お茶(ペットボトル)の賞味期限はどれくらい?切れても飲める?正しい保存方法も紹介!

お茶の賞味期限を知っていますか?今回は、お茶(ペットボトル)の賞味期限を〈開封後・未開封〉別や〈コップ飲み・直飲み〉別に比較して紹介します。ペットボトルのお茶の正しい保存方法や、期限切れ・腐った場合の特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. お茶(ペットボトル)の賞味期限の目安は?半年?
  2. ①開封後(コップ飲み)の場合
  3. ②開封後(直飲み)の場合
  4. ③未開封の場合
  5. お茶の賞味期限が切れても飲める?飲めない?
  6. 賞味期限の定義
  7. 問題なさそうであれば飲める
  8. お茶の賞味期限が切れたらどうなる?腐る?
  9. ①匂い
  10. ②見た目
  11. ③味
  12. お茶の賞味期限を伸ばす保存方法は?
  13. ①匂いが強い物体を避けて保存する
  14. ②直射日光や温度変化の激しい場所は避けて保存する
  15. お茶の賞味期限切れか心配な場合とは?
  16. ①ペットボトルの底にカビみたいな物体がある
  17. ②とろみがあったりしたら危険
  18. お茶の賞味期限に注意しよう

②とろみがあったりしたら危険

ペットボトルを持った際に、とろみを感じた場合は注意しましょう。一般的なペットボトルのお茶にはとろみをつける成分は含まれないので、中身が変質している可能性があります。とろみがあるお茶は口にせず、処分した方が良いでしょう。

お茶の賞味期限に注意しよう

賞味期限が長く、期限が切れた後も飲むことができるペットボトルのお茶はとても便利なものです。気づかない内に期限が切れていたといったことが無い様、賞味期限は定期的にチェックしておきましょう。

関連する記事