白いとうもろこし「ピュアホワイト」とは?糖度・旬の時期や食べ方のおすすめも紹介!

とうもろこしの品種「ピュアホワイト」を知っていますか?白い粒で非常に甘いのが特徴の品種です。今回は、「ピュアホワイト」の〈味わい・糖度・見た目・カロリー〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。「ピュアホワイト」の美味しい食べ方・ゆで方や人気レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ピュアホワイトの特徴は?どんなとうもろこしの品種?
  2. ピュアホワイトは非常に糖度が高く生でも美味しい
  3. ピュアホワイトは粒の色が白いのが特徴
  4. ピュアホワイトのカロリーや値段・価格
  5. ピュアホワイトの旬・収穫時期や産地は?
  6. ピュアホワイトの主産地は北海道や宮城県
  7. ピュアホワイトの旬・収穫時期は6月〜9月ごろ
  8. ピュアホワイト以外に白いとうもろこしの品種はある?
  9. ①ホワイトショコラ
  10. ②バニラッシュ
  11. ③クリスピーホワイト
  12. ④雪の妖精
  13. ピュアホワイトの美味しい食べ方は?
  14. ①レンジで蒸して食べる
  15. ②茹でて食べる
  16. ピュアホワイトの料理レシピのおすすめを紹介!
  17. ①ピュアホワイトのポタージュ
  18. ②ピュアホワイトの炊き込みご飯
  19. ③ピュアホワイトのミルクシチュー
  20. ピュアホワイトを通販でお取り寄せして食べてみよう

ピュアホワイトの特徴は?どんなとうもろこしの品種?

とうもろこしは黄色が定番ですが、近年は白色の品種が増えています。ピュアホワイトも白色のとうもろこしの一種で、生産地も全国に広がっているようです。ここでは、ピュアホワイトとはどんな品種なのかを、特徴とともに説明します。

ピュアホワイトは非常に糖度が高く生でも美味しい

ピュアホワイトは北海道で発祥した白色のとうもろこしです。一般的なとうもろこしの糖度が16度程度であるのに対し、ピュアホワイトは糖度が17度から18度、場合によっては19度程度と高く生でも甘く美味しく食べられる品種です。

2002年に雪印種苗が発表して以降、主に北海道内で生産されていたため流通数も少なく、幻の品種とされていました。しかし2010年頃にメディアで取り上げられたことをきっかけに、現在は知名度の高い品種になっています。

ピュアホワイトは粒の色が白いのが特徴

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51crysxPgrL._AC_.jpg

ピュアホワイトの特徴は、とうもろこしの粒がすべて白色であることです。皮の部分は他の品種と変わらないので、知らずに剥くと中身が白いことに驚くかもしれません。糖度が高いので甘味が凝縮されており、みずみずしさとシャキシャキした食感を併せ持つ品種です。生で食べても果汁があふれ出すほどで、フルーツのような甘味が楽しめます。

(*白いとうもろこしと黄色いとうもろこしの違いについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

「白いとうもろこし」と「黄色とうもろこし」の違いは?品種や食べ方のおすすめも紹介!

ピュアホワイトのカロリーや値段・価格

ピュアホワイトのカロリーは100gあたり90kcalから110kcalと、一般的なとうもろこしが92kcalであるのと比較するとやや高くなる場合があります。

当初は幻のとうもろこしといわれていたピュアホワイトも、このところはスーパーでも見かけることが増えており、1本180円程度で販売されているようです。ECサイトでは6本で2780円程度で、取り寄せることができます。

(*とうもろこしの品種について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

とうもろこしの種類・品種13選!甘い・糖度が高い順にランキングで紹介!

ピュアホワイトの旬・収穫時期や産地は?

ピュアホワイトは開発当初は北海道のみで生産されていたものの、近年は様々な地域で栽培されているようです。ここでは、ピュアホワイトの生産地や旬を含めた収穫時期について説明します。

ピュアホワイトの主産地は北海道や宮城県

ピュアホワイトの主な生産地は北海道ですが、近年は宮城県白石市のほか千葉県、茨城県などでも栽培されています。ピュアホワイトは黄色のとうもろこしの花粉と交配すると色も味も変化してしまうため、他の品種と300m以上の間隔をあけて栽培するなどの配慮が必要です。そのため大量生産に向いている品種とはいえません。

ピュアホワイトの旬・収穫時期は6月〜9月ごろ

ピュアホワイトの収穫時期は6月から9月で、中でも一大生産地である北海道は8月中旬から出荷が始まります。旬の時期は他のとうもろこしと同じで、8月中旬から9月です。幻のとうもろこしと呼ばれていたピュアホワイトも、近年では通販での販売も増えており、手軽に購入できるようになっています。

ピュアホワイト以外に白いとうもろこしの品種はある?

出典:https://aspara.shop-pro.jp/?pid=153585737

近年は、ピュアホワイト以外の品種でも粒が白色のものが増えています。ここでは、ピュアホワイト以外の粒が白色のとうもろこしについて、その特徴に触れながら紹介します。

①ホワイトショコラ

出典:http://www.tawawatown.jp/2657.html

ホワイトショコラも市場に出回る量が少ないことから幻のとうもろこしと呼ばれており、その特徴は以下の通りです。

・糖度は18度から19度
・粒にハリがある
・生食の時は甘味がすっきりしている
・茹でるとまったりとした甘味を感じる


ホワイトショコラも発祥は北海道で、その糖度は完熟したバナナやメロンと同程度と、とうもろこしの中でも群を抜く甘味が特徴です。収穫後のとうもろこしは風味が落ちていくものですが、ホワイトショコラは日持ちしやすく甘味も持続します。

②バニラッシュ

出典:http://www.ihs-agri.jp/seed/fruits-and-vegetables/toumorokoshi/seed201060100101.html

バニラッシュは粒が白色というよりはクリーム色に近いとうもろこしで、以下のような特徴を持ちます。

・粒や皮が柔らかい
・濃厚な甘味
・先まで実がしっかりついていてボリュームがある


バニラッシュも生産が難しい品種なので、幻のとうもろこしに分類されます。皮を剥くと先端まで粒が整っていて見栄えがよいため、市場でも人気が高い品種の1つです。プロの調理人などに好まれる品種でもあるようです。

③クリスピーホワイト

出典:http://asa-jiyugaoka.blog.jp/archives/65007859.html

クリスピーホワイトは温暖な地域では6月頃に、寒冷地では9月の上旬に出荷される品種で、特徴は以下の通りです。

・粒の歯切れがよい
・濃厚で強い甘味
・粒に光沢がある


クリスピーホワイトの特徴は、サクサクした食感と噛むとあふれ出すほどの果汁です。一般的なクリスピーホワイトの糖度も17度以上と高いのですが、中には19度を超えるものもあるほどです。鮮度の良さや甘みが長持ちするのも人気の理由と考えられます。

④雪の妖精

出典:https://www.matuno.co.jp/vegeful/category/journal01/19548.html

雪の妖精も見かける機会の少ない幻のとうもろこしで、以下のような特徴を持ちます。

・フルーツのような強い甘味
・粒が純白
・粒が大きい
・粒がジューシー


雪の妖精はピュアホワイトと比較するとサイズが大きく、風味の良さでも知られます。その糖度は15度から18度といわれていますが、生産者によっては20度を超えることもあるそうです。粒をかじると甘味と果汁があふれ出し、食べ応えもあると評判です。

ピュアホワイトの美味しい食べ方は?

ピュアホワイトは生で食べることもできますが、加熱するとそれとは違う美味しさを楽しむことができます。加熱しても美味しさを損なわないためには、調理法にも配慮が必要です。ここでは、自宅でピュアホワイトの美味しさを味わえる食べ方を紹介します。

①レンジで蒸して食べる

ピュアホワイトを電子レンジで蒸して食べる方法は、以下の通りです。

①ピュアホワイトの皮を、薄皮を数枚残して剥く
②①を隙間ができないようにラップで包む
③②を600wで4分から5分ほど加熱する
④③の粗熱をとってからラップを外す


ピュアホワイトを電子レンジで加熱する際には、薄皮を数枚残した状態でラップを巻くと、甘味や栄養価を逃しにくくなるので美味しく仕上がります。ピュアホワイトの大きさによって、加熱時間は調整しましょう。

②茹でて食べる

ピュアホワイトを茹でる際には、水から茹でる方法とお湯から茹でる方法の2通りがあります。

【水から茹でる方法】
①ピュアホワイトの皮を剥く
②水をはった鍋に①を入れて火にかける
③落し蓋をする、または箸でピュアホワイトを上下にひっくり返しながら茹でる
④お湯が沸騰してから3分程度で引き上げる


【お湯で茹でる方法】
①ピュアホワイトの皮を剝く
②鍋にお湯を沸騰させ、①を入れる
③落し蓋をする、または箸でピュアホワイトを上下にひっくり返しながら3分ほど茹でて引き上げる


ピュアホワイトを水から茹でるとジューシーに、お湯から茹でるとシャキシャキとした食感に茹で上がります。茹でたピュアホワイトをそのまま食べる、またはサラダに使う時には水から、揚げ物や炒め物にする際にはお湯から茹でると美味しいです。

ピュアホワイトの料理レシピのおすすめを紹介!

白くて甘いピュアホワイトはそのまま食べるだけでなく、料理に活用すると違う味わいを楽しめます。ここではピュアホワイトの美味しさを堪能できる、おすすめのメニューを3つ紹介します。

①ピュアホワイトのポタージュ

出典:https://cookpad.com/recipe/2332693

とうもろこしのポタージュも、ピュアホワイトを使うとビシソワーズのような仕上がりになります。このレシピでは豆乳を使っているので、甘味があるのにヘルシーな仕上がりとなっています。

ピュアホワイトのポタージュ by 宮保鶏丁 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

②ピュアホワイトの炊き込みご飯

出典:https://cookpad.com/recipe/4058075

生でも食べられるピュアホワイトを炊き込みご飯に使う時には、生のまま入れるのがおすすめです。このレシピでは芯も一緒に炊き込むことで、とうもろこしのだしが効いた一品となっています。

ピュアホワイトの炊き込みご飯 by ベロレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

③ピュアホワイトのミルクシチュー

出典:https://cookpad.com/recipe/2885752

ピュアホワイトをふんだんに使ったクリームシチューは、食べるとその甘味を楽しめる一品です。生のピュアホワイトの実をこそげ取り、他の野菜と一緒に炒めて煮込むだけと簡単です。

ミルクシチュー(ピュアホワイト) by はーとねこ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

ピュアホワイトを通販でお取り寄せして食べてみよう

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51diJnugN1L._AC_.jpg

今回はピュアホワイトの特徴と、旬を含めた収穫時期や産地などを紹介しました。近年はピュアホワイトをスーパーで見かける機会が増えていますが、旬の美味しさを味わいたいなら産地から通販で取り寄せるのがおすすめです。いつものとうもろこしとは違う美味しさを、ぜひ味わってみることをおすすめします。

Amazon | 北海道産 南幌町明るい農村ネットワーク 朝採り とうもろこし ピュアホイト 10本入り

Amazonレビュー

★★★★★

とても新鮮でみずみずしく、太さもあり、粒もぎっしり詰まっていて…本当にビックリするぐらい甘くて美味しかったです! 皮を剥いて水にサッと通してラップして2分40秒(800ワット)。
熱々、シャキシャキ、甘々!最高でした!

関連する記事