生姜が腐るとどうなる?変色やぬめりが出る?見分け方や賞味期限の目安も紹介!

生姜が腐るとどうなるかを知っていますか?原因は何でしょうか?今回は、<見た目・臭い・味わい・感触>など生姜が腐るとどうなるのかに加え、生姜の賞味期限と日持ちする保存方法を紹介します。生姜の大量消費レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生姜が腐った…?食べていい?
  2. 生姜が腐る原因
  3. 生姜が腐るとどうなる?
  4. ①見た目
  5. ②臭い
  6. ③味わい
  7. ④感触
  8. 生姜が腐っているのか心配な場合とは?
  9. ①生姜の水分が抜けている
  10. ②断面が茶色になっている
  11. 生姜の賞味期限と日持ちする保存方法は?
  12. 生姜を常温保存する場合:2週間程度
  13. 生姜を冷蔵保存する場合:1〜2週間程度
  14. 生姜を冷凍保存する場合:1〜2ヶ月程度
  15. 生姜を腐る前に大量消費できるレシピ!
  16. ①生姜の佃煮
  17. ②ジンジャーシロップ
  18. 生姜が腐る場合の見分け方をマスターしよう

生姜が腐った…?食べていい?

栄養価が高く用途も色々あって便利な生姜ですが、買ってからすぐに使わず保存をしていた生姜が腐っている場合があります。腐ってしまった生姜は、食べることが出来るのでしょうか。

生姜が腐る原因

生姜は、保存状態が悪いと腐ってしまう場合があります。生姜が腐る原因は、以下の通りです。

・ラップに包んだり密閉袋に入れずに保存する
・使いかけを常温で保存する
・素手で触った生姜を冷蔵庫に戻し保存する


上記のような原因を満たした状態で生姜を保存していると雑菌が付着、繁殖し腐る可能性が高くなります。生姜を数回に分けて使う場合には、ビニール手袋を利用して生姜を扱うようにすると良いでしょう。

生姜は高温や乾燥する環境下で傷みやすくなるので、使いかけの生姜はラップなどで密閉して冷蔵庫で保存するようにしましょう。

生姜が腐るとどうなる?

生姜が雑菌の繁殖により腐ってしまった場合は、どのような状態になるのでしょうか。ここでは、生姜が腐った時に現れる見た目や臭い、味わいの変化を紹介します。

①見た目

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10171521225

生姜は傷み始めると茶色に変色し、徐々に黒い色合いになるのが特徴です。完全に腐ると全体が黒い色に変色します。更に酷く劣化してしまった場合には、白いカビが生えてきます。また、生姜をカットした際に切り口がピンク色や赤い色に変色している場合がありますが、これは生姜に含まれるアントシアニン色素が反応して変色したもので食べても問題ありません。

(*生姜にカビが生えても食べれるかどうかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

生姜にカビが生えても食べられる?原因・対処法は?防止策や保存方法も解説!

②臭い

生姜が腐ると生姜独特の爽やかな香りがアンモニア臭のような悪臭・腐敗臭・刺激臭といった、明らかに嫌な匂いがします。生姜の香りとは異なった臭いがした場合には、腐っていると考え処分するようにして下さい。

③味わい

腐った生姜を食べたことがある人はあまりいないので、腐った生姜の味わいをはっきりと説明できる人はいないのが現実です。生姜は腐る過程では酸っぱい味わいになり、徐々にその酸っぱさが強くなると予想できます。腐った生姜は土臭かったり納豆のような味がして、粘り気が出て、生姜独特の辛さが失われてしまいます。

④感触

生姜を触ってぬるぬる粘ついていたり表面が柔らかくなっていた場合は、生姜が腐っている状態です。腐り方がひどい状態の時には、茶色っぽい水気が出ている場合もあります。ぬめりとは逆に表面が乾燥して硬くなっている場合も、食べられないことが多いでしょう。

生姜が腐っているのか心配な場合とは?

生姜が腐っているか食べても大丈夫なのかわからない場合は、どのようなポイントを見ればよいのかを紹介します。生姜がどのように変化して、劣化していくのかを知っておきましょう。

①生姜の水分が抜けている

出典:https://kateisaiennkotu.com/yasainosodatekata/konnsairui/syouga.html

生姜を上手に保存するには、65~90%の湿度が適しています。生姜が乾燥して水分が抜けて萎んでいる場合は、腐っている状態とは異なるので味や風味は落ちますが食べても問題ありません。しかし、萎んでいるだけでなく変色していたりカビが生えている場合は、食べずに処分をして下さい。

②断面が茶色になっている

出典:https://getnews.jp/archives/2353567

使いかけの生姜の切り口の断面が変色して茶色くなっているのは、生姜の成分であるポリフェノールが酸素と結合して酸化し変色したものです。この状態は腐っているものとは異なり、酸化して傷んでいるか傷みかけている状態になり、変色している場所を切り落とせばその他の部分は食べることが出来ます。

生姜の賞味期限と日持ちする保存方法は?

生姜が変色したり萎んだりしないようにするには、保管する温度と湿度がポイントになります。生姜の賞味期限と日持ちする保存方法について紹介します。

生姜を常温保存する場合:2週間程度

生姜を常温保存する場合の賞味期限は、2週間程度の期間です。生姜を保存する際の最適な温度は13~15℃とされているので風通しの良い冷暗所で、新聞紙で生姜を包み乾燥を防いで保管すると日持ちしやすいでしょう。夏場は、常温で保存するとカビが生えてしまうことがあるので注意してください。

生姜を冷蔵保存する場合:1〜2週間程度

生姜を冷蔵保存した場合の賞味期限は1~2週間ほどとなり、常温保存の場合とあまり変わりません。生姜を冷蔵庫に入れてそのまま保存していると水分が抜けて数日で乾燥してしまうため、ペーパータオルや新聞紙で包みポリ袋に入れて野菜室で保存しましょう。

冷蔵室の温度は2~6℃程度に設定されており、生姜を保存するには温度が低すぎます。野菜室の温度は3~8℃で適温よりはやや低めですが、湿度も冷蔵室に比べて高めに設定されているので生姜を鮮度良く保つことができます。

生姜を冷凍保存する場合:1〜2ヶ月程度

生姜を冷凍保存した場合は乾燥やカビの発生による劣化を防ぐことができ、賞味期間は1~2ヶ月程になります。しかし、時間の経過と共に生姜の味や香りは落ちてしまうので、できる限り早めに使いきりましょう。

ラップに包み保存袋や容器に入れ密封して冷凍保存をしておけば、冷凍のまますりおろして使用することができます。その他にも、生姜を千切りや薄切り、みじん切りにしてからや、冷凍する前にすりおろした状態でも保存ができます。1回分づつ小分けして冷凍保存しておくと、使う分だけ取り出せるので便利でしょう。

(*生姜の保存方法や期間について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

生姜の保存方法・期間は?冷凍・冷蔵・常温で長持ちのコツや保存食レシピも紹介!

生姜を腐る前に大量消費できるレシピ!

生姜は臭み消しや風味付けなど、料理に欠かせない食材ですが使用量が少ない場合も多く、傷んでしまうこともあるでしょう。ここでは、生姜が腐る前に無駄なく大量に消費できるおすすめのレシピを紹介します。

①生姜の佃煮

出典:https://cookpad.com/recipe/6555078

生姜を佃煮にして常備菜にしておくと、うどんや冷奴のトッピングや、炒め物のアクセントにするなど幅広い使い方ができます。鰹節の旨味と、生姜の辛味の相性が抜群の一品です。

生姜大量消費!!生姜の佃煮 by Toshicooki 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが351万品

②ジンジャーシロップ

出典:https://oceans-nadia.com/user/39/recipe/125252

ジンジャーシロップを作っておくと寒い季節にはお湯割り・夏は炭酸水で割ったり、さらに料理やお菓子作りにも使えてとても便利です。甘みを出すには、はちみつやメイプルシロップ・黒糖などに変えたり、スパイスを加えても良いでしょう。

【基本】ジンジャーシロップ by 磯村優貴恵 | レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

生姜が腐る場合の見分け方をマスターしよう

生姜が腐ると見た目や臭いに異変が現れますが、赤い変色など食べても問題がない場合もあります。生姜を無駄にすることがないよう、腐る場合の見分け方を把握したいものです。また、適正な保存方法で生姜を日持ちさせ、新鮮なうちに食べ切るようにしましょう。

関連する記事