お茶にカビ…?飲んだらどうなる?対処法や正しい保存方法・捨て方を紹介!

お茶にカビが生えていたことはありませんか?子供が飲んだら危険なのでしょうか?今回は、カビが生えたお茶を飲んだらどうなるかと対処法や、カビが生える原因を正しい保存方法とともに紹介します。カビが生えたお茶の捨て方や、カビが生える以外に飲むと危険な状態についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. お茶にカビ…?子供が飲んだら危険?
  2. お茶に生えるカビの種類と特徴
  3. カビが生えたお茶を飲んだらどうなる?死ぬ?対処法は?
  4. カビが生えたお茶を飲んで食中毒になることは少ない
  5. カビが生えたお茶を飲んで注意すべき場合
  6. そもそもお茶にカビが生える原因・場合って?
  7. ①開封後に常温で放置している
  8. ②口をつけて飲んでいた
  9. お茶にカビが生えにくい正しい保存方法・コツは?
  10. ①開封後は冷蔵庫で保存する
  11. ②お茶を入れるポット・容器をしっかり殺菌する
  12. ③飲む際は必ずコップに注ぐ
  13. カビが生えたお茶の捨て方は?
  14. 中身は捨てて資源ごみでOK
  15. お茶のカビ以外で飲むと危険な状態も知っておこう
  16. お茶にカビが生えないように正しく保存しよう

お茶にカビ…?子供が飲んだら危険?

飲みかけのペットボトルを常温あるいは冷蔵庫で保存した際、容器内にカビのようなものが浮遊している経験があるかもしれません。お茶にカビが生えたり、腐ったりすることはあるのでしょうか。ここではお茶に生える可能性がある、カビの種類を説明します。

お茶に生えるカビの種類と特徴

ペットボトルのお茶に浮遊している可能性があるカビの種類には、以下のものがあります。

・白カビ

出典:https://twitter.com/Cathedral1250/status/1411515116936306692?s=20

・黒カビ

出典:https://twitter.com/sayatake00/status/759386207490977792?s=20

・青カビ

出典:https://twitter.com/7_jc3/status/1209762927546265600?s=20

・茶色のカビ

出典:https://twitter.com/0624kasumin/status/321587303329984512?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E321587303329984512%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fyosemi-7.com%2Fpost-60759

緑茶などには殺菌作用のあるカテキンが含まれているものの、カビなどの雑菌は茶葉の含有物であるタンパク質を好むので腐ることは珍しくありません。そのため白い浮遊物やゼリー状のものがペットボトル内に見られたら、カビの可能性があります。

カビかどうかを見極める方法としてお茶に浮遊物が浮いているあるいは沈んでいる、お茶がドロドロするまたはとろみがあるかを確認しましょう。その場合はカビの可能性が高いので、口にしてはいけません。

カビが生えたお茶を飲んだらどうなる?死ぬ?対処法は?

お茶の浮遊物の中には影響がないものもあるので、誤ってカビではないと思い飲んでしまうミスは起こりえます。誤ってお茶のカビを飲んだ場合、どんな健康被害があるのかが気になるところです。ここでは、カビの生えたお茶を飲んだ時にどうなるのかと対処法を説明します。

カビが生えたお茶を飲んで食中毒になることは少ない

食中毒の症状として、以下のものがあげられます。

・腹痛
・下痢
・吐き気
・嘔吐
・発熱


実際にはカビの生えたペットボトルのお茶を誤って飲んでも、上記のような食中毒の症状が起こるケースは多くありません。食中毒が起こっても水分が摂れて、時間の経過とともに症状が軽減されるようなら自宅で安静にしていればよいでしょう。しかし水分が摂れない、あるいは症状が長引くようなら病院で診察を受けてください。

カビが生えたお茶を飲んで注意すべき場合

カビが生えたペットボトルのお茶を飲んで注意すべき場合は、以下の通りです。

・大量のカビを一度に飲んだ
・カビ入りのお茶を長時間にわたって飲んだ
・毒性の強いカビの飲んだ
・体調が悪い時に飲んだ
・免疫力が下がっている時に飲んだ
・赤ちゃんや子供、妊婦、高齢者が飲んだ


上記のようなケースの場合は、誤って飲んだカビの量が少なくても食中毒症状が出ることがあります。子供や高齢者など免疫力の弱いあるいは体調が悪い人が誤飲すると思わぬ事態になる可能性が高いので、飲む前に異常がないのかを確かめるようにしましょう。

そもそもお茶にカビが生える原因・場合って?

ペットボトルのお茶にカビが生えるあるいは腐る原因をわかっていれば、それを防ぐことができます。開封すると雑菌が混入し繁殖したり腐るリスクがあるので、保存方法にも配慮が必要です。ここでは、お茶にカビが生える原因を2つ紹介します。

①開封後に常温で放置している

開封後のペットボトルを冷蔵保存せずに常温で放置していると、雑菌が増殖してカビが生える可能性があります。開封したままのペットボトルのお茶を常温保存して何日で雑菌が増殖するかのかは、室温によって変動するものです。しかし多くは24時間で容器内に雑菌が増殖するので覚えておきましょう。

②口をつけて飲んでいた

お茶のペットボトルに直接口をつけて飲むことで、唾液中の雑菌が容器内に混入します。その雑菌が容器内で増殖することで、カビが生えやすくなります。近年のペットボトル入りのお茶には保存料が使用されていないことが多いので、カビの増殖を避けたいなら容器に口をつけないことを徹底しましょう。

お茶にカビが生えにくい正しい保存方法・コツは?

開封したお茶を腐るあるいはカビを生やすことなく飲みきるためには、正しい保存方法を実践するのが一番です。日頃から正しい保存方法を実践しておけば、子供や高齢者などがカビ入りのお茶を誤飲するリスクを減らせます。ここではお茶の正しい保存方法を2つ紹介します。

①開封後は冷蔵庫で保存する

ペットボトルのお茶は一度開封したら、冷蔵庫で保存するのが鉄則です。カビや雑菌は常温で増殖しやすいので、開封後は冷蔵庫から出す時間も短くするようにしましょう。ペットボトルのお茶は口をつけていなくても、開封後は2~3日は賞味期限となっています。しっかり冷蔵保存して、賞味期限内に飲みきりましょう。

②お茶を入れるポット・容器をしっかり殺菌する

自宅で煮出したあるいは水出ししたお茶を作る際、それを入れるポットや容器をしっかり殺菌することも重要です。保存容器はガラス製が好ましく、しっかり洗ってから煮沸消毒することで雑菌が繁殖しやすくなります。殺菌後の容器は清潔に扱い、汚れた手で触れないよう配慮しましょう。

③飲む際は必ずコップに注ぐ

ペットボトルなどの容器に入ったお茶を飲む際には、必ずコップに注ぐことを徹底しましょう。一度でも容器に口をつけると、中で雑菌が増殖するリスクが高まるのでおすすめできません。また、コップに入れたお茶をそのまま放置しておくと、空気中の雑菌が入り傷む原因となります。特に、自分で管理することが難しい小さい子供の場合は気を付けましょう。

カビが生えたお茶の捨て方は?

お茶のペットボトルにカビが生えているのに気がついた時には、飲まずに処分するのが鉄則です。しかしカビが生えてしまったお茶をどう処分すべきか、悩む人もいるでしょう。ここでは、カビが生えたお茶の捨て方を紹介します。

中身は捨てて資源ごみでOK

ペットボトルのお茶にカビが生えた時には、中身を捨てて資源ごみとして捨ててかまいません。カビを飛び散らせたくない場合は、浴室の排水溝に中身を捨てて熱湯のシャワーで流すことをおすすめします。

お茶を捨てた後は、きれいにペットボトルを洗浄しましょう。カビの生えたペットボトル内に洗剤と細かく砕いた卵の殻を入れ、口をおさえて10回程度振り、中身を取り出してすすぐとよいでしょう。

またカビの汚れが取れない時には資源ごみとしてでなく、可燃ごみとして処分してください。カビが入り込んだペットボトルはリサイクルできないので、捨て方にも十分に配慮が必要です。

お茶のカビ以外で飲むと危険な状態も知っておこう

お茶が腐ると以下のような特徴があらわれるので注意が必要です。

【味】
・酸味がある
・舌にしびれを感じる


【臭い】
・酸味臭がする
・カビ臭がある
・いつもと違う臭いがする


【見た目】
・とろみがある
・カビが浮遊している
・容器の底や縁にぬめりを感じる


上記のような変化がみられる場合は、腐っている可能性が高いので口につけないことをおすすめします。未開封のペットボトルであっても、直射日光があたるなど保存状態が悪ければ腐る可能性は十分にあります。口をつける前に、お茶に変化がないのかを必ず確認しましょう。

(*お茶が腐るとどうなるのかについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

お茶が腐るとどうなる?味で分かる?飲んだ時の対処法や保存のコツなど紹介!

お茶にカビが生えないように正しく保存しよう

今回はカビが生えたお茶を飲んだらどうなるかと対処法、さらにカビが生える原因、正しい保存方法についても紹介しました。ペットボトルに入ったお茶だけでなく、自宅で煮出したり水出し下りしたものも、正しく保存しなければ傷む可能性が高いです。カビが生えないように正しく保存して、賞味期限内に飲みきるよう心がけましょう。

関連する記事