オレンジカリフラワーとは?普通のと違いは?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

オレンジカリフラワーという野菜を知っていますか?なぜオレンジ色なのでしょうか?今回は、オレンジカリフラワーの〈味わい・栄養価・品種〉など特徴を、普通のカリフラワーとの違いを比較して紹介します。オレンジカリフラワーの食べ方や活用レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. オレンジカリフラワーの特徴は?なぜオレンジ?
  2. オレンジカリフラワーがオレンジ色の理由
  3. オレンジカリフラワーの品種
  4. オレンジカリフラワーと普通のカリフラワーの違いは?色だけ?
  5. ①味わい
  6. ②栄養価
  7. オレンジカリフラワーの食べ方は?生でOK?
  8. オレンジカリフラワーは生でも美味しい
  9. オレンジカリフラワーに合う調理法・料理
  10. オレンジカリフラワーの活用レシピは?
  11. ①オレンジカリフラワーのサラダ
  12. ②オレンジカリフラワーのピクルス
  13. ③オレンジカリフラワーと豚肉の炒め物
  14. オレンジカリフラワーを食べてみよう

オレンジカリフラワーの特徴は?なぜオレンジ?

出典:https://item.rakuten.co.jp/oishiina/10001427/

つぼみが白色のカリフラワーはよく見かけますが、つぼみがオレンジ色のオレンジカリフラワーと呼ばれる野菜もあります。オレンジカリフラワーとはどのような野菜で、なぜオレンジ色をしているのでしょうか。

オレンジカリフラワーがオレンジ色の理由

カリフラワーは、つぼみを太陽光に当てると黄色やオレンジ色に発色するのが特徴の野菜です。一般的なカリフラワーは外葉でつぼみを覆い日光を遮って栽培されているため、変色せずに白色のカリフラワーに成長します。オレンジカリフラワーがオレンジ色をしているのは、つぼみを葉で隠さずに太陽の下で栽培されているためです。

オレンジカリフラワーの品種

オレンジカリフラワーの主な品種には、以下のようなものがあります。

・オレンジ美星(みせい)
・オレンジブーケ


オレンジ美星は収穫時期よりも早い段階で刈り取られる小さめのオレンジカリフラワーで、みずみずしい食感があり生食にも向いています。オレンジブーケはブーケに似ていることから名づけられた品種で、鮮明な山吹色をしているのが特徴です。どちらの品種も加熱しても色落ちせず、鮮やかな見た目を保つことができます。

オレンジカリフラワーと普通のカリフラワーの違いは?色だけ?

オレンジカリフラワーと一般的なカリフラワーの違いは、色だけなのでしょうか。オレンジカリフラワーとカリフラワーの味わいや栄養価の違いについて解説します。

①味わい

普通のカリフラワーとオレンジカリフラワーはどちらも歯ごたえがあり、食感においては大差ありません。カリフラワーの味はクセがなくほのかな甘みがありますが、オレンジカリフラワーはカリフラワーよりも強い甘みをもっているのが特徴です。

②栄養価

オレンジカリフラワーはカリフラワーよりも栄養価が高いのも特徴で、オレンジカリフラワーに含まれる主な栄養素は以下の通りです。

・βカロテン
・カリウム
・ビタミンC
・食物繊維


オレンジカリフラワーは色素成分であるβカロテンが豊富に含まれており、その含有量は白いカリフラワーの25倍にも及びます。βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されて粘膜や皮膚を健康に保つほか、がんの予防やアンチエイジングなどにも効果的な栄養素です。

カリウムは細胞内の浸透圧を調整するうえに、体内の余分な塩分を排出してむくみを解消する働きがあります。ビタミンCはコラーゲンを合成して肌にハリや潤いを与える美容効果だけでなく、体の免疫力を高める作用もあります。

また、オレンジカリフラワーに含まれる不溶性食物繊維は便の量を増やして腸を刺激して排便を促進する働きがあるため、便秘の予防や解消効果が期待できるでしょう。

オレンジカリフラワーの食べ方は?生でOK?

オレンジカリフラワーは、どのように調理すると美味しく食べられるのでしょうか。オレンジカリフラワーの食べ方に加えておすすめの調理法や料理について解説します。

オレンジカリフラワーは生でも美味しい

オレンジカリフラワーは一般的なカリフラワーよりも灰汁が少なく味にクセがないため、新鮮なものであれば生で食べても美味しくいただけます。オレンジカリフラワーを生で食べる場合は、サラダに使うほか漬物やピクルスとして食べるのもおすすめです。

オレンジカリフラワーに白色や紫色のカリフラワーを組み合わせて、彩の鮮やかなサラダやピクルスを作っても良いでしょう。生でオレンジカリフラワーを食べると、特有の歯ごたえのある食感が楽しめます。

オレンジカリフラワーに合う調理法・料理

オレンジカリフラワーに合う調理法や料理は、以下の通りです。

・茹でる
・炒める
・シチュー
・グラタン
・ポタージュ


オレンジカリフラワーは加熱すると生の状態よりも色が鮮やかになるため、茹でたり炒めたりして加熱調理すると見栄えが良くなります。また、オレンジカリフラワーは淡泊な味わいのため、粒マスタードやカレー粉などの辛味の効いた調味料で味付けするとより美味しくなります。

茹でたオレンジカリフラワーを味噌やマヨネーズで和えるほか、肉や魚料理に添えるのもおすすめです。炒め物に使う際には、豚肉やベーコン、アンチョビなどとともに炒めると、食べ応えのあるおかずが作れます。また、オレンジカリフラワーなどのカリフラワーは牛乳との相性が良いため、シチューやグラタン、ポタージュなどに使っても美味しいです。

なお、オレンジカリフラワーなどのカリフラワーを調理する際には葉を切り落としてつぼみの部分を使うことが多いですが、葉の部分も調理すれば食べることができます。オレンジカリフラワーの葉は、炒めてきんぴらやふりかけにするほか汁物の具材にも使えます。

オレンジカリフラワーの活用レシピは?

オレンジカリフラワーは、サラダをはじめピクルスやスープ、炒め物など様々な料理に活用できます。ここからは、オレンジカリフラワーを使ったおすすめのレシピを3品紹介します。

①オレンジカリフラワーのサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/1629222

オレンジカリフラワーを粒マスタードのソースに絡めて作るサラダのレシピです。オレンジカリフラワーの甘みに粒マスタードの辛味が効いた、爽やかな味わいが楽しめます。オレンジカリフラワーのほかきゅうりや赤パプリカを使うことで、彩良く仕上がります。

オレンジカリフラワーの粒マスタード和え by 野菜ソムリエ華 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

②オレンジカリフラワーのピクルス

出典:https://cookpad.com/recipe/2715111

茹でたオレンジカリフラワーをピクルス液に漬けて作る一品です。カレー粉やハーブを加えることで、淡泊な風味のオレンジカリフラワーが食べ応えのあるおかずになります。オレンジカリフラワーを茹で過ぎると食感が悪くなるため、茹で時間は3分程度に留めましょう。

おれんじカリフラワーのカレーピクルス。 by nikawafarm 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが348万品

③オレンジカリフラワーと豚肉の炒め物

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1330015262/

オレンジカリフラワーを豚肉やピーマンとともに炒めた中華炒めのレシピです。あらかじめオレンジカリフラワーを下茹でしてから炒めると、炒める時間を短縮することができます。ピーマンをパプリカなどで代用して作るのもおすすめです。

オレンジカリフラワーと豚肉の中華炒め レシピ・作り方 by mint74|楽天レシピ

オレンジカリフラワーを食べてみよう

オレンジカリフラワーは、鮮やかなオレンジ色のつぼみが特徴的なカリフラワーの品種です。オレンジカリフラワーを料理に加えると華やかに仕上がるため、普段の食事だけでなくお祝い事の食事やおもてなし料理に使うのもおすすめです。オレンジカリフラワーの存在を知らなかった人や食べたことがない人は、一度購入して食べてみましょう。

関連する記事