タコの踊り食いには死亡の危険性があるって本当?理由を事例と紹介!

タコの踊り食いには死亡の危険性があると知ってましたか?安全に食べる方法はあるのでしょうか。今回は、タコの踊り食いに死亡する危険があると言われる理由を事例とともに紹介します。タコの安全な踊り食いの仕方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. タコの踊り食いは危険?最悪死亡する可能性もあるって本当?
  2. 【前提】店のタコの踊り食いは基本的に安全
  3. タコの踊り食いに死亡する危険があると言われる理由は?
  4. ①寄生虫
  5. ②窒息死
  6. ③吸盤の鋭い爪
  7. タコの安全な踊り食いの仕方は?
  8. ①一口大にカットする
  9. ②大きいタコの踊り食いは避ける
  10. タコの踊り食いをしたい時は?通販で売ってる?
  11. ①生蛸足(7,128円)
  12. タコの踊り食いは窒息に注意しながら行おう!

タコの踊り食いは危険?最悪死亡する可能性もあるって本当?

生きたままタコをぶつ切りにして食べるタコの踊り食いは、死亡する可能性もあるのでしょうか。ここでは、タコの踊り食いの危険性について紹介します。

【前提】店のタコの踊り食いは基本的に安全

まず前提として、店で食べるタコの踊り食いは、適切な処理が施されているため基本的に安全です。しかし、タコの踊り食いを自宅で行う際は、後述する安全な食べ方を守ってください。また、店でタコの踊り食いをする際も、店員の説明をよく聞き注意事項を守ることが大切です。

タコの踊り食いに死亡する危険があると言われる理由は?

なぜ、タコの踊り食いは危険視されるようになったのでしょうか。ここでは、タコの踊り食いに死亡する危険があると言われる理由について紹介します。

①寄生虫

タコの内臓には、ニハイチュウと呼ばれる寄生虫が存在するため、生食は危険だと言われています。また、タコの吸盤には雑菌が溜まりやすく、汚れをしっかり落とさないと食中毒を引き起こす可能性があります。タコの踊り食いをする場合は、内臓を避け、吸盤の汚れを丁寧に落とすことが重要です。

なお、イカに寄生するアニサキスは、タコには存在しないと言われています。

②窒息死

2010年、韓国でタコの踊り食いをした女性が喉を詰まらせて死亡する「サンナクチ窒息死事件」が起こりました。サンナクチとは、韓国語でタコの踊り食いを意味しています。当初は不幸な事故として処理されましたが、死亡した女性の家族の訴えにより、現場にいた交際相手の男性が起訴されました。

裁判の結果、交際相手が女性の口に無理矢理タコを押し込んだか、タオルなどで窒息させた上で食事中の事故に見せかけた殺人事件だと判断されました。この事件は故意的な殺人だったものの、タコの踊り食いは「危険な世界の食べ物8選」にも選ばれており、窒息死する可能性もあるので注意が必要です。

③吸盤の鋭い爪

タコの踊り食いをする様子を動画におさめるyoutuberも存在しますが、顔や口に吸盤の鋭い爪が張り付いて痛い目に合う人も多くいます。上の動画は、生きたタコを丸ごと食べようとした女性の顔に吸盤が張り付く様子を映したものです。

タコは痛覚が非常に敏感で、生きたまま食べられると強い痛みを感じ、抵抗するために攻撃的になります。顔に吸盤が張り付くと、内出血を起こすこともあるので注意しましょう。

タコの安全な踊り食いの仕方は?

タコの踊り食いを安全に行うには、どのような点に注意すると良いのでしょうか。ここでは、安全なタコの踊り食いの仕方について紹介します。

①一口大にカットする

タコの踊り食いをする際は、喉に詰まらせないように一口大にカットすることが大切です。韓国料理店などで提供されるサンナクチは、1~2cm程度の大きさにカットされています。細かく切ることで咀嚼しやすくなり、窒息の危険を回避することができます。

関連する記事

×