すき家の牛丼ミニサイズの量はどれくらい?並との違い・コスパも比較し紹介!

すき家のミニのサイズ・大きさの目安を知っていますか?並盛との違いやコスパはいいのでしょうか。今回は、すき家のミニの〈値段・量・カロリー〉を並盛と比較しながら紹介します。すき家のミニがどのような人におすすめのサイズなのか、〈カレー〉など牛丼以外にもミニがあるのかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. すき家のミニのサイズ・大きさはどれくらい?
  2. ミニはすき家で一番小さいサイズ
  3. すき家のミニの値段・量・カロリーを一覧で紹介!並盛との違いやコスパは?
  4. ①値段
  5. ②カロリー
  6. ③ご飯の量
  7. ④肉の量
  8. 並盛と比べてコスパは低い
  9. すき家のミニはどんな人におすすめ?女性向き?
  10. 値段・カロリーを抑えて牛丼を食べたい人
  11. お子様向けメニューでは足りない人
  12. すき家のミニは牛丼以外にもある?
  13. カレーのみミニがある
  14. すき家のミニの量を把握しておこう

すき家のミニのサイズ・大きさはどれくらい?

出典:https://twitter.com/junsama08081/status/1572059492740898819?s=20&t=JWS5CfM32NdBd7MAJZyr-A

人気牛丼チェーン店であるすき家には、ミニサイズの牛丼があります。今回は、牛丼ミニサイズの大きさや量はどれくらいなのかを、他のサイズと比較して説明します。カロリーやコスパについても紹介するので参考にしてください。

ミニはすき家で一番小さいサイズ

すき家の牛丼のサイズには、以下の種類があります。

・ミニ
・並盛
・中盛
・大盛
・特盛
・メガ
・キング


すき家のサイズは全部で7種類あるので、自分にあった量の牛丼を選択できるのが魅力的なポイントです。牛丼のミニサイズは全サイズの中で一番小さく、肉もご飯も少なめで、並盛の約6割の量と言われています。

並盛と比べて量は少ないのですが、味や、ご飯と肉のバランスは保ったままなので、小ぶりの美味しい牛丼が楽しめると幅広い層の人から人気を集めています。

(*すき家のサイズについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

すき家のサイズ|ご飯・肉の量の違いを比較!ミニ・キング・特盛の大きさは?

すき家のミニの値段・量・カロリーを一覧で紹介!並盛との違いやコスパは?

出典:https://twitter.com/DantsuFlame6/status/1454285567038869508?s=20&t=JWS5CfM32NdBd7MAJZyr-A

サイズ 値段 肉の量 ご飯の量 カロリー 並盛換算
ミニ 330円 60g 180g 496kcal ご飯もお肉も少なめ
並盛 400円 85g 250g 733kcal

実際に注文する前に、牛丼のミニサイズがどれくらいの量なのか分かっていると安心です。ミニサイズの値段・量・カロリーを並盛と比較して解説します。コスパが良いのかどうかもあわせて紹介するので参考にしてください。

また、肉とご飯の量は公式に発表されていないため、並盛の量を基準として栄養成分表示からおおよその量を算出しています。

①値段

ミニの値段は330円と、全サイズの牛丼の中で最安値で、並盛に比べて70円安くなっています。できるだけ出費を抑えたい人や、学生に最適な値段です。並盛と同じ味の牛丼を、安い値段で丁度良い量食べられて嬉しいと、並盛だと多くて食べきれない人から人気を集めています。

②カロリー

ミニサイズのカロリーは496kcalで、並盛と比べて237kcal低いです。低カロリーで牛丼が食べられるのが魅力的だと、ダイエット中の人や、1日の摂取カロリーを制限している人から人気を集めています。

外食でもできるだけヘルシーな食事をしたい人は、牛丼でお腹いっぱいにするのではなく、ミニサイズの牛丼とサイドメニューを組み合わせるのがおすすめです。サイドメニューの味噌汁やサラダ、冷やっこをつければ、バランスの取れた食事になるので試してみてください。

③ご飯の量

ミニサイズのご飯は、並盛に比べて約70g、茶碗半杯分程度少ないです。カロリーにすると約118kcal程度抑えられるので、カロリーを気にしている人にはありがたいサイズと言えます。並盛の牛丼では多くて食べきれない少食の人や、糖質制限している人に最適です。

男性が食べるには、ミニサイズのご飯の量では物足りないと感じるかもしれません。しかし、すき家はおかずやおつまみメニューも充実しているので、ミニサイズの牛丼に四川風麻婆皿やさばなどを組み合わせれば、満足感のある食事になります。

④肉の量

ミニサイズの肉は、並盛に比べて約25g少ないので、脂質制限している人や、並盛の牛丼だと胃がもたれると感じる人に適しています。牛丼の並盛だと途中で味に飽きてしまうという人には、牛丼のミニサイズに、納豆やまぐろたたき皿など、別のおかずメニューを組み合わせて味を変更しながら楽しむのがおすすめです。

並盛と比べてコスパは低い

1gあたりの値段を計算してみると、牛丼のミニは1.241円、並盛は1.034円であり、並盛と比べてミニのコスパは低いです。全サイズの中で最安価なのはミニですが、お得にコスパの高い牛丼を注文したい人には、並盛が適しているといえます。

しかし、並盛だと食べきれない人や、牛丼以外のメニューを楽しみたいという人には、美味しく小ぶりな牛丼が楽しめるミニサイズの牛丼をおすすめします。

すき家のミニはどんな人におすすめ?女性向き?

出典:https://twitter.com/tmoiy325/status/1573870277435740160?s=20&t=JWS5CfM32NdBd7MAJZyr-A

すき家の牛丼には7種類ものサイズがあるので、どのサイズを選ぶか悩む人もいるでしょう。ここでは、すき家の中で一番安くて量の少ないミニサイズは、どんな人におすすめかを紹介します。

値段・カロリーを抑えて牛丼を食べたい人

ミニサイズは、牛丼の全メニューの中で一番安いので、とにかく値段を抑えて安く済ませたい人に最適です。ミニサイズにおしんこセットやたまごセットを付けても、ワンコイン以下で食べられるので、学生のランチにも向いています。

また、牛丼の味はそのまま楽しめつつ、カロリーを抑えられるので、女性やダイエット中で糖質制限している人、外食でもヘルシーな食事を心がけたい人にもおすすめです。

お子様向けメニューでは足りない人

すき家のお子様向けメニューの牛丼は、肉の量が牛丼ミニサイズと同じで、ご飯の量が60g程度少ないです。お子様向けメニューでは足りず、並盛の牛丼では多すぎるという幼児から学童期頃の人には、牛丼ミニサイズが適しているといえます。

すき家のミニは牛丼以外にもある?

出典:https://twitter.com/nakkun_mame2020/status/1572140665823432706?s=20&t=JWS5CfM32NdBd7MAJZyr-A

すき家のミニサイズは、女性や子供、値段や健康を気にしている人など、幅広い層の人が牛丼を楽しめる便利なサイズです。ここでは、すき家でミニサイズの注文が可能な、牛丼以外のメニューを紹介します。

カレーのみミニがある

すき家は牛丼だけではなくカレーも美味しいと評判で、カレーにもミニサイズがあります。ノーマルなカレーのミニサイズの値段は380円と、ワンコイン以下の手頃な値段です。すき家のカレーのルーは、とろみが少なくスープカレーに近いのが特徴で、スパイスの効いた味がクセになると、人気を集めています。

特に、ほろほろチキンカレーは、大きな骨付きチキンが乗っていて満足感があります。ミニサイズのカレーでも、並盛と同じサイズのチキンが乗っているのも贅沢感があり魅力的です。すき家の豚丼にもミニサイズがありましたが、2022年現在は販売が休止されているため、牛丼以外でミニが選べるのは、カレーのみです。

すき家のミニの量を把握しておこう

すき家の牛丼のミニサイズは、コスパは低いですが、値段とカロリーが抑えられます。ミニサイズの量やカロリーを覚えておくと、食べるタイミングや自分の好みに合わせた選択ができるので、参考にしてみてください。

関連する記事

×