キタアカリとは?どんな特徴の品種?収穫時期や向いてる料理・人気レシピも紹介!

じゃがいもの品種「キタアカリ」を知っていますか?ホクホクですが煮崩れしやすいのが特徴の品種です。今回は、「キタアカリ」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。〈コロッケ、じゃがバター、ポテトサラダ〉など「キタアカリ」の食べ方・レシピや通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. キタアカリの特徴は?どんなじゃがいもの品種?
  2. キタアカリは男爵のように丸い形
  3. キタアカリはホクホク食感で甘みが強い
  4. キタアカリの値段・価格
  5. キタアカリの収穫時期・旬や産地は?
  6. キタアカリの産地
  7. キタアカリの旬・収穫時期は9月〜12月ごろ
  8. キタアカリの食べ方は?向いてる料理は何?
  9. キタアカリが向いている料理
  10. 赤い斑点があるキタアカリは食べていい?
  11. キタアカリの人気レシピを紹介!
  12. ①ポテトサラダ
  13. ②コロッケ
  14. ③じゃがバター
  15. キタアカリを通販でお取り寄せして食べてみよう

キタアカリの特徴は?どんなじゃがいもの品種?

スーパーに行くとキタアカリというじゃがいもが販売されていることがあり、その見た目は男爵によく似ていますが、どう違うのでしょうか。ここではキタアカリの特徴や男爵との違いのほか、その味わいや値段について紹介していきます。

キタアカリは男爵のように丸い形

キタアカリは丸いごつごつとした形のじゃがいもで、つるつるとして長い形状のじゃがいもであるメークインよりも、男爵によく似た見た目の品種です。キタアカリは、男爵とツニカという病気に強いじゃがいもを交配させて作られたので、男爵と似ているのも納得と言えるでしょう。

そのためじゃがいもとのみ表示されていて品種名が明記されていない場合は、男爵かキタアカリかわからないことがあります。キタアカリと男爵の違いは、皮の芽の部分にあり、芽が赤くなっているのがキタアカリです。皮全体もキタアカリの方が少し赤みがかかっているので、両方並んでいる場合は見比べてみるのが良いでしょう。

また、カットしてみると男爵よりも黄色い色をしていることから、キタアカリは別名「黄金男爵」と言われることがあります。なお、キタアカリは味の特徴を表し「栗じゃがいも」と呼ばれることもあるようです。

キタアカリはホクホク食感で甘みが強い

キタアカリは男爵に比べて、甘みが強い味わいとホクホクとした食感が特徴のじゃがいもです。しかし、煮崩れしやすいため煮物には向いておらず、ポテトサラダやポテトコロッケなど、崩して使うじゃがいも料理に使うのに向いています。煮物に使う場合はメークインのような煮崩れしにくいじゃがいもの方が向いているので、用途に合わせたじゃがいもの品種を選びましょう。

なお、おすすめのレシピや詳しいキタアカリに向くじゃがいも料理については、後の見出しで紹介するので参考にしてみてください。

キタアカリの値段・価格

キタアカリは比較的多く栽培されるじゃがいもの品種であることから、流通量の多いじゃがいもである男爵やメークインと比べても、それほど価格に差はありません。じゃがいもの価格は時期などによって変動はするものの、1kgあたり300円から500円で流通しています。

(*じゃがいもの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの種類・品種15こ!旬・収穫の時期や料理に合った選び方も紹介!

キタアカリの収穫時期・旬や産地は?

じゃがいもは比較的容易に栽培でき、保存も効きやすく料理にも使いやすいことから、家庭菜園で作るのにもおすすめの野菜です。収穫時期や旬を知っておくことで、美味しいじゃがいもが食べられます。ここではキタアカリの収穫時期や旬を紹介するので参考にしてください。

キタアカリの産地

キタアカリは病気に強いじゃがいもの品種でもあるため、人気が高く広く栽培がおこなわれています。主産地は北海道の網走や十勝で、次いで千葉県で多く栽培されているようです。キタアカリの名前には「北の大地に希望の明かりを」という意味が込められています。

これは北海道では昔から線虫と呼ばれるじゃがいもにつく害虫に悩まされており、そのために作られたのがキタアカリだったためです。このことから、北海道や富山県などではキタアカリは奨励品種とされています。

キタアカリの旬・収穫時期は9月〜12月ごろ

キタアカリの旬は9月から12月にかけてですが、北海道ではもう少し早い時期に収穫がおこなわれています。北海道では夏から秋にかけて収穫し、貯蔵したのちに翌年まで出荷されています。また、千葉県では北海道での出荷が終わったころの6月から8月にかけてが旬となるようです。

キタアカリに限らずじゃがいもは日持ちするので、野菜売り場にはいつでも良い状態のじゃがいもが陳列されています。ただし、旬の時期にはより美味しくなるので、旬の時期には表示されている産地を確認して取れたてのじゃがいもを味わうのもおすすめです。

キタアカリの食べ方は?向いてる料理は何?

ここではキタアカリに向いているじゃがいも料理をいくつか紹介します。じゃがいもは品種によって味や崩れ方が大きく違うので、知っておくと料理に使いやすくなります。キタアカリの甘さや舌触りの特徴を生かしたじゃがいも料理を選んで作ってみましょう。

キタアカリが向いている料理

キタアカリに向く料理と向かない料理は以下の通りです。

【向いている料理】
・ポテトサラダ
・ポテトコロッケ
・じゃがバター
・ジャーマンポテト
・スープ
・ガレット
・フライドポテト


【向かない料理】
・カレー
・シチュー
・肉じゃが
・豚汁


キタアカリに向く料理は、あえて潰して作る料理や、じゃがバターなどのシンプルな調理法が多いようです。また、味の甘さを生かしてビシソワーズなどのスープにするのにも向いています。

キタアカリは煮崩れしやすいので同じ汁物でもじゃがいもの形が残る味噌汁などの汁物や、カレーなどの煮込む料理は避けた方が良いでしょう。煮崩れすると見た目が良くなく、じゃがいものでんぷん質で濁ったような汁になってしまいます。

なお、煮転がしもあまり向いた料理とはいえませんが、皮つきのまま煮ると煮崩れをある程度防げるので新じゃがが出たころであればおすすめの調理法です。新じゃがで煮転がしを作る場合は、皮が薄く小さ目のキタアカリを選ぶと食べやすくなります。

赤い斑点があるキタアカリは食べていい?

出典:https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fdetail.chiebukuro.yahoo.co.jp%2Fqa%2Fquestion_detail%2Fq12159740657&psig=AOvVaw17nEzU90QDoHuKkglffWHt&ust=1618187631233000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCMDqhe_49O8CFQAAAAAdAAAAABAD

収穫したばかりのキタアカリでも皮に赤い斑点が出ていることがあります。一見病気や腐っているように見えますが、これはキタアカリの皮の特性であり病気ではありません。味には特に問題ないので食べても大丈夫です。なお、キタアカリの中でも皮に赤い斑点のようなものが出やすい品種としては、花標津やはるかと言う品種が挙げられます。

ただし、キタアカリは収穫から時間が経つと芽が出てくる場所がより赤くなる傾向があります。じゃがいもの芽にはソラニンにと呼ばれる毒性を持つ物質が含まれ、誤って食べると腹痛などの悪影響が出るので、芽は必ず取り除いて食べるようにしましょう。

キタアカリの人気レシピを紹介!

キタアカリは煮物や煮込み料理には向かないものの、その甘い味わいを活かしてシンプルな料理からこだわりの料理まで幅広い料理に使いやすいじゃがいもです。ここではキタアカリにおすすめのレシピを紹介するので、キタアカリが手に入ったらぜひ作ってみてください。

①ポテトサラダ

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1880006993/

ポテトサラダは作るのに手間がかかりますが、煮崩れしやすいキタアカリの特徴を生かせば潰すのが簡単になります。具材をツナなどに変えてアレンジして作っても美味しいので、好みに合ったポテトサラダを作ってみてください。

きたあかりで「ポテトサラダ」 レシピ・作り方 by hiromu82|楽天レシピ

②コロッケ

出典:https://cookpad.com/recipe/332749

キタアカリで作るコロッケは、ホクホクとしてじゃがいもの食感がしっかり感じられます。キタアカリのようなじゃがいもは皮を剥くのが大変ですが、茹でてすぐにキッチンペーパーで包むようにして剥くと簡単に剥けます。

きたあかりのホクホクコロッケ by chuny 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

③じゃがバター

出典:https://cookpad.com/recipe/2805790

新じゃがの季節には旬ならではの美味しさを楽しめるじゃがバターは、レンジで加熱しても簡単に作れます。子供のおやつやビールのおつまみにピッタリの一品で、残った場合は他の料理にアレンジしても美味しく食べられます。

☆じゃがバター☆レンジで簡単ホクホク~♪ by ♡*sakura*♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

キタアカリを通販でお取り寄せして食べてみよう

出典:https://www.tabechoku.com/products/48555

害虫の問題を解決するために開発されたキタアカリですが、現在では男爵などと同様に多く流通するじゃがいもとなりました。煮崩れしやすいなどの特徴はありますが、その良さを活かせる調理法で調理することで、美味しさを存分に堪能できるでしょう。旬の時期には、北海道などの名産地から取れたてのキタアカリを通販でお取り寄せして食べてみてください。

【大きい!】キタアカリ発祥農場のジャガイモ 2Lサイズ5㎏:北海道産|食べチョク|農家・漁師の産直ネット通販 - 旬の食材を生産者直送

関連する記事