じゃがいも品種「とうや」の特徴は?保存法や食べ方・レシピのおすすめも紹介!

じゃがいもの品種「とうや」を知っていますか?北海道発祥ででんぷん質が特徴の品種です。今回は、「とうや」の〈味わい・食感・見た目〉など特徴や、旬・収穫時期や産地にくわえ、保存方法も紹介します。〈じゃがバター・マッシュポテト〉など「とうや」の食べ方・レシピや通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. とうや(黄爵)の特徴は?どんなじゃがいもの品種?
  2. とうやは北海道発祥の品種
  3. とうやの味わい・食感
  4. とうやの値段・価格
  5. とうやの旬・収穫時期や産地は?
  6. とうやの産地は北海道
  7. とうやの旬・収穫時期は9月〜11月ごろ
  8. とうやの美味しい食べ方は?
  9. とうやに合う調理法・料理
  10. とうやの人気レシピのおすすめは?
  11. ①じゃがバター
  12. ②マッシュポテト
  13. ③肉じゃが
  14. とうやの保存方法は?
  15. とうやを通販でお取り寄せして食べてみよう

とうや(黄爵)の特徴は?どんなじゃがいもの品種?

スーパーに行くと、とうや(黄爵)と言う品種のじゃがいもが並んでいることがありますが、とうやはどのような品種でしょうか。まずはとうやの味わいや価格などの基本的な情報を紹介します。

とうやは北海道発祥の品種

とうやは北海道で作られた品種で、線虫に強いじゃがいもとYウィルスに強いじゃがいもを交配させて作られました。害虫に強いじゃがいもを作る目的でできた品種なので、家庭菜園で栽培するのにも適したじゃがいもです。名前の由来は洞爺湖から来ており、道南では「黄爵」と書いて出荷しています。

とうやはでんぷんが少なく、カットすると男爵よりも濃いめの黄色をしています。表面は凸凹が少ないので、皮の剥きやすい品種です。

とうやの味わい・食感

じゃがいもはでんぷんが多いほどホクホクとした食感になります。しかし、とうやは男爵と比較しても、でんぷんが少なくしっとりとした食感が特徴です。また、でんぷんが少ない分切ってしばらく経っても変色しにくい特徴も持っています。なめらかな舌触りで粉っぽさがなく煮崩れしにくいので、煮物に向いたじゃがいもです。

とうやの値段・価格

とうやは比較的広く全国で栽培されているため、流通量が多い男爵と比べてもそれほど値段に差はなく購入しやすいじゃがいもと言えるでしょう。味わいや適した料理が違うため、男爵やそのほかのじゃがいもと購入を迷ったら、使いたい料理に合わせて購入してください。後ほどとうやの美味しい食べ方を紹介します。

(*じゃがいもの種類について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの種類・品種15こ!旬・収穫の時期や料理に合った選び方も紹介!

とうやの旬・収穫時期や産地は?

じゃがいもは保存のしやすい野菜であるため、通年を通して美味しく食べられますが、旬の季節のじゃがいもはより美味しいのが特徴です。ここではとうやの旬・収穫時期や産地を紹介するので参考にしてみてください。

とうやの産地は北海道

とうやは北海道が主産地で、北海道の奨励品種となっていることから広く作られています。中でも道南の方ではとうやの栽培が盛んにおこなわれており、洞爺湖にちなんだ名前らしいじゃがいもと言えます。とうやは初心者でも栽培しやすいじゃがいもなので、家庭菜園がある場合には栽培に挑戦してみるのも良いでしょう。

とうやの旬・収穫時期は9月〜11月ごろ

とうやは9月から収穫が始まり、11月ごろまで続くことから、旬は秋ということになります。保存が効きやすいことから、出荷は1月下旬ごろまで続くので、1月まではとうやの味わいが楽しめるようです。

とうやの美味しい食べ方は?

ここからは、しっとりした食感が特徴のとうやの美味しい食べ方を紹介します。煮崩れしにくく色々な料理に使いやすいとうやですが、向かない料理もあるようです。ここではとうやに合う料理を紹介するので、じゃがいもを選ぶ時の参考にしてみてください。

とうやに合う調理法・料理

とうやはでんぷんが少ないことから煮崩れしにくく汁が濁らないのがメリットで、以下のような料理に合います。

・肉じゃが
・カレー
・シチュー
・豚汁
・ポテトサラダ
・マッシュポテト


とうやは肉じゃがなどの長時間煮込んで作る料理に向いています。また、潰すことでしっとりとした食感を生かせることから、潰して作るポテトサラダなどに使うのもおすすめです。ポテトサラダを作る際にはじゃがいもの食感を残したいなら男爵、しっとりした食感に仕上げたいならとうやと言うように、好みに合わせて使い分けてみましょう。

反対にとうやが向いていない料理はフライドポテトやハッシュポテトなどの揚げ物で、ホクホクとした食感が足りないため、やや水っぽい食感になります。ただし、ポテトチップスのような薄くして揚げるものは旨味が出て美味しいようです。

とうやの人気レシピのおすすめは?

和食にも良く合う特徴を持つとうやは、それ以外にもさまざまな料理に適しています。ここではとうやの人気レシピのおすすめを紹介するので、しっとりした食感のじゃがいもが好きならぜひ作ってみてください。

①じゃがバター

出典:https://cookpad.com/recipe/2004717

シンプルなじゃがバターは、おやつにもおつまみにもおすすめのレシピです。こちらのレシピは電子レンジで作るので茹でる手間が必要なく、じゃがいも本来の味わいが楽しめます。

*電子レンジでじゃがバター* by cook_hana 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

②マッシュポテト

出典:https://cookpad.com/recipe/6665042

しっとりとして美味しいとうやで作るマッシュポテトは、アレンジもできるので基本的な作り方を覚えておくとよいでしょう。たくさん作っておいて、ポテトサラダにすればお弁当にも使えます。

かんたん、なめらかマッシュポテト by ケロケロ1号めぐみん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

③肉じゃが

出典:https://cookpad.com/recipe/6725971

煮崩れしにくいとうやは、肉じゃが作りにもぴったりのじゃがいもの品種です。あっさりした肉じゃがが好きなら、とうやを使ってみましょう。

やさしい味♫基本の肉じゃが by 週末シェフごはん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

とうやの保存方法は?

とうやに限らずじゃがいもは光を嫌うので、できるだけ光が当たらないような場所で保存しましょう。

1.段ボールにとうやを入れる
2.光が当たらない涼しいところで常温保存する


じゃがいもは基本的には冷蔵庫のような低温保存は向いていません。低温だと腐りやすくなるので常温で保存しましょう。また、光が当たると緑色に変色して食べられなくなるので、段ボールに入れるときは持ち手の部分もガムテープなどでふさいだうえで保存してください。一緒にりんごを入れることで、りんごが発するエチレンガスが発芽を防いでくれます。

(*じゃがいもの保存について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの保存方法・期間は?常温・冷蔵庫・冷凍で日持ちするコツを紹介!

とうやを通販でお取り寄せして食べてみよう

出典:https://www.tabechoku.com/products/59661?gclid=CjwKCAjwvMqDBhB8EiwA2iSmPIvzBjUSPnl9ETGg1h64FlQryHOB6skXlg3H1k7U02MOJmmZ_IHw7hoCCdgQAvD_BwE

じゃがいもは品種によって合う料理・合わない料理が分かれるため、適切な品種を選ぶことで料理の味わいが向上します。とうやは煮物に向く煮崩れしにくい品種なので、煮物を作ることが多いならぜひとうやをお取り寄せしてじゃがいも料理作りに活用してみて下さい。

【予約商品】味が濃い!農園イチオシの『ふらの産ジャガイモ とうや』2Lサイズ 5kg【10月頃発送】:北海道産|食べチョク|農家・漁師の産直ネット通販 - 旬の食材を生産者直送

関連する記事