お茶(ペットボトル)の賞味期限はどれくらい?切れても飲める?正しい保存方法も紹介!

お茶の賞味期限を知っていますか?今回は、お茶(ペットボトル)の賞味期限を〈開封後・未開封〉別や〈コップ飲み・直飲み〉別に比較して紹介します。ペットボトルのお茶の正しい保存方法や、期限切れ・腐った場合の特徴も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. お茶(ペットボトル)の賞味期限の目安は?半年?
  2. ①開封後(コップ飲み)の場合
  3. ②開封後(直飲み)の場合
  4. ③未開封の場合
  5. お茶の賞味期限が切れても飲める?飲めない?
  6. 賞味期限の定義
  7. 問題なさそうであれば飲める
  8. お茶の賞味期限が切れたらどうなる?腐る?
  9. ①匂い
  10. ②見た目
  11. ③味
  12. お茶の賞味期限を伸ばす保存方法は?
  13. ①匂いが強い物体を避けて保存する
  14. ②直射日光や温度変化の激しい場所は避けて保存する
  15. お茶の賞味期限切れか心配な場合とは?
  16. ①ペットボトルの底にカビみたいな物体がある
  17. ②とろみがあったりしたら危険
  18. お茶の賞味期限に注意しよう

お茶(ペットボトル)の賞味期限の目安は?半年?

ペットボトルのお茶は、いつでも気軽に飲むことができて便利なものですが、賞味期限については気にしていない方も多く見受けられます。ここでは、美味しく飲むために役立つ賞味期限の目安や、保存方法などについて紹介します。

①開封後(コップ飲み)の場合

開封後はお茶に限らず、ペットボトル飲料全般については冷蔵庫保存で開封後2~3日としているメーカーが多い様です。これは空気に触れて劣化・酸化が進むためで、なるべく早めなどと表現されることもありますが、おおむね2~3日と考えます。

②開封後(直飲み)の場合

ペットボトルに口を付けて飲んだ場合は酸化だけではなく、唾液から細菌が混じることにより劣化の心配もあるので当日中に飲み切るようにしましょう。ランチタイムに買って余ったお茶は次の日に持ち越さず、夕飯時に飲んでしまった方が良いです。

小さなペットボトルのお茶でも飲み切れないと感じた場合は、開封後はコップに移して飲むことで長持ちさせることが出来ます。

③未開封の場合

未開封のお茶に関しては、記載されている賞味期限通りとなります。未開封・常温保存の場合はメーカーや商品にもよりますが、キャップに印字されていることが多く、期限は約半年~1年となっているものがほとんどです。ただし未開封でも酸化は進むため、徐々に品質は悪くなるので注意しましょう。

お茶の賞味期限が切れても飲める?飲めない?

買いだめしたペットボトルのお茶の賞味期限が切れていた場合、飲むことはできるのでしょうか。ここではその賞味期限について詳しく紹介します。

賞味期限の定義

賞味期限とは未開封・定められた保存状態にある食品の味を保つ目安のことで、おもに傷みにくい食品に表示されています。美味しく食べられる期限を示しているだけなので、これを過ぎても食べることは可能です。

似たような言葉で消費期限がありますが、こちらはお弁当・肉・生菓子などの傷みやすい食品に表示されており、安全に食べられる期限を示しています。これらは厚生労働省や農林水産省が示した基準に沿った試験や検査の結果から設定されており、開封後はこの定義から外れるので注意が必要です。

問題なさそうであれば飲める

ペットボトルに詰められたお茶や水は腐りにくいと言われており、期限を過ぎても問題無さそうであれば飲む事ができます。自己責任にはなりますが、未開封であれば慌てて捨ててしまう前に、一度中身を確認してみるのも良いかもしれません。

お茶の賞味期限が切れたらどうなる?腐る?

ペットボトルのお茶は賞味期限が切れても飲むことが出来ますが、未開封であってもその状態は変化していきます。ここではその特徴について紹介します。

①匂い

匂いの変化は以下の通りです。

・香りが落ちる
・香りが弱くなる


匂いについては、賞味期限を過ぎても大きくは変わりません。反対にすっぱい・くさいなど明らかにお茶とは違う匂いがした場合は危険ですが、保存していた場所によっては周囲の匂いを吸収している場合もあります。保存する時は、洗剤など匂いの強い物の傍に置かないようにしましょう。

冷蔵庫の奥から2週間くらい前の飲みかけの緑茶が出てきた~!開けたらほんのりすっぱい匂いがしたから梅昆布茶か!と一人ボケツッコミしながらお茶は処分しました。

②見た目

見た目の変化は以下の通りです。

・緑から茶色っぽくなる
・色が濃くなる


お茶は緑から茶系に変化する他、ほうじ茶・ウーロン茶など初めから茶色いものは少し色が濃く変化します。これは、お茶の成分が酸化などを起こすことによって起こる現象の様です。最初の色から変化していると感じた時は、飲むのは控えた方が良いかもしれません。

買いだめしてたお茶の賞味期限が、気付いたら2ヶ月前だった!特に問題なさそうだから恐る恐る飲んでみた…。色が濃くなったのは分かるけど、他はあまり変わらないような…?

③味

味の変化は以下の通りです。

・風味が落ちる
・濃くなる
・香ばしくなる


緑茶はさっぱりとした味から少し濃い味になったり、ウーロン茶のような発酵茶系の味に変化します。明らかに通常のお茶とは異なる、すっぱい・舌がしびれるなどのおかしな味を感じた場合はすぐに飲むのをやめましょう。

また、これらの変化は酸化が主な原因です。酸化は一般的に健康を害するものではありませんが、飲む場合はしっかりと状態を確認してからにしましょう。どうしても心配な場合は、一度沸騰させてから飲むのもオススメです。

災害用に買ったペットのお茶の期限が切れて処分に困ってたら、母から飲めるよ!との声が…。開けて恐る恐る口にしてみたら特に変わらず、ちょっと香ばしくなった?程度。見た目は茶色っぽくなってたけど。

お茶の賞味期限を伸ばす保存方法は?

保存が利くペットボトルのお茶は、普段使いにも、備蓄用にも便利です。ここでは美味しく飲める期間を少しでも長くする方法について紹介します。

①匂いが強い物体を避けて保存する

ペットボトルは材質上、キャップや容器本体に匂いが移る可能性があります。また、完全に密封されている構造ではないので、場合によっては中身にまで匂いが移ってしまいます。強い匂いのする物・場所は避けて保存するようにしましょう。

②直射日光や温度変化の激しい場所は避けて保存する

お茶に含まれる成分の中には熱や光に弱い物もあり、風味や色の変化の原因にもなります。また、ペットボトル自体の劣化は中身の賞味期限にも影響が出るので注意が必要です。未開封のペットボトルは常温保存が可能なので、なるべく日の当たらない涼しい場所に保存するようにしましょう。

お茶の賞味期限切れか心配な場合とは?

未開封でも飲めるかどうか分からないときには、どこを確認すれば良いのでしょうか。ここでは、判断の基準になるようなポイントを紹介します。

①ペットボトルの底にカビみたいな物体がある

ペットボトルの底に、白いカビのような物体が見られる場合は気を付けましょう。未開封の場合は殺菌処理が行われているのでまず見られることはありませんが、開封後は空気中の細菌やホコリなどが原因でカビが繁殖している可能性があります。

ただし、緑や茶色、濃い青色などの物体の場合はお茶の成分が沈殿している場合もあります。これは一部の濁り系製品に見られることが多いようなので、賞味期限の切れていない同じ製品と見比べて見るのも良いかもしれません。

②とろみがあったりしたら危険

ペットボトルを持った際に、とろみを感じた場合は注意しましょう。一般的なペットボトルのお茶にはとろみをつける成分は含まれないので、中身が変質している可能性があります。とろみがあるお茶は口にせず、処分した方が良いでしょう。

お茶の賞味期限に注意しよう

賞味期限が長く、期限が切れた後も飲むことができるペットボトルのお茶はとても便利なものです。気づかない内に期限が切れていたといったことが無い様、賞味期限は定期的にチェックしておきましょう。

関連する記事