り上げた時に低い声でボーボー、ホーボーなどと鳴くことが由来になったとする説があります。

ホウボウの味わい

ホウボウは上質な白身魚ですが身はピンクがかっていて歯ごたえがあり、タイやヒラメと同じくらい旨みのある魚として知られています。肉質が柔らかい割にしっかりしていてクセがなく、噛むほどに旨みが感じられる味わいです。

内臓・肝・浮袋は珍味として、アラは旨みの強い出汁として昔から重宝されていますが、サイズの割に可食部が少ないので歩留まりの悪い魚とされています。

ホウボウの旬の時期・季節や産地は?

ホウボウは美味しい魚だと分かりましたが、どのあたりに主な産地があるのでしょうか。旨みが増して美味しくなる旬の時期や季節も併せて紹介します。

ホウボウの旬の時期は冬(12~2月)あたり

ホウボウの旬の時期は12月から2月の冬の季節で、春の産卵に向けて脂を蓄えた身は濃厚な旨みを楽しめます。一年中流通している魚ではありますが、手に入れるなら冬がおすすめです。刺し網漁、定置網漁の他、底引き網漁でカレイやヒラメなどと一緒に獲れることもあります。

ホウボウの名産地

ホウボウは日本では北海道南部から沖縄までの沿岸部で獲れる魚ですが、特に関東地方では春先に群れを作るホウボウを専門に釣る漁船があるほど親しまれています。昔から殿様など位の高い人が食べる魚の定番であったことから高級魚とされていますが、漁獲量は比較的安定しています。

タイや金目鯛などの赤い魚は、昔から日本各地でお祝いの席で出される定番の魚ですが、ホウボウもその一つです。ホウボウはお食い初めなどの子供のお祝いによく使われるのが特徴的で、それは硬い骨を持ち頑丈な頭をしていることが理由ではないかと言われています。

高級魚「ホウボウ」の値段は?高い?

冬に旬を迎える高級魚のホウボウはスーパーでも売られているのでしょうか。サイズや締め方によっても変わる値段を解説するので参考にして下さい。

ホウボウは1kgあたり約4000円と高い

高級魚であるホウボウは1kgあたり約4000円の高い値段で取引されており、近年では少しずつ値段が上がってきています。活け締めにされたホウボウや1kg以上の大きいサイズは、鳴き袋と呼ばれる浮袋の利用価値が出るため、値段が上がる傾向にある魚です。

一方浮袋が小さく珍味などとして利用価値がない程度のサイズのホウボウはスーパーで刺身が数百円で売られており、干物は一尾200~500円ほどで購入できます。

ホウボウの刺身用の捌き方|寄生虫に注意?

ホウボウは高級魚であるものの、サイズによっては比較的入手しやすくなるので、新鮮なものが手に入ったらぜひ自宅で捌いてみましょう。ここではホウボウの刺身用の捌き方と、気を付けるべき寄生虫について詳しく解説します。

ホウボウの刺身用の捌き方

ホウボウの刺身用の捌き方は以下の通りです。

①包丁で鱗を引く
②胸ビレと腹ビレが頭側につくように斜めに包丁を入れ中骨を切る
③裏返して同様に斜めに包丁を入れて頭を切り離す
④尻から包丁を入れ頭と内臓を一緒に取り除く
⑤頭側から背骨に沿って包丁を入れ片身を切り離す
⑥反対側も同じように包丁を滑らせるようにして身を切り離す
⑦腹骨を切り落とす
⑧皮と身の間に包丁を入れ皮を取り除く
⑨骨抜きで中骨を取り食べやすい大きさに切る


ホウボウは鋭い背ビレや大きな胸ビレがあるので、ケガをしないよう事前にハサミで切っておきましょう。またホウボウの鱗は細かく、市販の鱗取りではうまく取れないことが多いので包丁を使うと取りやすいです。刺身をきれいに盛り付けるコツは、切った角を揃えて幅を均等にすることです。

ホウボウを捌く際の寄生虫の対処法

ホウボウに寄生している可能性が高いのは以下の二種類です。

①アニサキス
②フィロメトラ


アニキサスは半透明の細い糸のような外見で体長は2~3cmあるので目視でも発見できます。ホウボウを捌いて刺身で食べる際はよく見ながら処理をし、スーパーで買った刺身も絶対安全とは限らないので確認することをおすすめします。アニキサスは70度以上の加熱か48時間以上の冷凍で死滅するので、心配な人は生食する前に冷凍しておきましょう。

アニキサスの食中毒は急性アニキサス症と呼ばれ、アニキサスが人体に寄生しようと胃や腸に穴をあけるため激しい腹痛・嘔吐などが見られます。通常3日程度で症状は治まりますが、病院でアニサキスを取り除いてもらうとすぐに症状がよくなるので、アニサキス症が疑われる場合は医療機関を受診するのがおすすめです。

一方、フィロメトラは細いミミズのような外見をした体長1cm~2cmの寄生虫で、魚の卵巣に寄生しています。人間に寄生することはなく食べても無害と言われていますが、寄生された魚に対する影響は分かっていません。寄生虫を調理中に発見したときは、まな板や手に寄生虫の卵が付いてしまっている可能性があるのでよく洗うようにして下さい。

(*アニサキスの見つけ方について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

寄生虫「アニサキス」の見つけ方は?冷凍・加熱で食中毒を予防する方法を解説!

ホウボウの美味しい食べ方は?刺身が一番?

高級魚のホウボウは可食部が少ないものの旨みがあり、アラ・肝・浮袋まで珍重されています。ここではホウボウの美味しい食べ方やレシピを紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

①ホウボウの生刺身

出典:https://cookpad.com/recipe/3184884

新鮮なホウボウが手に入った時は刺身で食べるのがおすすめです。美味しい刺身に仕上げるコツは骨をしっかり取り除き、身を薄造りにすることで、お好みでポン酢でも美味しく食べられます。

ポン酢で♪ほうぼうお刺身【捌き方有】 by ♪ぽっちゃ♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

②ホウボウの煮付け

出典:https://cookpad.com/recipe/3911566

内臓とエラを除いた頭付きのホウボウの煮つけですが、お好みで筒切りにしても美味しく食べられます。煮汁は調味料のみですが必要に応じて後から水を加えて調節して下さい。

美味しいほうぼうの煮付け☆ほうぼうの姿煮 by ハートフルキッチン麗 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

③ホウボウのアクアパッツァ

出典:https://cookpad.com/recipe/2560784

ホウボウは鮮魚店でエラと内臓の処理をしてもらうと簡単に調理でき、見た目が豪華なのでおもてなし料理に最適です。調理中にアサリから塩分が出るので最後に味見をしてから味付けを調節して下さい。

簡単で豪華 ホウボウのアクアパッツァ by 辛三郎 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

④ホウボウの唐揚げ

出典:https://cookpad.com/recipe/3591019

三枚おろしにして皮と骨を取ったホウボウに下味を付けて唐揚げにしたレシピです。揚げすぎないように気を付け、衣がきつね色になる程度にすると身がふんわりとした食感になります。

☆ホウボウの唐揚げ☆ by スミスミたっくん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

⑤ホウボウは出汁取りにも使える

出典:https://cookpad.com/recipe/4421665

ホウボウのアラは熱湯をかけて冷水にとり、丁寧に洗うことで雑味の少ない美味しい出汁が取れます。高級魚であるホウボウの出汁の味を活かすため、あら汁などにする場合も味噌を入れすぎないように注意しましょう。

ほうぼうのあら汁 by guzavie 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが347万品

ホウボウを食べてみよう

旬を迎えた冬のホウボウは、脂がのって旨みが増し、とても美味しくなります。ホウボウを手に入れる機会があったら、寄生虫などに注意しつつ自宅で捌いてホウボウ料理に挑戦してみて下さい。

関連する記事