豚の角煮の煮汁を捨てると勿体無い!人気なリメイクレシピ5選を紹介!

豚の角煮の煮汁は捨てずに使えると知っていますか?今回は、豚の角煮の煮汁の活用方法や再利用するメリットなどを紹介します。角煮の煮汁のアレンジ・リメイクレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。余った豚の角煮の煮汁を上手に活用しましょう。

目次

  1. 豚の角煮の煮汁は捨てる?再利用できる?
  2. 豚の角煮の煮汁を再利用するメリットある?
  3. ①出汁を取る必要がない
  4. ②調味料として使える
  5. ③環境に良い
  6. ④油が節約できる
  7. 豚の角煮の煮汁を上手に再利用・活用する方法は?
  8. ①浮いてくるラードを活用する
  9. ②煮詰めたり薄めたりして使い分ける
  10. ③保存して長く使う
  11. ④さらに調味料を足してアレンジする
  12. ⑤冷蔵庫で煮こごり風に仕上げる
  13. 豚の角煮の煮汁をアレンジ・リメイクレシピを紹介!
  14. ①ツナの炊き込みご飯
  15. ②スープ
  16. ③ラーメン
  17. ④うどん
  18. ⑤肉豆腐
  19. 豚の角煮の煮汁をぜひ活用してみよう!

豚の角煮の煮汁は捨てる?再利用できる?

じっくり時間をかけて煮込んだ豚の角煮は柔らかく、醤油ベースの煮汁ともよく合う定番のおかずです。しかし、調理の過程で煮汁が余ってしまうのが問題点ともいえます。角煮の煮汁を捨てずに再利用する方法はあるのでしょうか。今回は豚の角煮の煮汁について、再利用の方法やアレンジレシピを紹介します。

豚の角煮の煮汁を再利用するメリットある?

もったいないと思いながらも活用する場面がなく、捨ててしまうことも多い豚の角煮の煮汁ですが、捨てずに使用するメリットはあるのでしょうか。ここでは豚の角煮の煮汁を再利用するメリットを紹介します。

①出汁を取る必要がない

豚の角煮の煮汁には、長時間煮込んだことにより豚肉の旨みや甘みが煮汁に溶けだしており、煮汁だけで出汁として使用することが可能です。豚の角煮の煮汁を使えば、わざわざ豚肉や鶏肉を煮込んで出汁を取る必要もありません。

②調味料として使える

豚の角煮の煮汁は、醤油をベースに酒や砂糖など様々な調味料が加えられており、その味は基本的な和食の味付けと変わりありません。そのため余った煮汁を調味料にして煮物を作ったり、炒め物の調味料として使用したりすることができます。調味料としては油分が少し多めのため、中華料理の味付けにもおすすめです。

③環境に良い

豚の角煮の煮汁には大量の豚肉の脂が溶けだしており、そのまま排水溝に流して捨てると下水を通じた環境汚染の原因になりえます。また、肉の脂は固まりやすく、排水溝に流した後に冷えて固まると排水管の汚れや臭いの原因ともなっていまいます。そのため、豚の角煮の煮汁を再利用することは、環境や衛生面でのメリットにもなるのです。

④油が節約できる

豚の角煮の煮汁をそのまま出汁入りのスープや調味料として使用するだけでなく、一度冷まして浮き上がってきた脂を利用することもできます。この脂は炒め物などに使うことができるので油の節約になり、さらに旨味も強いので料理も美味しく仕上がるのがメリットです。

豚の角煮の煮汁を上手に再利用・活用する方法は?

料理に再活用できるだけでなく、環境にも良い煮汁の再利用ですが、残さず上手に活用する方法はあるのでしょうか。ここでは豚の角煮の煮汁を上手に再利用・活用する方法を紹介します。

①浮いてくるラードを活用する

豚の角煮は多くの場合、かたまりの豚肉を使用するため煮汁に溶けだす脂も多量になる場合が多いです。そのため、煮汁を一度冷ますと表面に脂のかたまりが浮いてきます。これが一般的にラードとよばれるものです。表面に浮いてきたラードをすくって保存すれば、炒め物やチャーハンに使用することができます。

②煮詰めたり薄めたりして使い分ける

関連する記事