すき家の牛丼キングは販売終了してる?噂の真偽や頼み方など紹介!

すき家の牛丼キングが販売終了したという噂を知っていますか?本当なのでしょうか?今回は、すき家の牛丼キングが販売終了しているかどうかを、終了したと言われる理由とともに紹介します。すき家の販売終了していない牛丼キングを食べることが出来る店舗や、頼み方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. すき家の牛丼キングが販売終了したという噂は本当?
  2. 牛丼キングは販売終了になっていない
  3. すき家の牛丼キングが販売終了したと言われる理由は?
  4. ①メニュー表に記載が無い裏メニューのため
  5. ②店舗によっては注文を断られることもあるため
  6. すき家の牛丼キングが販売してなくても頼む方法もある?
  7. キング牛丼の頼み方は?タッチパネルには載ってない?
  8. すき家の牛丼キングは販売終了していない

すき家の牛丼キングが販売終了したという噂は本当?

全国に店舗を持つ牛丼チェーン店のすき家では、牛丼キングと呼ばれる特大サイズの牛丼が存在しますが、販売終了したという噂もあるようです。今回は、すき家の牛丼キングが販売終了しているかの真相について詳しく解説します。

牛丼キングは販売終了になっていない

牛丼キングは販売終了になった噂がありますが、結論から言うと販売終了になっておらず、現在でも注文が可能です。値段が割安なうえ、メガサイズの量では満足できないといった理由から、キングを注文する人も一定数いるようです。キングは並盛の6倍ほどのサイズとされ、値段は1,230円なので並盛の400円と比べると割安なことが分かります。

販売終了したと思っていた人や、メガサイズでは足りないと感じていた人は、キングサイズを注文してみるのをおすすめします。

(*すき家のキングについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

すき家のキング牛丼の量・値段・サイズは?持ち帰りOK?頼み方も紹介!

すき家の牛丼キングが販売終了したと言われる理由は?

メガ牛丼の2倍の量である牛丼キングは、すき家で現在も注文可能なサイズのようです。ここでは、販売が終了したと噂が立った理由について詳しく解説します。

①メニュー表に記載が無い裏メニューのため

すき家のキング牛丼は公式メニューに載っていない裏メニューであるため、販売終了したと認識された背景があるようです。キング牛丼は、肉が500gでご飯が625g入った超大盛りサイズとして、2009年夏から販売が開始されました。当初はメニューに載っていたものの、いつからか掲載されず裏メニューとしての扱いになったようです。

なお、キング牛丼のほかにキングカレーなども注文できますが、値段は年々高くなる傾向にあるようなので確認するのをおすすめします。

②店舗によっては注文を断られることもあるため

キング牛丼の注文を断られる理由は以下のとおりです。

・店舗にキングサイズ用の食器がない
・キングサイズに対応できる肉の量がない
・注文される機会が少なく店員が対応できない


ほとんどの店舗でキングを注文できるようですが、一部の店舗で上記のような理由から注文を断られることもあるようです。そもそもメニューに掲載されていないため、店員の中にはキングの注文があっても対応できない人もいます。

断られる理由は店舗によって異なりますが、もし一度断られたとしてもほかの店舗や店員によっては注文できることもあるので、諦めずに再度注文してみてください。

すき家の牛丼キングが販売してなくても頼む方法もある?

キング牛丼と同じ量になる組み合わせは、以下の通りです。

・メガ2杯分
・並盛6杯分


キングの肉の量は並盛の6倍・メガの2倍、ご飯の量は並盛の2.4倍・メガの1.7倍となります。厳密に言えばご飯の量は少ないですが、肉の量は上記の量と同等になるので、もしキングが販売されてない場合は参考にして代わりに購入することをおすすめします。ただし、キングの値段に比べて割安感はないので注意してください。

キング牛丼の頼み方は?タッチパネルには載ってない?

前述したようにキング牛丼は裏メニューのためメニューに掲載されておらず、最近導入している店舗も多いタッチパネルのメニューにも出てきません。もしキングサイズを頼みたい場合は、店員に口頭で注文する必要があります。また、キングサイズの注文は店内飲食に限りで、持ち帰りには対応していません。

万が一店内で飲食して食べ切れなかった場合は、持ち帰り用の容器をもらえることもあるようです。

すき家の注文方法・システムは?タブレットの使い方は?持ち帰り時の頼み方も紹介!

関連する記事

×