じゃがアリゴが失敗した時の対処法は?確実に成功させる作り方も紹介!

じゃがアリゴが失敗した時の対処方法を知っていますか?今回は、じゃがアリゴが水っぽいなどの失敗の対処方法や、お湯の量などのじゃがアリゴが失敗しないためのポイント紹介します。じゃがアリゴの失敗しない作り方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. じゃがアリゴが失敗したらどうすればいいの…?
  2. じゃがアリゴが失敗した時の対処方法は?
  3. ①水っぽい・チーズが伸びない・固まる場合は電子レンジで加熱
  4. ②パサパサな場合はお湯を追加
  5. ③味が薄い場合は調味料を追加
  6. ④別の料理にアレンジする
  7. じゃがアリゴが失敗しないためのポイントは?
  8. ①お湯の量は130〜150ccが目安
  9. ②チーズはなるべく細く裂く
  10. ③蒸す時間は2分が目安
  11. ④容器に移す場合は深く狭いものを使う
  12. ⑤よくかき混ぜる
  13. じゃがアリゴの失敗しない作り方を紹介!
  14. じゃがアリゴをより美味しくするアレンジアイデア
  15. ①コロッケ
  16. ②グラタン
  17. じゃがアリゴは失敗しても挽回できる!

じゃがアリゴが失敗したらどうすればいいの…?

出典:https://cookpad.com/recipe/5496151

じゃがアリゴとは、カルビーの人気スナックであるじゃがりことで、さけるチーズにお湯を加えて練って作る食べ物です。フランスの郷土料理のアリゴが簡単にできることで、SNS上でも話題となりましたが、中には失敗してしまうこともあるようです。ここではじゃがアリゴを失敗したときの対処法と、うまく作るポイントについて説明します。

じゃがアリゴが失敗した時の対処方法は?

じゃがアリゴが失敗してしまう理由にはいくつか理由がありますが、対処法もあるようです。じゃがアリゴが失敗してしまったときの原因と、その対処法について見ていきましょう。

①水っぽい・チーズが伸びない・固まる場合は電子レンジで加熱

出典:https://twitter.com/Minase_Itika/status/1099658510160125952

じゃがアリゴが水っぽく、さけるチーズが伸びないと感じる場合は、お湯を入れすぎた可能性があります。電子レンジで加熱することで、温度が上がって水分も飛ぶので試してみましょう。

②パサパサな場合はお湯を追加

じゃがアリゴがパサつく場合は、水分が足りていないため熱湯を追加してみてください。じゃがアリゴはレシピ上では150ccとなっていますが、それでもお湯が足りないことがあるようです。混ぜながら少しずつお湯を追加していき、適量を見つけましょう。

③味が薄い場合は調味料を追加

じゃがりこは基本的にはそのままで食べることを前提としているため、お湯を加えることで味付けが薄く感じることがあるようです。調味料を加えることで解決するので、好みの調味料を加えてください。塩のほか、コンソメやケチャップなどがおすすめです。

④別の料理にアレンジする

じゃがアリゴの水分が多かったり少なかったりして失敗してしまった場合や、じゃがアリゴに飽きたら別の料理にアレンジするのもおすすめです。グラタンやポテトコロッケにすることで、美味しく食べられる可能性があります。

じゃがアリゴが失敗しないためのポイントは?

出典:https://cookpad.com/recipe/5496770

じゃがアリゴを作るうえで、失敗しないためのポイントがいくつかあるので紹介します。できるだけ失敗を避けるためにポイントをおさえて、美味しいじゃがアリゴを作ってみましょう。

①お湯の量は130〜150ccが目安

関連する記事

×