生クリーム・ケーキは何歳から?1歳・2歳はNG?いつから食べられるか紹介!

生クリームは何歳から食べれるのでしょうか?<1歳・2歳>などの子供・赤ちゃんに市販のケーキを与えてもいいのでしょうか?今回は、生クリームはいつから食べれるのかを、与える際の注意点とともに紹介します。生クリームのアレルギーの症状・対処法や、何歳からあげたか先輩ママの口コミも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 生クリームは何歳から?子供・赤ちゃんはいつから食べれるの?
  2. 生クリームは1歳からが目安
  3. 生クリームは風味付け程度であれば7ヶ月頃からOK
  4. 生クリームの市販のケーキなどを食べるのは2歳以降から
  5. 生クリームを子供に与える際の注意点は?
  6. ①まずは少量から与えて様子を見る
  7. ②鮮度が良いものを与える
  8. ③体調が良い日に与える
  9. ④病院にいけるような状況にしておく
  10. 生クリームのアレルギーの症状は?赤ちゃんの対処はどうする?
  11. 生クリームに含まれるアレルゲン
  12. 生クリームによるアレルギー症状
  13. 生クリームを食べた後に体調に異常があればすぐに医療機関を受診
  14. 生クリームを子供に何歳からあげた?【先輩ママの口コミ調査】
  15. 生クリーム以外に子供に与える食べ物で注意すべきものはある?
  16. 生クリームの代用品や子供向けの商品を使うのもおすすめ
  17. 生クリームの代用品
  18. 生クリームの子供向け商品
  19. 生クリームを子供に与える際は注意点を守ろう

生クリームは何歳から?子供・赤ちゃんはいつから食べれるの?

赤ちゃんの1歳の誕生日にケーキを用意するにあたり、生クリームを使用して良いかが気になります。油も砂糖も使われている生クリームは、何歳から食べて良いのかを覚えておくと安心です。ここでは、赤ちゃんや子供は何歳から生クリームが食べられるのかを説明します。

生クリームは1歳からが目安

赤ちゃんに生クリームを食べさせるのは1歳からが目安で、ダメな理由として多くの糖分と脂肪分が使われていることがあげられます。市販の生クリームはカロリーが高いものも多いので、1歳を過ぎて初めて生クリームを食べさせる時には自分で手作りする方が安心です。市販の生クリームがいつから食べられるのかは、後で詳しく説明します。

生クリームは風味付け程度であれば7ヶ月頃からOK

離乳食後期に入った生後7~8ヶ月の赤ちゃんに食べさせる離乳食に、風味付けとして生クリームを使用するのは問題ありません。スープにコクを加えるなど加熱調理に使うのが前提で、動物性の生クリームを使用しするのが基本です。しかし生クリームには油が含まれているので、多くても大さじ1杯までを目安に使ってください。

生クリームの市販のケーキなどを食べるのは2歳以降から

生クリームが使われた市販のケーキを何歳から食べて良いかが気になる時には、2歳を過ぎてからと覚えておきましょう。ケーキの生地はパンと比べると糖分も油も多く使われているので、脂肪分が豊富な生クリームが塗られているとカロリーも高くなります。幼児には一度にたくさんの生クリームを使ったケーキを食べさせ過ぎないよう、注意しましょう。

生クリームを子供に与える際の注意点は?

生クリームをいつから食べさせて良いかを理解するのと同様に、与え方にも配慮が必要です。生クリームの与え方を間違うと、子供が体調不良になるリスクがあります。ここでは、子供に生クリームを与える際の注意点を説明します。

①まずは少量から与えて様子を見る

子供に生クリームを食べさせる際は、少量から始めて様子を見るようにしましょう。日本人には乳糖不耐症が多いので生クリームを食べた後で腹痛や下痢が起こる、あるいは気持ち悪くなる子供もいます。生クリームを与えた後で機嫌が悪くなったり、下痢をしたりしていないかをしっかり観察してください。

②鮮度が良いものを与える

生クリームは生鮮食品の1つなので、鮮度が良いものを与えるのが原則です。大人は時間が経った生クリームを食べても問題なくても、消化機能が未熟な赤ちゃんは少しの雑菌で体調を崩すリスクがあります。開封した生クリームは3~4日で使い切るとともに、離乳食後期には加熱する料理に使うよう徹底しましょう。

③体調が良い日に与える

離乳食の風味付けとして生クリームを使用する場合も、赤ちゃんの体調や機嫌が良い日に与えるのが基本です。生クリームを食べた後で機嫌が悪くなる、あるいは下痢をした際には体に合っていない可能性があります。中にはアレルギー症状が起こる赤ちゃんもいるので、初めて与える際でも見極めやすく安心です。

④病院にいけるような状況にしておく

赤ちゃんに初めて生クリームを食べさせる際には以下の日を避け、何か起こったら病院にいける状況にしておきましょう。

・平日の夕方
・土曜日の午後
・日曜日
・祝日
・年末年始


上記のように病院が締まっている時に生クリームを与えて赤ちゃんの体調が崩れた場合、対処が遅れるリスクが高まります。生クリームによって重篤なアレルギー症状が起こると危険が伴うので、病院が開いている平日の昼前までに与えるようにしましょう。

関連する記事

×