豚汁の日持ちは?常温・冷蔵庫での目安は?保存方法や腐敗の見分け方も解説!

豚汁の日持ちはどのくらいか知っていますか?今回は、豚汁の日持ちを〈常温・冷蔵庫〉別に比較して、日数の違いや腐った場合の見分け方など紹介します。豚汁の日持ちする正しい保存方法や、作り方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 豚汁は日持ちしない…?
  2. 豚汁の日持ちはどのくらい?
  3. ①常温の場合
  4. ②冷蔵庫の場合
  5. 豚汁は腐るとどうなる?
  6. ①匂い
  7. ②見た目
  8. ③味
  9. 豚汁のおすすめの保存方法・ポイントは?
  10. 豚汁は冷蔵保存がおすすめ
  11. 冷凍保存も可能
  12. 豚汁が日持ちする作り方のポイント
  13. ①具材を油でしっかり炒める
  14. ②味付けを濃い目にする
  15. ③仕上げに生姜を入れる
  16. ④しっかり加熱する
  17. 豚汁を賞味期限内に食べ切るリメイクレシピ
  18. ①具沢山豚汁うどん
  19. ②豚汁リメイクカレー
  20. ③豚汁リメイク炊き込みご飯 
  21. ④豚汁ポタージュ
  22. 豚汁の賞味期限に注意しよう

豚汁は日持ちしない…?

豚肉とたっぷりの根菜類を煮込んで味噌で調味した豚汁は、作るのに手間がかかるので多めに作って保存しておく方も多いかもしれません。しかし、色々な種類の具材を使用しているので、日持ちが気になる場合も多いでしょう。ここからは、豚汁の日持ちや保存方法などについて詳しく解説します。

豚汁の日持ちはどのくらい?

たっぷり作って翌日に持ち越したい豚汁ですが、どれくらい日持ちするのでしょうか。季節ごとの常温や冷蔵庫での日持ちの違いについて紹介します。

①常温の場合

常温 日持ち
1~2日
当日
1~2日
2~3日

上記の表は、豚汁を常温保存した場合の日持ち期間を表したものです。冬のような気温の低い時期であれば3日程度日持ちしますが、夏場は腐りやすいので当日中が日持ちの目安です。

ただし、表の日持ち期間はあくまでも目安で、室温や保存環境によっても日持ち期間は変わります。特に夏場などは、半日ほど常温保存するだけでも傷んでしまうことがあり、冬場でも室温が高ければ2日以内に腐ることもあるかもしれません。日持ちの目安の期限内でも異変を感じたら、食べないようにしましょう。

②冷蔵庫の場合

冷蔵庫 日持ち
5日
2~3日
3~5日
5日

豚汁を冷蔵保存した場合は、常温保存よりも保存期間が長くなります。夏場で2~3日、冬場であれば5日程度は日持ちするでしょう。ただし、保存期間にかかわらず、食べる際は必ず見た目や匂いに異変がないか確認することが大切です。特に気温や湿度が高い夏場は、冷蔵庫に入れていても傷むスピードが速いので、なるべく早く食べるようにしましょう。

豚汁は腐るとどうなる?

豚汁は腐ると匂いや見た目、味にどのような変化があるのでしょうか。ここでは、豚汁が腐った時に見られる変化について解説します。

①匂い

豚汁が腐った時の匂いの特徴を見てみましょう。

・納豆やチーズのような匂い
・酸っぱい匂い
・アンモニアのような匂い
・腐敗臭


腐り始めの豚汁は、冷めている時にはあまり匂いませんが、温めた時に匂いの異変に気付く場合が多いでしょう。酸っぱい臭いやアンモニアのような匂い・腐敗臭など異常な臭いがした場合は腐っている可能性が非常に高いと言えます。匂いの異変を感じた場合は食べないようにしましょう。

②見た目

豚汁は、腐ると見た目が以下のように変化します。

・汁の粘度が増す
・加熱時に表面に白い泡のようなものが出る
・具材や汁にカビが生える
・具材の表面にぬめりがあり、糸を引く


豚汁にカビが生えたり、糸を引いたりするなどの見た目の変化が出た場合は、雑菌やカビが増殖して腐敗が進んでいる証拠です。また、雑菌が増殖すると汁の粘度が増す場合もありますが、サトイモなどの食材を使用していると、食材の影響で粘度が増すこともあります。見た目に異変を感じた場合は、匂いなどもチェックして判断しましょう。

③味

関連する記事

×