豚汁の日持ちは?常温・冷蔵庫での目安は?保存方法や腐敗の見分け方も解説!

豚汁の日持ちはどのくらいか知っていますか?今回は、豚汁の日持ちを〈常温・冷蔵庫〉別に比較して、日数の違いや腐った場合の見分け方など紹介します。豚汁の日持ちする正しい保存方法や、作り方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豚汁は日持ちしない…?
  2. 豚汁の日持ちはどのくらい?
  3. ①常温の場合
  4. ②冷蔵庫の場合
  5. 豚汁は腐るとどうなる?
  6. ①匂い
  7. ②見た目
  8. ③味
  9. 豚汁のおすすめの保存方法・ポイントは?
  10. 豚汁は冷蔵保存がおすすめ
  11. 冷凍保存も可能
  12. 豚汁が日持ちする作り方のポイント
  13. ①具材を油でしっかり炒める
  14. ②味付けを濃い目にする
  15. ③仕上げに生姜を入れる
  16. ④しっかり加熱する
  17. 豚汁を賞味期限内に食べ切るリメイクレシピ
  18. ①具沢山豚汁うどん
  19. ②豚汁リメイクカレー
  20. ③豚汁リメイク炊き込みご飯 
  21. ④豚汁ポタージュ
  22. 豚汁の賞味期限に注意しよう

豚汁は日持ちしない…?

豚肉とたっぷりの根菜類を煮込んで味噌で調味した豚汁は、作るのに手間がかかるので多めに作って保存しておく方も多いかもしれません。しかし、色々な種類の具材を使用しているので、日持ちが気になる場合も多いでしょう。ここからは、豚汁の日持ちや保存方法などについて詳しく解説します。

豚汁の日持ちはどのくらい?

たっぷり作って翌日に持ち越したい豚汁ですが、どれくらい日持ちするのでしょうか。季節ごとの常温や冷蔵庫での日持ちの違いについて紹介します。

①常温の場合

常温 日持ち
1~2日
当日
1~2日
2~3日

上記の表は、豚汁を常温保存した場合の日持ち期間を表したものです。冬のような気温の低い時期であれば3日程度日持ちしますが、夏場は腐りやすいので当日中が日持ちの目安です。

ただし、表の日持ち期間はあくまでも目安で、室温や保存環境によっても日持ち期間は変わります。特に夏場などは、半日ほど常温保存するだけでも傷んでしまうことがあり、冬場でも室温が高ければ2日以内に腐ることもあるかもしれません。日持ちの目安の期限内でも異変を感じたら、食べないようにしましょう。

②冷蔵庫の場合

冷蔵庫 日持ち
5日
2~3日
3~5日
5日

豚汁を冷蔵保存した場合は、常温保存よりも保存期間が長くなります。夏場で2~3日、冬場であれば5日程度は日持ちするでしょう。ただし、保存期間にかかわらず、食べる際は必ず見た目や匂いに異変がないか確認することが大切です。特に気温や湿度が高い夏場は、冷蔵庫に入れていても傷むスピードが速いので、なるべく早く食べるようにしましょう。

豚汁は腐るとどうなる?

豚汁は腐ると匂いや見た目、味にどのような変化があるのでしょうか。ここでは、豚汁が腐った時に見られる変化について解説します。

①匂い

豚汁が腐った時の匂いの特徴を見てみましょう。

・納豆やチーズのような匂い
・酸っぱい匂い
・アンモニアのような匂い
・腐敗臭


腐り始めの豚汁は、冷めている時にはあまり匂いませんが、温めた時に匂いの異変に気付く場合が多いでしょう。酸っぱい臭いやアンモニアのような匂い・腐敗臭など異常な臭いがした場合は腐っている可能性が非常に高いと言えます。匂いの異変を感じた場合は食べないようにしましょう。

②見た目

豚汁は、腐ると見た目が以下のように変化します。

・汁の粘度が増す
・加熱時に表面に白い泡のようなものが出る
・具材や汁にカビが生える
・具材の表面にぬめりがあり、糸を引く


豚汁にカビが生えたり、糸を引いたりするなどの見た目の変化が出た場合は、雑菌やカビが増殖して腐敗が進んでいる証拠です。また、雑菌が増殖すると汁の粘度が増す場合もありますが、サトイモなどの食材を使用していると、食材の影響で粘度が増すこともあります。見た目に異変を感じた場合は、匂いなどもチェックして判断しましょう。

③味

豚汁が腐ると、味に以下のような異変を感じる場合があります。

・酸味
・苦味
・舌にピリピリとした刺激を感じる


匂いや見た目に変化がなくても、豚汁を口に含んだ時に味に違和感を感じた場合は腐っている可能性が高いでしょう。酸味や苦みを感じたり、舌にピリピリとした刺激を感じた場合は飲み込まずに吐き出したほうが安全です。

豚汁のおすすめの保存方法・ポイントは?

季節の室温によって日持ちが左右される豚汁は、常温での保存は基本的にはおすすめできません。日持ちさせるための冷蔵、冷凍の保存方法を紹介します。

豚汁は冷蔵保存がおすすめ

日持ちがしない豚汁は、冷蔵庫に入れて保存することをおすすめします。保存の際は以下の手順で行います。

①豚汁を沸騰直前まで火を通し温める
②氷水などを使って一気に冷やす
③鍋に蓋やラップをするか、密閉容器に移し替えて冷蔵保存する


豚汁を冷蔵保存する場合は、氷水などを使って一気に冷やすことが大切です。常温でゆっくり冷ますと、雑菌が繁殖して腐りやすくなるので注意しましょう。また、冷蔵庫に入れる際は、空気に触れないように蓋やラップなどで密閉してから保存します。鍋が冷蔵庫に入る場合は鍋ごと保存し、入らない場合はタッパーなどの密閉容器に移し替えて保存しましょう。

冷凍保存も可能

豚汁をたくさん作って余ってしまった場合は、冷凍保存も可能です。冷凍保存する場合は、以下の手順で行いましょう。

①冷凍に向かない具材を取り除く
②豚汁を火にかけ沸騰させる
③鍋ごと用意した氷水に入れて豚汁を冷ます
④豚汁を密閉できる保存容器に入れて冷凍庫に入れる


豚汁の冷凍保存の仕方は、基本的に冷蔵保存と同じです。ただし、豆腐やこんにゃく、ジャガイモなどの具材は冷凍すると食感や味が落ちるため、冷凍には向きません。それらの具材はあらかじめ取り出し、他の料理に活用するなどしましょう。冷凍の際は、1~2食分をフリーザーバックなどに小分けして保存をしておくと使用する時に便利です。

豚汁が日持ちする作り方のポイント

豚汁は少し工夫するだけで、日持ちさせることができます。ここからは、腐敗を防いで豚汁を日持ちさせる作り方・ポイントを紹介します。

①具材を油でしっかり炒める

豚汁を日持ちさせたいのであれば、調理の際に具材を油でしっかり炒めるようにしましょう。豚肉や野菜などの食材を油でしっかり炒め火を通すことで、水分を飛ばして保存性を高めることができます。さらに油を使うことで肉や野菜の旨みが凝縮され、冷めても美味しくなるので、日持ちと美味しさを両方手に入れることができます。

②味付けを濃い目にする

豚汁は味付けを濃い目にすることで、雑菌の繁殖を防いで日持ちを長くすることができます。逆に味が薄いと傷みやすくなるので、薄味の場合は早めに食べ切ることが大切です。保存する場合は、味噌などの調味料を多めに使ってて味付けを濃い目にしておき、薄味が好みの方は食べる時に薄めるなどの工夫をすると良いでしょう。

③仕上げに生姜を入れる

豚汁を日持ちさせたい場合は、仕上げに生姜を使うのがおすすめです。豚汁の仕上げに生姜のしぼり汁を入れたり、すりおろした生姜を入れると、生姜の抗菌作用によって日持ちさせることができ、香りも良くなります。

④しっかり加熱する

豚汁を調理する際には十分に加熱することも大切なポイントです。加熱によって具材などに付着した雑菌が殺菌されるため、日持ちしやすくなります。また、常温保存の場合も、3時間おきに加熱して全体にしっかり火を通すことで、増えた雑菌を殺菌して長持ちさせることができます。

豚汁を賞味期限内に食べ切るリメイクレシピ

ここでは、大量に作りすぎた豚汁を賞味期限内に食べ切るリメイクレシピを紹介します。

①具沢山豚汁うどん

出典:http://asacokitchen.com/6829

具沢山豚汁うどんは、残った豚汁を水とめんつゆで味を整えたら、うどんを足して煮込むだけの手軽なメニューです。みそ味で体も温まる、寒い時期にぴったりの一品です。

【リメイクごはん】豚汁の次の日はこれで決まり!豚汁うどん | あさこ食堂

②豚汁リメイクカレー

出典:https://onimaga.jp/tonjiru-curry.html

豚汁リメイクカレーは、余った豚汁にカレールーを入れるだけでできる、うまみたっぷりのレシピです。根菜やきのこなどを足して作っても美味しいでしょう。

超絶美味しい豚汁リメイクカレーレシピ | オニマガ

③豚汁リメイク炊き込みご飯 

余った豚汁は、米と合わせて仕上げた豚汁リメイク炊き込みご飯にするのもおすすめです。豚汁の具材が生かされた、濃厚な味の炊き込みご飯に仕上がります。

豚汁リメイク炊き込みご飯/のり | SnapDish[スナップディッシュ] (ID:jufDqa)

④豚汁ポタージュ

出典:https://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1310532

豚汁と牛乳は合わないように感じるかもしれませんが、実は牛乳と味噌とは相性が抜群です。和風の豚汁に飽きた時は、和洋折衷の美味しい豚汁ポタージュで違った味わいを楽しんでみましょう。

豚汁リメイク✿ポタージュ by 春菜食堂さん | レシピブログ - 料理ブログのレシピ満載!

豚汁の賞味期限に注意しよう

豚汁の賞味期限は常温では短く、冷蔵保存では長くなりますが、冬場のような涼しい季節でも5日ぐらいが限度です。冷凍にすれば1ヶ月ほど持ちますが、少しずつ劣化は進んで味も落ちるのでなるべく早めに食べるのがおすすめです。なお、明らかに見た目や匂いがおかしなものは、食中毒などの恐れもあるので食べないようにしましょう。

関連する記事