あん肝とは?栄養・効能や味わいは?食べ過ぎの危険性やカロリーなども紹介!

あん肝って何?と思ったことはありませんか?どんな味がするのでしょうか?今回は、<味わい・栄養・カロリー>などあん肝の特徴に加えて、あん肝を食べ過ぎる注意点について紹介します。<ソテー・パスタ>などあん肝のアレンジレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. あん肝とは何?
  2. あん肝は「あんこう」の肝臓
  3. あん肝の味わいは濃厚でまろやか
  4. スーパーのあん肝は生臭いこともある
  5. あん肝のカロリー・糖質は?
  6. あん肝・あんこうの身のカロリー・糖質
  7. あん肝のカロリー・糖質を他の肝臓と比較
  8. あん肝の栄養と効能・効果は?
  9. ①カルシウムの吸収を促進する
  10. ②代謝を促進する
  11. ③貧血やめまいの症状を予防する
  12. あん肝を食べ過ぎると危険?どうなる?
  13. ①お腹の赤ちゃんが奇形・形態異常になる可能性がある
  14. ②中枢神経系や肝臓・骨・皮膚に異常を引き起こす可能性がある
  15. ③痛風になる可能性がある
  16. あん肝のアレンジレシピを紹介!
  17. ①あん肝のクリームパスタ
  18. ②大根の煮物とあん肝のソテー
  19. ③あん肝の和風ソテーワイン風味
  20. あん肝を食べ過ぎに注意しながら食べてみよう!

あん肝とは何?

あん肝という珍味の名前を聞いたことはあっても、実際に見たり食べたりしたことがある人はそこまで多くないかもしれません。あん肝とは具体的にはどのようなものでしょうか。実際に食べた人の感想も一緒に見てみましょう。

あん肝は「あんこう」の肝臓

あん肝はあんこうの肝臓の部分で、基本的には珍味で扱われることが多いようです。あんこうは身の部分はあんこう鍋などに使われることが多いですが、あんこうは骨以外は捨てるところがないと言われるほど可食部分が多い魚です。

その中でもあん肝と呼ばれる肝臓の部分は、その味わいと希少部位であることから珍味として酒のつまみやラーメンのスープなどに使われています。

あん肝の味わいは濃厚でまろやか

あんこうの肝臓であるあん肝は、濃厚でまろやかな味わいから海のフォアグラとも称され、時にはフォアグラよりも濃厚な味わいであるとも言われることがあります。

舌触りは滑らかでクリーミーであるため、同じ肝臓から作られているフォアグラと比べられることが多いです。あんこうは新鮮な状態なら捌いてすぐに刺身でも食べられるので、機会があれば食べてみてください。

スーパーのあん肝は生臭いこともある

あんこうの旬は冬の寒い時期になり、スーパーでも生のあんこうやあん肝が販売されていることがあります。しかし、あんこうがスーパーで販売されるまでに時間が経過している場合には生臭さを感じることがあるので、あんこうやあん肝を購入したら下処理をするようにしましょう。

薄皮を取り除いて酒でつけてから蒸し器で蒸すと臭みのない美味しいあん肝が出来上がるので、あん肝を見かけたらお酒のおつまみに自分で作ってみるのも良いでしょう。

あん肝のカロリー・糖質は?

あん肝のカロリーや脂質を、他の動物の肝臓と比較しながら紹介します。あん肝は海のフォアグラと言われるだけに、脂質は豊富に含まれていそうですがカロリーや脂質はどうなっているでしょうか。あんこうの身の部分とも比較して、どれくらいの差があるかも見てみましょう。

あん肝・あんこうの身のカロリー・糖質

100gあたり カロリー 糖質 タンパク質 脂質
あん肝 445kcal 2g 10g 42g
あんこうの身 58kcal 0.3g 13g 0.2g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

あん肝とあんこうの身の部分のカロリーや糖質などの栄養価の違いは上記のようになりました。あんこうは深海魚であるため、餌がとれない状態で何日も過ごすこともあることから、できるだけ栄養を体内に蓄えるため肝臓に脂肪が豊富につくようになっています。そのためあん肝の脂質も高く、その分カロリーも非常に高くなっています。

あん肝はフォアグラと比べられることがありますが、フォアグラはガチョウに脂質の高い餌を食べさせ肝臓に脂肪を豊富につけさせているので、どちらも濃厚でクリーミーな味わいです。あん肝を海のフォアグラと呼ぶことがあるのも納得と言えるでしょう。

あん肝のカロリー・糖質を他の肝臓と比較

100gあたり カロリー 糖質
あん肝 445kcal 2g
牛レバー 132kcal 4g
豚レバー 128kcal 3g
鶏レバー 111kcal 0.6g
白レバー 105kcal -g

関連する記事

×