ハニーバンタムとは?甘い品種の祖先?名前の意味や収穫時期・通販のおすすめも紹介!

とうもろこしの品種「ハニーバンタム」を知っていますか?昭和60年に登場した高糖度で甘い品種です。今回は、「ハニーバンタム」の〈味わい・食感・見た目・意味〉など特徴や、旬・収穫時期や産地なども紹介します。「ハニーバンタム」の食べ方・レシピや通販商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ハニーバンタムの特徴は?どんな品種?
  2. ハニーバンタムは昭和60年に登場した高糖度で甘い品種
  3. ハニーバンタムの名前の意味は「小さく蜂蜜のように甘い」
  4. ハニーバンタムの価格・値段
  5. ハニーバンタムの旬・収穫時期や産地は?
  6. ハニーバンタムの主産地
  7. ハニーバンタムの旬・収穫時期は2月〜10月ごろ
  8. ハニーバンタムの改良品種は?
  9. ①ピーターコーン
  10. ②ハニーバンダム20
  11. ③ハニーバンダム早生200
  12. ④ハニーバンダムピーター235
  13. ⑤ハニーバンダムピーター445
  14. ⑥ハニーバンダムピーター610
  15. ハニーバンタムの美味しい食べ方・レシピを紹介!
  16. ①茹でとうもろこし
  17. ②焼きとうもろこし
  18. ③コーンスープ
  19. ハニーバンタムを通販でお取り寄せして食べてみよう

ハニーバンタムの特徴は?どんな品種?

とうもろこしには様々な品種がありますが、ハニーバンタムは日本のスイートコーンの中でも歴史が長い品種の1つです。ここではハニーバンタムとはどんなとうもろこしなのか、特徴を交えて説明します。

ハニーバンタムは昭和60年に登場した高糖度で甘い品種

ハニーバンタムが日本に登場したのは昭和60年頃で、スイートコーンに分類される糖度の高い品種です。日本にとうもろこしが伝わったのは1579年とされており、当時栽培されていたのは痩せた土地でも栽培できるフリントコーン(硬粒種)やワキシーコーン(糯種)でした。

当時は収穫したとうもろこしの粒を粉にしたうえで、米やもちに混ぜて食べていたとされています。明治時代になってようやく、スイートコーンの一種であるゴールデンバンタムが伝来し、その後に品種改良をくり返して生まれたのがハニーバンタムです。

ハニーバンタムの名前の意味は「小さく蜂蜜のように甘い」

ハニーバンタムの名前は、honeyとbantamの2つの単語に由来しています。honeyは蜂蜜、bantamは小柄を意味する単語で、ハニーバンダムは小さく蜂蜜のように甘いとの意味で名づけられました。1985年以降、国内のとうもろこしの中でも人気の品種であり続けています。

ハニーバンタムの価格・値段

スイートコーンであるハニーバンタムは全国各地で栽培されており、生産量も多いことから価格は1本200円程度と、一般的なとうもろこしと同じくらいの相場です。旬の時期には地域によって価格差が生じるようですが、基本的には入手しやすい品種といえます。

(*とうもろこしの品種について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

とうもろこしの種類・品種13選!甘い・糖度が高い順にランキングで紹介!

ハニーバンタムの旬・収穫時期や産地は?

ハニーバンタムは大量生産しやすい品種なので全国各地で栽培されていますが、気候によって収穫時期にずれがあるようです。ここではハニーバンタムの生産地と、旬を交えた収穫時期について説明します。

ハニーバンタムの主産地

ハニーバンダムは北は北海道から南は沖縄県まで、全国各地で生産されています。これは一株に3~4本のとうもろこしがつく生産性が高い品種であることで、生産しやすいことが理由でしょう。中でも主産地として有名なのは北海道で、長野県や長崎県も生産量が多いようです。

ハニーバンタムの旬・収穫時期は2月〜10月ごろ

ハニーバンタムの収穫時期は2月から10月までと幅があるのですが、これは栽培地の気候によって種まき時期がずれるからです。九州や沖縄などの温暖地域では2月から6月と、5月中旬から9月初旬と2回の収穫時期があります。本州の中間地域は3月から7月中旬と6月初旬から9月末、東北以北の寒冷地域は4月から8月初旬と6月下旬から10月初旬が収穫時期です。

旬は種まきや収穫時期によって異なるものの、最も出荷量が多いのは6月から7月にかけてです。居住地域の収穫時期を、旬と覚えておくとよいでしょう。

ハニーバンタムの改良品種は?

そもそもスイートコーンは収穫後に糖度が下がるとの課題があったため、ハニーバンダムが流通するようになってからも品種改良が盛んに行われました。ここでは、ハニーバンダムの改良品種を6つ紹介します。

①ピーターコーン

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/hokkaido-marche/cnp10.html#&gid=itemImage&pid=4

ピーターコーンは黄色い粒と白色の粒の比率が3対1となる特徴を持った品種で、ハニーバンダムより皮が薄くなるように改良されています。収穫時には400gほどに実るのが一般的で、粒も先端まで揃っており、甘味も申し分がないと人気です。

②ハニーバンダム20

出典:https://www.e-taneya.com/item/1402.html

ハニーバンダム20は早生種として改良された品種で、種が採れない一代品種です。その実は平均すると360gほどで、粒の色も大きさも揃っている特徴があり、質感も締まっています。他の品種と比べると粒が大きめで、とうもろこし特有の噛み応えを楽しめます。

③ハニーバンダム早生200

出典:https://sakata-netshop.com/shop/g/g12100013/

ハニーバンダム早生200はハニーバンダム20に次いで収穫時期が短い品種で、1本の重さは400g程度です。ハニーバンダムの改良品種の中でも糖度が高く、食味が良いことで知られています。粒皮は美しい黄色で、茹でてもしわになりにくい品種となっています。

④ハニーバンダムピーター235

出典:https://sakata-netshop.com/shop/g/g12100015/

ハニーバンダムピーター235は、黄色と白色の粒が3対1の割合に混じるタイプのスイートコーンです。大きさが400~450gと大型なのが特徴で、家庭菜園でも作りやすい早生品種となっています。地域によって差がありますが、6月から10月ごろが収穫時期となります。

⑤ハニーバンダムピーター445

出典:http://www.ihs-agri.jp/seed/fruits-and-vegetables/toumorokoshi/seed201060050101.html

ハニーバンダムピーター445は、一つ一つの粒がより大きくなるように改良された品種です。1本の重さは420gにもなり、ピーターコーン並みの品質に生育します。粒皮は濃い黄色で、先端までしっかり実が詰まっていることも特徴です。

⑥ハニーバンダムピーター610

出典:https://sakata-netshop.com/shop/g/g12100059/

ハニーバンダムピーター610は夏に種まきして秋に収穫できるよう開発された品種で、病気に強く耐暑性に優れています。よくしまった粒が先端までしっかりと並んでいるものの、収穫後は時間の経過とともに糖度が下がっていきます。そのため、早朝に収穫して早めに食べるのがおすすめの品種です。

ハニーバンタムの美味しい食べ方・レシピを紹介!

ハニーバンダムは収穫後も糖度が下がるまでのスピードが遅いので、甘味を感じられる食べ方をするのがおすすめです。ここでは、ハニーバンダムを美味しく食べられるレシピを3つ紹介します。

①茹でとうもろこし

出典:https://cookpad.com/recipe/409675

ハニーバンダムの味を楽しみたいなら、シンプルに茹でて食べるのがおすすめです。このレシピでは、しわにならないように大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させて茹でることで、甘味を逃さないよう配慮しています。

しわの寄らない茹でとうもろこし by ぷりんぱ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

②焼きとうもろこし

出典:https://cookpad.com/recipe/1488998

ハニーバンダムを焼きとうもろこしにすると、醤油が焦げた苦味と粒の甘さのコントラストが際立ちます。このレシピでは皮付きのまま電子レンジで加熱し、フライパンで焦げ目をつけているので、洗いものが少なく済みます。

☆簡単焼きとうもろこし☆ by ☆栄養士のれしぴ☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

③コーンスープ

出典:https://cookpad.com/recipe/267217

旬のハニーバンダムを使って、とうもろこしの甘さを感じられるスープです。このレシピではハニーバンダムを茹でて粒を外し、牛乳とコンソメ、塩コショウとともにミキサーで撹拌するだけと手早くできます。

◆旬のとうもろこしで!コーンスープ by もんもん09 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

ハニーバンタムを通販でお取り寄せして食べてみよう

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/u-meisei/20210407022534-00120.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

今回はとうもろこしの中でも見かける機会の多いハニーバンタムの特徴と、旬を交えた収穫時期や産地などを紹介しました。現在ではハニーバンダムにも様々な改良品種があり、粒の大きさや味わいが異なります。気になる品種を通販などで取り寄せて、ハニーバンタムと食べ比べてみるのも楽しそうです。

限定10箱セール クレードルのスイートコーン 北海道産 ハニーバンタム黄色いとうもろこしLサイズ30本 1箱 :20210407022534-00120:U明星SHOP - 通販 - Yahoo!ショッピング

関連する記事