ポークステーキ(豚ロース)の焼き方は?柔らかくするコツ・美味しい作り方を紹介!

ポークステーキの焼き方を知っていますか?柔らかくする方法が気になりますね。今回は、ポークステーキ(豚ロース)の美味しい焼き方を、〈時間・フライパン〉など作り方のコツとともにを紹介します。ポークステーキに合うソースをレシピとともに紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ポークステーキ(豚ロース)の美味しい焼き方を知りたい…
  2. ポークステーキの美味しい焼き方のコツは?柔らかくする方法は?
  3. ①豚ロースは常温に戻してから焼く
  4. ②筋を切っておく・焼く前に叩いておく
  5. ③酒に浸ける
  6. ④下味は焼く直前につける
  7. ⑤火の強さ・焼き時間の目安
  8. ⑥最後は余熱で火を通す
  9. ⑦中まで焼けているかの確認方法
  10. ポークステーキの基本の焼き方【フライパン】
  11. 材料
  12. 作り方・手順
  13. ポークステーキの人気レシピを美味しいソースとともに紹介!
  14. ①ポークソテー(にんにく醤油味)
  15. ②ポークステーキ(ハニーケチャップソース)
  16. ③ポークステーキ(味噌漬け)
  17. ポークステーキの美味しい焼き方を知っておこう!

ポークステーキ(豚ロース)の美味しい焼き方を知りたい…

やわらかくジューシーな豚肉を美味しく手軽に味わえると人気のポークステーキですが、上手に焼くにはそれなりのコツが必要です。今回はポークステーキの美味しい焼き方を、人気レシピとあわせて紹介します。

ポークステーキの美味しい焼き方のコツは?柔らかくする方法は?

ポークステーキを美味しく焼くにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは焼き方のコツやポイント、肉をより柔らかくする方法を紹介します。

①豚ロースは常温に戻してから焼く

ポークステーキに使う豚ロースは、焼く前に必ず常温に戻しておきましょう。

・春~夏:10分程度
・冬場:20~30分程度


肉を常温に戻す時間の長さは上記の通り室温や季節によって異なりますが、気温の低い冬場でも30分を限度と考えてください。常温に戻すことで肉全体に火が通りやすくなり、しっとりとジューシーに焼き上げることができます。

②筋を切っておく・焼く前に叩いておく

ポークステーキをより柔らかく焼き上げるためには、焼く前の豚ロース肉に以下の工夫を加えましょう。

・焼く前の豚ロース肉の筋切りをする
・焼く前の豚ロース肉を軽く叩いて、肉の繊維をつぶしておく


こうすると焼いたときに豚肉が縮みにくくなり肉全体に均一に火を通すことができるため、よりしっとりと柔らかく焼き上げることができます。豚肉の筋は脂身と赤身の境目にあるので、包丁の先で等間隔に小さく切れ込みを入れるようにして切るのがポイントです。

③酒に浸ける

ポークステーキに使う豚ロースは、焼く前に酒に漬けておきましょう。

・料理酒ではなく日本酒に漬ける
・漬ける時間の目安:1時間~半日ほど


こうするとお酒のアルコール成分の保水効果によって豚肉がパサつきにくくなり、より柔らかく焼き上げることができます。料理酒には塩分や甘味料などが含まれており味付けの調整が必要になるので、日本酒を使用するのがおすすめです。日本酒がない場合は、ビールや焼酎、赤ワインなどで代用することもできます。

④下味は焼く直前につける

ポークステーキの下味をつけるときのポイントは、以下の通りです。

・下味は焼く直前につける
・下味をつけた後の豚ロースに軽く小麦粉をまぶす


下味をつけるタイミングが早いと、焼くまでの間に肉の旨味や水分が出てしまい乾燥した食感になってしまうので、下味は必ず焼く直前につけましょう。このとき下味をつけた豚肉表面に小麦粉をまぶしておくと、調理後も肉の旨味や脂肪が外に逃げません。またソースにも絡まりやすくなるので、より美味しく食べることができます。

⑤火の強さ・焼き時間の目安

ポークステーキを焼くときの火の強さや焼き時間の目安は、以下の通りです。

・火の強さ:弱火~中弱火
・焼き時間の目安:片面2分半~3分ほど

ポークステーキを美味しい焼き方のポイントは、フライパンの蓋をして弱火で蒸すように焼くことです。こうすることで中までじっくり火を通すことができます。片面2分半から3分ほどの時間をかけて丁寧に焼き上げましょう。

⑥最後は余熱で火を通す

ポークステーキを焼き終えたら、以下のようにして余熱で火を通します。

・火を止めたらすぐに皿に移さず、そのまま余熱でしばらく火を通す
・フライパンからアルミホイルに移して余熱を通す

余熱で火を通すことにより肉汁が安定しやすくなり、よりジューシーで美味しいポークステーキに仕上げることができます。さらにフライパンからアルミホイルに移して密封すると、より効果的です。

⑦中まで焼けているかの確認方法

ポークステーキが中までしっかり焼けているかを確認する方法は、以下の通りです。

・串などで刺してみて、肉から出る肉汁の透明感で判断する
・温度計を使用して確認する

肉にしっかり火が通っていれば透明な肉汁が、中まで焼けていなければ濁った汁が出てきます。また、肉に刺したまま調理できる専用の温度計を使って確認する方法もあります。一般的に、豚肉は63度まで加熱する必要があります。ただ温度計を使用する場合、豚肉の厚さは少なくとも3センチ以上が必要になるので注意しましょう。

ポークステーキの基本の焼き方【フライパン】

ジューシーで柔らかな豚肉の旨味を堪能できるポークステーキは、自宅でも簡単に作ることができます。ここでは、フライパンを使ったポークステーキの基本の焼き方を紹介します。

材料

・豚ポークソテー用肉:2枚
・塩、薄力粉:各適宜
・醤油:小さじ1/2
・サラダ油:大さじ1~2
・粒マスタード、醤油、酒:それぞれ大さじ1
・みりん:大さじ2
・砂糖:小さじ1/2
・にんにくすりおろし:1/2かけ(お好みで)

作り方・手順

ポークステーキの基本の作り方、手順は、以下の通りです。

①豚肉の筋を切る
②肉の形を整えてから軽く塩を振り、さらに肉の片面に少量の醤油を薄く塗る
③味付けをした豚肉表面に薄力粉を軽くまぶす
④サラダ油をひいて熱したフライパンに醤油を塗った面を下にして肉をのせ、焼く
⑤焼き終えたら肉をフライパンから皿に移す
⑥フライパン内に残った油に、醤油、みりん、酒、粒マスタード、砂糖、にんにくのすりおろしを混ぜ合わせたものを加えてなじませる
⑦仕上げに⑥で作ったソースを肉にかける


はじめに肉表面に醤油を薄く塗っておくのがポイントです。こうすると豚肉の臭みが消え、さらに焼いたとき綺麗な焼き色がつきやすくなります。また、フライパンで焼くときは豚肉の脂身の部分が外側になるようにして並べましょう。

ポークステーキの人気レシピを美味しいソースとともに紹介!

ここでは、ポークステーキの人気レシピを美味しいソースと合わせて紹介します。自宅で美味しいポークステーキを作りたいときの参考にしてください。

①ポークソテー(にんにく醤油味)

出典:https://cookpad.com/recipe/4409253

食欲をそそるにんにく醤油の味がしっかりと染みた豚肉のジューシーさを存分に味わえる贅沢な一品です。にんにくはチューブのものでも良いですが、生にんにくを使用する方がより美味しく本格的な仕上がりになります。

ポークソテーにんにく醤油味 by クックC6ZTYC☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが374万品

②ポークステーキ(ハニーケチャップソース)

出典:https://cookpad.com/recipe/7287184

コクのある甘さが美味しいハニーケチャップソースは、甘めの味付けが好みの人に特におすすめです。甘いソースを分厚い豚肉にしっかり絡めて、付け合わせの野菜やご飯と一緒に堪能しましょう。

ポークステーキ★ハニーケチャップソース by ちーすけ♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが374万品

③ポークステーキ(味噌漬け)

出典:https://cookpad.com/recipe/6996512

味噌の深い風味が豚肉のジューシーな旨味をいっそう引き立てるこの一品は、和風の味が好みな人には特におすすめです。この味付けでは豚肉の脂身の部分のしつこさがまろやかな甘味に変わるので、脂身が好きでない人も美味しく食べることができます。

脂がジューシー!味噌漬けポークステーキ by 華燭こうじ食品 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが374万品

ポークステーキの美味しい焼き方を知っておこう!

ポークステーキは豚肉のジューシーな旨味を手軽に味わえる人気メニューです。今回紹介した作り方、焼き方のコツやポイントを参考にして、自宅で美味しいポークステーキを作ってみましょう。

関連する記事

×