青ネギと白ネギ・長ネギの違いとは?栄養価・味わいなど特徴を比較して紹介!

青ネギとはどんなネギか知っていますか?今回は、青ネギを〈白ネギ・長ネギ〉と違いを明らかにして、〈食べる部位・味わい・栄養・食べ方〉など特徴を比較して紹介します。青ネギ・白ネギの代表品種や、料理レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 青ネギとは?白ネギ・長ネギとの違いはどこ?
  2. 青ネギ・白ネギ・長ネギの違いは『ネギの種類』の違い
  3. 青ネギ(葉ネギ)とは?
  4. 葉ネギの特徴
  5. 葉ネギの食べ方
  6. 白ネギ(根深ネギ・長ネギ)とは
  7. 白ネギの特徴
  8. 白ネギの食べ方
  9. 青ネギ・白ネギの品種は?
  10. 青ネギの有名品種の例
  11. 白ネギの有名品種の例
  12. 青ネギ・白ネギの美味しい料理レシピ
  13. ①青ネギの料理レシピ
  14. ②白ネギの料理レシピ
  15. 青ネギ・白ネギを使い分けよう

青ネギとは?白ネギ・長ネギとの違いはどこ?

スーパーでネギを見ると、全体的に青いものと白い部分があるものの両方が置かれていることがあります。青ネギと白ネギと呼ばれるこの2つは同じ品種なのかを疑問に思う人もいることでしょう。ここでは青ネギとは何かについて、白ネギや長ネギとの違いも交えて説明します。

青ネギ・白ネギ・長ネギの違いは『ネギの種類』の違い

青ネギと白ネギと長ネギは、以下のようにネギの種類によって分類されます。

・葉ネギ:青ネギ
・根深ネギ:白ネギ、長ネギ


葉ネギに分類される青ネギは西日本で多く生産され、消費量も多いです。一方の根深ネギは寒さに強い特性を持つため、東日本で多く栽培されているネギです。日本全体をみると、流通量は根深ネギの方が多くなっています。また青ネギと白ネギでは栄養成分も異なりますが、その違いについては次章以降で詳述します。

青ネギ(葉ネギ)とは?

西日本で消費量が多い葉ネギは、居住地域によってはなじみの薄い品種かもしれません。その特徴や食べ方に興味がある人もいることでしょう。ここでは葉ネギの特徴について、おすすめの食べ方も交えて説明します。

葉ネギの特徴

葉ネギの特徴は全体が緑黄色で細長く枝分かれしており、葉先まで食べられることです。地域によっては万能ネギとも呼ばれ、香りがよいことでも知られます。青ネギは緑黄色野菜に分類され、ビタミンの含有量は白ネギの2倍にも及びます。葉酸やβカロテン、ビタミンKなどの栄養成分も含まれており、健康にも良い野菜です。

葉ネギの食べ方

葉ネギの主な食べ方は以下の通りです。

・炒め物
・鍋物
・薬味


葉ネギの根元部分は白くなっていることもありますが、基本的には青い部分だけを食べます。葉ネギは小口切りにすると香りが楽しめ、大きめに切って加熱調理すると甘味が感じられる野菜です。生のまま麺類の薬味として使っても、もつ鍋やお好み焼きに加えても美味しく、使える料理のバリエーションが広がります。白ネギが苦手な人でも食べやすいのでおすすめです。

白ネギ(根深ネギ・長ネギ)とは

白ネギは青ネギと品種は同じですが、根の部分が白くなるまで成長させてから出荷します。そのため青ネギとは違う特徴があり、食べ方も異なります。ここでは白ネギの特徴と、おすすめの食べ方を紹介します。

白ネギの特徴

白ネギは淡色野菜に分類され、生産量の約70%が秋から冬にかけて出荷されています。白ネギまで成長すると、アリシンと呼ばれる香り成分の量が増えるのが特徴です。このアリシンの働きにより、栄養成分であるビタミンB1が吸収されやすくなります。また白ネギに含まれる栄養成分であるビタミンCとの相乗効果により、免疫力が向上する効果も期待できます。

白ネギの食べ方

白ネギにおすすめの食べ方として、以下のものがあげられます。

・煮物
・炒め物
・和え物
・焼き物
・天ぷら
・薬味

白ネギは白い部分を食べるのが基本で、小口切りや白髪ネギにして生で食べても美味しいものの、辛みを感じることが多いです。白ネギは加熱すると甘味を増すので、焼いたり煮たり揚げたりして食べるのがおすすめです。またタレの下味や餃子の具など様々な料理に使える万能野菜でもあり、切り方によって風味や食感に違いが出るのも魅力です。

青ネギ・白ネギの品種は?

青ネギや白ネギは収穫時期が違うだけで同じものですが、それぞれさらに様々な品種があります。ここでは、青ネギと白ネギそれぞれの有名な品種を紹介します。

青ネギの有名品種の例

青ネギの有名品種として、以下のものがあげられます。

・九条ネギ
・博多万能ネギ


京都の名産品として有名な九条ネギは、九条太ネギと九条細ネギの2種類があります。加熱しすぎると風味が悪くなるので、薬味として活用されることが多い品種です。しかし九条太ネギは手早く炙ったものをそのまま食べると、十分に甘味が感じられます。

白ネギの有名品種の例

白ネギの有名品種には、以下のものがあります。

・下仁田ネギ
・一関曲がりネギ
・深谷ネギ
・千寿ネギ
・加賀ネギ


上記の有名品種は料亭などで煮込み料理に用いられることが多く、ネギ特有の甘味を楽しめます。白ネギはその土地にあった品種が多く栽培されているため、上記以外にもたくさんの品種が生産されています。

(*ネギの種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ネギ(葱)の種類・品種11選!細い・太いや味・大きさなど特徴を比較して紹介!

青ネギ・白ネギの美味しい料理レシピ

青ネギと白ネギでは味や食感、特徴に違いがあるのでそれぞれに適した調理法を用いる方が美味しく食べられます。ここでは、青ネギと白ネギの美味しさが楽しめるレシピを1つずつ紹介します。

①青ネギの料理レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/3851787

青ネギの色と香りをそのままに、美味しく大量に食べたい時にはナムルにするのがおすすめです。このレシピでは青ネギをごく短時間だけ電子レンジで加熱し、鶏ガラスープの素で味付けしています。ごま油としらすとの相性も抜群な、お酒のおつまみにも合う一品です。

葉ネギ わけぎ大量消費に☆ネギのナムル by しゅんさや777 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが350万品

②白ネギの料理レシピ

出典:https://cookpad.com/recipe/4934078

甘味があって加熱すると柔らかくなる白ネギは、炒め物にするとその美味しさを味わえます。このレシピでは斜め切りにした白ネギを油揚げとともにごま油で炒め、鶏ガラスープと和風だしを加えて味付けしています。辛味と食感が好みになるように、炒め時間を調整しましょう。

白ネギ大量消費!箸が止まらない炒め物 by hitty☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが350万品

青ネギ・白ネギを使い分けよう

今回は青ネギについて白ネギ並びに長ネギとの違いを明らかにするとともに、食べ方を含めた特徴を比較して紹介しました。栄養成分も味も食感も異なる青ネギと白ネギは、その美味しさを引き立たせる食べ方で味わうのがおすすめです。料理や調理方法に合わせて、青ネギと白ネギを使い分けましょう。

関連する記事